益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

高島

益田市高島の「お伊勢物語」の内容を比較してみた(高島脱出編)

益田市の土田海岸沖2㎞にある「伊勢島(いせじま)」
益田市の伝説「お伊勢物語」で、高島から泳いできた、お伊勢(イセ)が命をおとしたといわれる島(岩礁)です。

伊勢島と鳥の群れ 益田市の風景

「お伊勢物語」の内容は、


①『まんが日本昔ばなし』
②『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』(益田市鎌手にある案内板)
③『謎の高島<復刊>』
④『益田の民話』


それぞれで、異なった描写がされています。今回はお伊勢が津田村への望郷の念がピークに達し、高島から三里(12㎞)はなれた津田村まで「泳ぎ出す」…高島脱出という行動に出るまでの内容(プロセス)について比較してみました。


地元、益田市での「お伊勢物語」では・・・

高島の風景 益田市


一周一里(約4㎞)といわれる高島の周りの海を3周(四里、約12㎞)泳げれば津田村まで戻ることができる。それを知ったお伊勢は、三周泳げるかどうかを試す。」というくだりがあります。


実は、『まんが日本昔ばなし』の「お伊勢物語」では、この内容(情報)はありません。


①『まんが日本昔ばなし』の「お伊勢物語」

(お伊勢は、毎日、毎日、迎えの船を待っていた。そして、ある日、あん様に「父母に会いとうなりました。すぐ帰ります。」と手紙を残し家を出た。)

その朝は、そのころにしてはめずらしく海は凪いでおった。
きのうと同じように海鳥が楽しげに舞い。
津田の村に向かって羽ばたいていった。

お伊勢は海に入ると、津田に向かって力いっぱい泳ぎだした。
海辺で育ったお伊勢には、三里はなれた津田村まで泳ぐ自信があった。…
(『まんが日本昔ばなし』No.0958の「お伊勢物語」)


以下②案内板『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』、③『謎の高島<復刊>』では、表現こそことなりますが、

高島の周りを三周泳いぐことができた。そして、喜びのあまり、そのまま津田村に向かって泳いで行った。

という内容は共通しています。


②益田市の鎌手にある案内板、『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』

石見舟歌に生きるおイセの物語(拡大)




ある日、島の周囲は一里(4キロ)あり、三周できると対岸に泳ぎつけることに気づいた。
波静かな日、おイセは試みに泳いだところ、島を三周することができた。
「これで帰ることができる」という喜びに疲れも忘れ、
そのまま対岸を目指し泳ぎ始めた。


③矢富熊一郎先生の著書『謎の高島<復刊>』

謎の高島




(それは)島の周囲が一里、対岸荒磯までの距離が、三里ほどあるのだから、
島の周囲を泳いで三周することが出来たら、対岸への到着は、大成功だと信じたからである。
腕に覚えのある彼女は早速これを決行にうつした。
ある天気静穏な日を選び、先ずその準備行動として、遂に島を泳いで三周することに成功した。

喜びに身をふるわせた彼女は、前後を忘れるほどの有頂天さであった。そして疲労の事も何も考えないで、そのまま対岸目指してまっしぐらに突進した。…

(『謎の高島<復刊>』第二章「高島の一瞥とおいせの伝説」P8より引用)


高島の周りを三周泳いぐことができた!! そして、喜びのあまり、そのまま津田村に向かって泳いで行った。…お伊勢はよほど望郷の念が強かったのでしょう。そしてとても嬉しかったのでしょう。


④『益田の民話』では、「三周泳ぐことができた、そして、そのまま津田村に向かって泳ぎ始めた」のまえに、泳力をつけるために毎晩トレーニングしていたという内容があります。


④『益田の民話』(2002年3月「益田の文化を育てる会」)

益田の民話 益田市の伝承・伝説資料



どれくらい泳げばよいかけんとうがつかない。
そこで島の人に、「自分の親もとまでは何里ぐらいあるんじゃろうかねえ」
と聞いたところが、「まあ、三里じゃろうねえ。」というんじゃあ。
「三里じゃとすると、この島が一里じゃから、三回泳いでまわれたら家に帰れることになる。」と思ったお伊勢さんは、それから毎晩泳ぐ練習をして、とうとう島を三周することができたんじゃ。

「これなら大丈夫。」と、うれしさのあまりそのまま親もとの方角に向かって泳ぎ出した。…

(『益田の民話』P50~51「お伊勢島」より引用)

※万一、今回の記事をここまで読んでいただけた方がおられたら…

「エッ!? アンタは、 お伊勢が「毎晩泳ぐ練習をして…を知ってほしくて、この記事を書いたんか?

