益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

高津町誌

蟠竜湖には昔、神社があった(益田市 蟠竜湖 水神社跡)

先日、高津町誌(復刻版)をながめていたら、ちょっと気になる地図がありました。


それは、益田市の高津の蟠竜湖(ばんりゅう湖 蟠竜湖県立自然公園)に関する事なんですが…

益田市の蟠竜湖(ばんりゅう湖)に昔、神社があったようなんです。


場所は蟠竜湖のこの場所、「水神社跡」と記載されています。

高津町誌 蟠竜湖水神社跡

蟠龍湖看取圖 高津町誌(復刻版)139ページ


蟠竜湖の表記について…現在は蟠「竜」湖ですが、本来は蟠「龍」湖だったようです。(私見ですが、「龍」のほうが、この湖の形状などを視覚的にも表現できていますネ♪)

上の図を見ると、かつては、蟠竜湖の「上ノ湖」と「下ノ湖」は完全に分かれていたことがわかります。(今はつながっていますが)

「水神社跡」の位置は、蟠竜湖の上ノ湖と下ノ湖をわける尾根上にあるようです。

「水神」とは一体どんな神様!?

水神社…「水神」とはそもそも、どんな神様なのでしょうか?まずは(手始めですが)wikipedia(ウィキペディア)で調べてみました。

水神(すいじん、みずがみ)は、水(主に淡水)に関する神の総称である。


日本の水神

農耕民族にとって水は最も重要なものの一つであり、水の状況によって収獲が左右されることから、日本においては水神は田の神と結びついた。田の神と結びついた水神は、田のそばや用水路沿いに祀られていることが多い。

また、水源地に祀られる水神(水分神(みくまりのかみ))は山の神とも結びついている

農耕以外の日常生活で使用する水については、井戸・水汲み場に水神が祀られる。

水神の象徴として河童、蛇、龍などがあり、これらは水神の神使とされたり、神そのものとされたりする。


以上、wikipedia(ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%A5%9E
より引用。

蟠竜湖にナゼ「水神社」があったのか?

では、蟠竜湖になぜ「水神社」があったのでしょうか?
益田市の高津地区の歴史に詳しい方ならご存知でしょうけど…蟠竜湖って昔は貴重な灌漑用水源だったんです。

再び、高津町誌をみてみましょう。

蟠竜湖に「水神社」がおかれた経緯が記されていました。


水神社跡
所在地 高津町大字高津字水神堂


史実の大要及考證資料

唯心居士の疏通せる沖田灌漑用水の水源は沖田山の背後なる湖水 蟠龍湖より流出せる者にして、此の湖水の守護を祈願する為に津和野藩主の命により小祠を建て、明和四亥年來神主兩人立会ひ毎年祭事を行へり。


祠は湖の中央築堤の上方鬱蒼たる松林中にありて此所より湖水全部を観眺すべく風光幽閑なる位置なりしが、神社整理に依り明治39年鍋島山八幡宮に合祀す。


現状 松林繁茂せる平坦面積二十坪許りの山地あり。

(高津町誌(復刻版)107~108ページ)


蟠竜湖に「水神社」がおかれたのは「明和四年」、西暦で1767年ですから…今から約250年前になります。

ちなみに沖田灌漑用水(沖田疏水)の完成は宝永(寳永)4年(1707年)といわれています。
(※高津町誌(復刻版)134ページより)蟠竜湖の「水神社」は沖田灌漑用水(沖田疏水)が完成して60年後に建てられたことになります。

では、水神社は現在では、どこらあたりにあたるのでしょうか?…上記「高津町誌」の内容をもとに推測してみましょう。

水神社(跡)は現在では何処にあたるのか?


