益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

COOLPIXP510

2015年今宵は久々に益田市で満月。で、2014年EXスーパームーンと比較してみた

一昨夜(2015年3月5日)益田市の上空でのジェット機(おそらく、F/A-18 ホーネット…米軍岩国基地所属)のおかげで月暈(つきがさ、げつうん)現象を観察することができました。

※ご参照⇒益田市の夜空に月のかさ(月暈)が見えた風景

しかも昨夜が満月であることも知ることができ…


思い出しました!!このサイトの使命の一つを!!

2014年8月のEXスーパームーンは本当にEX(エクストラ)なのか?

2014年は何度かこの検証のため益田市の上空の「満月」と比較したのですが…
なにせ相手(比較対象の満月)がことごとくスーパームーンクラスのため、
EXサイズをお伝えすることができませんでした(汗)

※ご参照⇒中秋の名月(2014)とエクストラ・スーパームーンの比較(益田市にて)

昨年(2014年)の中秋の名月はスーパームーンだったのでEXスパームーンとのサイズ比較をしても、
EX…エクストラ感は伝わりませんでした。

そこで、昨夜、普通の満月(?)ならばと、益田市の夜空に輝く満月で比較してみることにしました(一昨日より空気は若干、カスミは少ない感じでした)

今回も撮影条件は、COOLPIX P510 Nikonの最高倍率で統一しています。

早速ですが比較画像です。

EXスーパームーン2014年8月11日vs満月2015年3月6日益田市にて


おおおお!今回は、昨年のエクストラ・スーパームーンの大きさが伝わりますよね♪

2015年3月6日、この日の満月の画像を追加で掲載します。

益田市満月20150306s



ちなみにCOOLPIX P600 Nikon で最高倍率で昨日の益田市の夜空の満月を撮影した場合はこうなります↓

益田市の満月20150306の風景


デカすぎて・・・おさまらんのです!!COOLPIX P600 Nikon ってすごいね!ブロガーには本当に便利な道具です。
で、最近ヤマダ電器でみたP610はどんな進化があったのか?

まあいいや、

で、今回の画像、アリスタルコス(クレーターの名前)わかりますか?

益田市から見島で見えた白い丸い構造物の風景…画像処理編

前回の投稿。益田市のスカイグリーンロードの峠付近から山口県萩市の見島が見えた・・・というもの。
実は…その画像に白い丸い(球体?)」物体が写りこんでいることを発見したわけです。ですが、前回の投稿では(おそらく)ハッキリ認識できなかった方も多かったはず。…とてもぼんやりしていてわかりにくかったですネ。


そこで、今回は、前回投稿の画像をオートコントラスト(高)で画像処理をしてみました。(元画像は、記事後半に掲載しておきます)

まずは、1枚目…前回より少し遠目で撮影した見島の画像(処理済み)

益田市から見島が見えた。オートコントラストac


おお、益田市から見た見島。かなり島影がはっきりしています。(我ながらというか…画像処理ソフトって凄い!!)

で、気になる、見島の白く丸い物体の位置を矢印で示します。

益田市から見島が見えた。オートコントラストac説明1

白い粒です。…やはり、まだ、はっきりわかりませんか?(ちなみに画像中央右、海面上に見える「白い物」2つは2隻の漁船です。)


では、今回の撮影で用いたニコンCOOLPIX‐P510最高倍率(×42)で撮影したものをオートコントラスト(高)で画像処理してみました。

益田市から見島が見えた。オートコントラストacac

今度ははっきり見えますよね「白くて丸い球体」

念のため「赤〇で囲いつつ矢印」つけておきます。

益田市から見島が見えた。オートコントラストac説明

この白く丸い物体(球体)の正体についてですが、

この場所を、googleMAPでしらべてみると、見島の「いくらげ山(標高182m)」の山頂付近であることがわかりました。
そこには、見島分屯基地(航空自衛隊春日基地の分屯基地)があります。
そして「今回の丸状、球状に見えるものは何だろう?」と思って調べてみると…どうやら、レーダーサイトのようです。対空警戒用レーダー(3次元レーダー)でしょう(白い部分はレーダードーム…レーダー本体のカバー部分)。…我が日本国を守ってくれている「目」だったわけです。


元画像を以下に並べて掲載しておきます。

益田市から見島が見えた。元画像1


益田市から見島が見えた。元画像2