あっ、はい、実は、『益田の民話』P50~51「お伊勢島」の内容こそが、私が記憶していた「お伊勢物語」だったのです。

私が小学生のころ、学校で見た「劇」での「お伊勢物語」の内容です。


※実は私、この劇をみて、長いこと

「お伊勢物語」は益田での本当の出来事だと思っておりました。


長文おつきあいいただき本当にありがとうございました。

益田市高島の「お伊勢物語」の内容を比較してみた(冒頭部編)


益田市の伝承・伝説で『まんが日本昔ばなし』にも取り上げられた「お伊勢物語」

前回は、益田市の土田海岸の沖約2㎞にある「伊勢島」の姿を中心にした内容を投稿しました。

※前回の内容はコチラ⇒益田市沖の伊勢島と『まんが日本昔ばなし』お伊勢物語の姿を見る

今回は、『まんが日本昔ばなし』を含めた3つの「お伊勢物語」の内容…微妙な内容の違いをとりあげます。

まずは、『まんが日本昔ばなし』の「お伊勢物語」
まんが日本昔ばなし~データベース~サイトで『まんが日本昔ばなし』での「お伊勢物語」を知ることができます。
※ご参照:『まんが日本昔ばなし』データベース

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=958

実際に『まんが日本昔ばなし』No.0958の「お伊勢物語」放送日:1987年06月13日(昭和62年06月13日)をご覧になった事がある方はご存知だと思いますが、


冒頭部では、主人公である「お伊勢」がおかれていた状況(津田の村でとても貧しい家に育っていた)と高島に嫁ぐまでの経緯(いきさつ)がとても可哀そうなものとして具体的に描写されています。


・「お伊勢」の家は「(津田)村で一二を争うくらい貧しかった」
・一生懸命育てた作物(大根)も、みんなカラス達が先に齧っていく。(このシーンは特に可哀そう(涙))
・「お伊勢」は家族(老いた父母、幼い弟妹)の事を考えると、自分は一刻も早く嫁いでいかなければと感じていた…「口減らし」のためである。
・ある日、「お伊勢」の嫁ぎ先が決まる…(益田市沖の)「高島」だった。定期的な船の交通などなく、高島へ渡ってしまえば簡単には家族に会いに戻ることはできないという場所だった。


以上が『まんが日本昔ばなし』の「お伊勢物語」での内容だったわけですが、

益田市の鎌手にある案内板、『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』

石見舟歌に生きるおイセの物語(拡大)


また、
矢富熊一郎先生の著書『謎の高島』

謎の高島


さらに、
益田市内のいろいろな民話をあつめた大型本『益田の民話』(2002年3月「益田の文化を育てる会」)

益田の民話 益田市の伝承・伝説資料


以上、地元益田市の資料3つのには、一切、お伊勢が嫁ぐまでの情報、具体的な説明、描写はないのです!!


★順を追って確認してみましょう。

案内板『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』の冒頭は、

 津田村の娘おイセが高島の若者に嫁いだ。


矢富熊一郎先生の著書『謎の高島』の「おいせの伝説」の冒頭は、

ある年おいせと言う女が対岸の津田からこの島へ嫁いだ。


書籍『益田の民話』の「お伊勢島」での冒頭は、

お伊勢さんちゅう娘(むすめ)さんが、あの海の向こうに見える高島にお嫁にいったんじゃ。


「お伊勢物語」の地元、益田市の資料すべて、「お伊勢物語」の冒頭は、共通して…(いきなり)「「お伊勢」が高島に嫁いでいった。」という感じで始まっているのです。


あっ、今回の投稿、
『まんが日本昔ばなし』のストーリーテラーが素晴らしい!(脚本家の小国英雄 的な起承転結の構成で見事!)ということを、ことさら強調するものではありません。

むしろ、益田市の一次「的」伝承・伝説情報が、物語の「起」部が、なんで、こんなに、異常にシンプルなのか…

私は気になりました。

あなたはどうですか?…どんな、空想、仮説が湧きましたか?

もしよろしければ、コメントくださいまし♪


わたくし的視点では、あまりにもシンプルすぎる冒頭部の話は、

当時の益田あたりでは、津田村の貧しさは周知のとおりで、あえて具体的に表現しなくても…当時の地元益田では語り継がれるうえでは、十分理解されていたのでは…と。

高島と伊勢島と洞の鼻のこの風景…距離観。もしかしたら「お伊勢物語」は、実話ではないか?とも思えてきました。(高島から手前の砂浜まで約10㎞…ちなみに、高島から津田の海岸までは約12㎞)

益田市 高島 伊勢島 洞の鼻

益田市の「高島」と「伊勢島」そして「洞ノ鼻」付近の海岸(砂浜)の風景(撮影は2015年2月14日)

伊勢島が何処なのかわからん!という方向けに(説明付きで↓)
益田市 高島 伊勢島 洞の鼻 説明


※次は⇒益田市高島の「お伊勢物語」の内容を比較してみた(高島脱出編)です。

益田市沖の伊勢島と『まんが日本昔ばなし』お伊勢物語の姿を見る

益田市の日本海沖に「伊勢島」という島があることをご存知ですか?