水神社(跡)は現在では何処にあたるのか?を検討する前に、まずは水神社を建てた理由についてふれておきましょう

・沖田灌漑用水の水源は沖田山の背後なる湖水 蟠龍湖より流出せる者にして、此の湖水の守護を祈願する為に津和野藩主の命により小祠を建て…

(本ページ、「水神とは?」で引用した)「日本の水神」での田の神、山の神の両方との結びつきも考えられます。

また蟠竜湖…その名にある竜…「龍」も水神の象徴(もしくは水神そのもの)として意味がありそうですね。


「水神社」があった場所については、

・「祠は湖の中央築堤の上方鬱蒼たる松林中にありて…」
(「中央築堤」?中央「尾根」ではないのでしょうか?) 

※追記
中央築堤は「尾根」部のことではなく、上ノ湖と下ノ湖をわける箇所(現在「橋」がある場所あたり)を指しているようです。「なぜあの橋の部分が「築堤」と表現されているのか?」については、当地には「
以前は、石組の暗渠で水路は通じていた。」という情報から理解することができました。

ここで「石組の暗渠」はいつごろ何のために施されたのか?…という新たな疑問が生じるわけですが…(現時点では根拠(史料)はありませんが)大雨での急激な下ノ湖の水位上昇から(蟠竜湖側の)間歩の入り口(入水口)を守る…「入水口でのオーバーフローを防ぐため」と考えられます。

また、一説に、蟠竜湖はそもそも「上ノ湖」「下ノ湖」は一体であり、中央の尾根に向けて地続きに(築堤)したという話もあります。
(この辺りの資史料がないため、真相はわかりませんが…)

・「此所より湖水全部を観眺すべく風光幽閑なる位置」


・「松林繁茂せる平坦面積二十坪(66㎡ ざっと約8m×8m)許りの山地あり」


となれば場所はある程度限定できそうで、(いろいろ調べた結果)どうやら島根県立万葉公園の管理センターの対岸で一番高い所となりそうです。

水神社跡があると考えられる場所(益田市蟠竜湖)


今日(2015年6月13日)実際に島根県立万葉公園の管理センター側からこの地点を撮影してきました。

水神社跡があると考えられる場所画像(益田市蟠竜湖)


水神社跡の面積は約二十坪…約66㎡ といいますから、目安として約8m×8m程度の平坦地となりますネ♪
今度探検してみませう♪

※蟠竜湖の水神社跡…見つけることができたら、投稿しますね。

蟠竜湖の「水神社」のその後は何処へ?

さて、蟠竜湖の「水神社」はその後どこへ行ったのでしょうか?そして今はどうなってるのでしょうか?
高津町誌(復刻版)のよると、


・神社整理に依り明治39年鍋島山八幡宮に合祀す。
とあります。

明治39年は西暦で1906年。蟠竜湖の「水神社」は「明和四(1767)年から約140年後に鍋島山八幡宮に合祀されたといいます。

はて?「鍋島山八幡宮」ってどこにあるのでしょうか?

引き続き、鍋島山八幡宮についても調べてみることにしましょう。


つづきはコチラ!!⇒蟠竜湖から鍋島山八幡宮に移った「水神社」(益田市 高津)

【おまけ】
今日の島根県立万葉公園…管理センターあたりには「紫陽花(あじさい)」がとてもきれいでした。

島根県立万葉公園 紫陽花 20150613


万葉公園の紫陽花については…恒例の「花ナウ」で特集します♪

『正覚院』益田新四國八十八ヶ所札所 第29番(益田市 高津)

益田新四國八十八ヶ所札所の二十九番札所にあたる、


『西松山 正覚院』

実は、今回、ご案内いただいた方が、当地(益田市高津地区に精通しておられたので、教えて頂けたのですが)何も知らなくて、ここを訪れた場合は、名称もなにもわからない状態です(汗)。

西松山 正覚院

撮影当日の益田市はあいにくの「雨」…画像もいつか撮りなおしたいですネ。

後で調べてみたのですが…

正覚院については、高津町誌(第一章 郷土の歴史 103ページ)に以下のような記載があります。

山号 :西松山
宗派 :曹洞宗
寺格 :なし 妙義寺受持寺
直属本山:永平寺
所在地:高津町大字高津濱
開基 :観道智光尼  俗名 木村ミツ
本尊 :地蔵菩薩 延命地蔵ともいう。
脇立 :弘法大師 元木村智光尼祈念の尊像

