益田市の重要な歴史的建造物の一つ「柿本神社本殿:島根県指定有形文化財(指定 昭和57年6月18日)」

当神社には平成8年3月に益田市教育委員会によって作成された「柿本神社本殿」の説明板があり。以下の3つの情報(事柄)が記載されています。

1.高津の「柿本神社」建立に関する歴史(起源~現在地)的情報
2.柿本神社本殿の島根県指定有形文化財…建造物的価値の情報
3.社宝(重要美術品認定の『御法楽御短冊』)に関する情報

高津 柿本神社 本殿


※全文については⇒益田市の高津 柿本神社「本殿」の説明板を読んでをご参照ください。)

今回は
1.高津の「柿本神社」建立に関する歴史(起源~現在地)的情報
の記載内容について細かく見て行きます。(前半篇と後半編の2部構成にしています。)

まずは「柿本神社本殿」の説明板の当該部分の前半篇

 柿本神社の祭神は柿本人麿で、その起源は人麿の終焉地鴨島に勅命により建立された社殿といわれています。

 鴨島は万寿三年(1026年)の大地震により海中に没しましたが、その時に人麿尊像が松崎に漂着したので、現在地より北の松崎の地に社殿が再建されました。

高津「柿本神社」の起源…「伝説」的な事柄。人麿の終焉地「鴨島」から始まります。
万寿三年(1026年)の大地震の大津波で「鴨島」にあったとされる「人麿尊像」が、高津の「松崎」に漂着し、松崎の地に改めて社殿が再建された…ということ。


この部分は、益田市の高津浜地区にある「松崎の碑」に記載されている内容ですネ。
※参照⇒「松崎の碑」とは!? (益田市の「高津連理の松」遺跡内)

松崎の碑文 益田市 高津浜地区

※補足:上記画像「松崎の碑」は高津の浜地区、かつての「高津の連理松」の地内にあります。
この碑は本来は、異なる場所、現在の「益田道路」地内にあったそうで、移設され、当地となったようです。(現時点では、私は、本来の「松崎の碑」があった場所は把握できてない状態です。)

「万寿三年(1026年)の大地震とそれによる大津波の発生」について
1992年~1993年(平成4年~5年)にかけての「鴨島学術調査」における「トレンチ発掘調査」にて、この津波の痕跡は確認されました。ですが(肝心の)「鴨島」の「場所」については「益田市の中須沖」説は立証できていないようです。
次回は、確かな記録がある1600年代からの「柿本神社」建立に関する歴史について考察します。

(万寿三年(1026年)より、なんと約600年後からのお話しとなります。)