境内 五十三坪(当初)

◆本尊 :地蔵菩薩 延命地蔵

地蔵菩薩 延命地蔵


 

※現在は5~6坪程度…とても五十三坪という広さは実感できませんでした。
(「西松院 正覚院」の当初の姿は、一体どのようであったのか…)


正覚院の由緒については「高津町誌」に記載があります。
(正式な「正覚院由緒」は現在、海雲寺さんが所蔵しているそうです。)

※因みに、ここ『正覚院』は益田新四國八十八ヶ所札所 第28番札所とのことです。

当地は「瑞雲山 大龍寺」から歩いて1分程度です。

高角橋は計画当初「 鉄筋コンクリート橋」ではなかった!?

平成23年度にJSCE土木学会の「選奨土木遺産」に認定された「高角橋」

この橋は、土木学会の視点による評価には(私も土木業界にいたので)なるほど!!
と感銘を受ける内容です。
※ご参照>>益田市の土木遺産 鉄筋コンクリートの橋「高角橋」(益田市 高津)

今回は、タイトルにもしましたが、高角橋の計画段階でのエピソード。

高角橋


益田市の高角橋は当初計画は「 鉄筋コンクリートの橋」ではなかった!?…超トリビア的話題です。
(実は、高津柿本神社についてディープに調べていたら偶然発見しました)


昭和13年9月1日発行の『高津町誌』の最後の最後に、その記述がありました。

第二節都市計画及び高角橋(785ページ)

(ニ)高角橋
大正十年、工費四万一千圓を投じて改架せられたる高角橋は、木橋にして腐朽甚だしきにつき、昭和十一年七月之を撤去し、約七十米下流に假橋を設けられたが、近々十三万圓の工費を以って新式の鐵橋を架設せらることゝなった。竣工の暁には一大偉觀を呈するであろうことが想像せられる。 
昭和13年9月1日発行の『高津町誌』(786ページより)

昭和13年頃は高角橋は「新式の鐵橋」でつくられる予定であったようです。

この件につて『益田市誌』をたよりに、高角橋の架設の記録をみると。

昭和十四年十月から工事に着手し、十七年十月には二三万円の巨費を投じて、鉄筋コンクリート・ローゼ桁、延長一九五m、有効幅員五mの近代的な頑丈な橋が完成した。

益田市誌 下巻 昭和53年6月30日発行(424ページより)

いかがでしょうか?「鉄橋」であろうが「鉄筋コンクリート」であろうが堅牢な橋ができたという結果では、何の問題は無いのです。…が!!

『高津町誌』では、近々十三万圓の工費
『益田市誌』では、二三万円の巨費

当初予算13万円⇒23万円…約1.8倍の工事費。

…私的には戦時中、時代的に「鉄」不足、コンクリートの養生のための工費、追加があっても、それを「可」とした時代背景があるのでは?と考えています。(現時点での考察はまだ浅いと思いますが…投稿しました)

高津柿本神社の昭和10年頃の姿(画像)(島根県益田市)

益田市の高津地区にある全国的にも有名な『高津柿本神社』。

「本殿」は昭和57年(1982年)6月18日に島根県の有形文化財(建造物)に指定されています。

このたび、この高津柿本神社の古い画像を発見したので、投稿しておきます。
出拠は『高津町誌』(復刻版『高津町誌』)からです。「高津連理の松」の古い画像を探している際に、本誌にて偶然発見しました。(この画像は、昭和10年前後に撮影されたものと思われます。)

昭和10年前後撮影の高津 柿本神社の画像


本画像、手前(旧)拝殿の奥に見える建物が「島根県の有形文化財(建造物)指定」の『柿本神社 本殿』。
そして、この画像を手がかりにして、同じアングルの想定…というか、5~6m下がって、撮影した現在の当地の画像です。

高津柿本神社平成10年の拝殿新築後


「拝殿」のサイズがかなり大きくなっているのがわかります。
実は、益田市の高津柿本神社の「拝殿」は「平成10年(1998年)2月に新築」されたそうです。
新しくできた銅版葺の拝殿…つくりも凝っていて(特に屋根が)…見た目、豪華です。

しかしながら、「拝殿」前の広場からは「本殿の姿」は殆ど見る事ができない状態です。

実は、5年前、益田市に戻り、本当に久しぶりにこの神社を訪れた際、なんとなく違和感をありましたが、それが、何によるものなのかはその時はわかりませんでした。
今回、たまたま、昭和の時代の「拝殿」と、平成10年(1998年)2月に新築された「拝殿」を比較して、初めて「何が違和感を引き起こしたのか!?」がわかりました。

少し残念な気がします。

但し、この拝殿、建て替えで本殿が見えなくなったことで、新たな気付きもありました。
「この高津柿本神社の敷地…とにかく「狭い」という、地形的な制約条件の下で建てられている」という事です。

日本の多くの神社は表参道を進む、(石段を登る)と「正面」の姿を現わすのが一般的ですよね。

ところが、柿本神社の場合は、神社建物の側面に向かって、参道が配置されているのです。
参道の石段、途中、有名な「柿本神社の『楼門』」をくぐり、さらに登りつめた所、その終点で見上げると柿本神社の「拝殿の側面」が構えています。



益田市 高津柿本神社 参道の終点


ここから、画像左の最後の石段を登り、さらに、向かって左側に回り込むことにより柿本神社の正面の姿を拝むことができるのです。(石段右側の説明板「柿本神社本殿」の内容は、正面に見える「拝殿」について記載されたものと錯覚する観光客…きっと多いでしょうネ)

当地を訪れた方は記憶にあるかも(いえ、多分気付いていないでしょうが)、拝殿・神殿の敷地面積がかなり狭いため、拝殿周囲には神殿を拝見できる場所(ゆとり)が無いのです。

この「狭い敷地」という制約のゆえ、「本殿と拝殿の建物サイズの構成(バランス)」センス的な見方で、旧「拝殿」の方がサイズ的に「絶妙」に配慮され、優れていた、と感じられるのです。…(私はネ)

「高津の連理松」の最古の画像を発見(高津町誌より)

益田市の高津 浜地区には、かつて「連理松」という珍しい樹形をした「松」の木がありました。
この松は、平成15年3月に「松くい虫」の被害で枯れ「伐採」されたため、現在は、その姿をみることはできません。

しかしながら、現在、当地には「高津の連理松」と銘うった「遺跡」的な感じでその記録が残っています。
⇒今はなき「高津連理の松」とその思い出(益田市 高津 浜地区)

実は、この「連理の松」の(私が知る限り)最古の画像(写真)を発見しました。

出拠は『高津町誌』(正確には、復刻版『高津町誌』)からです。

高津の連理松 最古の画像 昭和10年代前半


益田市の『高津連理の松』についての情報は以下のページ(リンク)に記しています。
⇒在りし日の「高津連理の松」の樹齢・太さ・高さ(益田市 高津 浜地区)
かなり周辺の感じが違いますね。

この画像(写真)の撮影時期についての考察
さて、この画像(写真)、一体、いつ頃撮影されたものなのか?
画像の下に「連理松(天然記念物)」という記載が確認できます。

そして、現在確認できる正確な記録は以下の2点。

①「高津連理の松」が我が国の天然記念物に指定されたのが昭和9年。天然記念物 高津連理ノ松(昭和九年八月九日 文部省告示第二三五号)
②今回の画像の出拠『高津町誌』が完成(出版)が昭和12年。
この2つの信頼できる情報から、昭和10年前後に撮影された「高津連理の松」の(生きのいい)姿と推測できます。


★「連理」の意味については、
⇒「連理の松」の「連理」等、名前の意味を知る(益田市『高津連理の松』遺跡)
をご参照ください。