今年(2015年)の2月、益田市の鎌手方面の散策は、実は「唐音水仙公園」が主たるテーマではなく、益田市の鎌手地区…土田海岸沖にあるという「伊勢島」確認のためのものでした。


「伊勢島」については、益田市沖の「高島」がらみの伝説「おイセの物語」としてご存知の方も多いのではないかと思います。


「え?おイセの物語…わしゃ、そんな田舎の話は知らん」

という方もいるでしょうが…


「あの『まんが日本昔ばなし』でも取り上げられた話だよ」

ということとなれば、少しは関心を持ってくれる益田市民もいるのではないでしょうか?


※ご参照:『まんが日本昔ばなし』データベース
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=958
⇒No.0958お伊勢物語 放送日:1987年06月13日(昭和62年06月13日)

今回は(まず、とりあえず)「伊勢島」の存在を確認する。ということを目的に投稿します。実は、「伊勢島」を確認するには、結構苦労しました。

私、益田市の鎌手地区には、地元に詳しい人の人脈がありません。


(事前にネットで調べたのですが)「伊勢島は益田市の土田海岸沖2㎞にある」という情報のみでした。


今年(2015年…平成27年)は2月8日(日)と14日(土)の2回、伊勢島の確認のために益田市の鎌手地区にいったわけですが。

初回(2月8日)は「伊勢島」…らしき「島」…というか「岩礁」は確認できましたが、それが、正しく「伊勢島」なのか!?全く自信がありません。


そこで、益田市の鎌手公民館(鎌手地区振興センター)に問い合わせてみました。

「お忙しいところ、本当にスイマセン。私、今、益田市の土田海岸沖にあるという『伊勢島』を探しているのですが、とんとわかりません。『伊勢島』ってどこら辺にあるのでしょうか?」

すると、男性の方が

「ああ、『伊勢島』ですか…ありゃ、「島」というか、「瀬」ですよ。」

「瀬?ですか岩礁みたいな?…異様な白波がたってる所でしょうか?」


「ハイ、ハイ、そうです。土田海岸沖では、瀬(岩礁)は1つしかないので、それです!!」


おおっ、さすが!!益田市の鎌手公民館(鎌手地区振興センター)!!


「土田海岸沖では、瀬(岩礁)は1つしかないので、それです!!」って言葉に勇気づけられ、2月14日(土)、晴れていて気温も10℃程度だったので、あらためて、益田市の鎌手地区にいったのであります。


そして、偶然にも、見つけました。「伊勢島にまつわる看板」…「石見舟歌に生きる「おイセ」の物語」


場所は、益田市市街地側から入って「唐音水仙公園」への道(おそらく林道)入り口をすぎ、土田海岸へ向かう下り坂途中。これです!(というか…前回投稿した場所と同じです(笑))

石見舟歌に生きるおイセの物語 案内板


正面から、左にあるのは、前回の投稿で掲載した、益田十景心に刻む 益田十景 鎌手のスイセンの里からみた高島』の看板です。
※参照⇒水仙の里と唐音水仙公園と益田十景の関係について(益田市鎌手地区の風景考)

石見舟歌に生きるおイセの物語の看板 全



この地点から確認した『伊勢島』と高島の「位置関係」

益田市高島と伊勢島の風景

もう少し近づいてみましょう(ズーム)

伊勢島1益田市風景


日本海の波しだいで、こんな風景も↓

伊勢島の風景 益田市2波


伊勢島3UMA 益田市風景

こんなの見たら、益田市の日本海にUMAがいるんじゃないかと…初めての人にはコメントされそうです♪

最後に、これが、倍率MAXで撮影した『伊勢島』の姿↓(撮影機種はNIKON COOLPIXP600)

伊勢島 益田市鎌手風景


案内板『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』の拡大画像

石見舟歌に生きるおイセの物語(拡大)


この島…岩礁で、おイセは息を耐えたと…(涙)

益田市の水仙の里「鎌手」。そして「唐音水仙公園」まできたのなら…ぜひとも、この、場所に来て、伊勢島と高島の風景も楽しんでくださいまし。


益田市の「伊勢島」の話、というか「お伊勢」について…
※ちょっと気になるところがあるので…
⇒益田市高島の「お伊勢物語」の内容を比較してみた(冒頭部編)

ご参照※「伊勢島(岩礁)の場所の画像」


※とてもわかりづらいかもしれませんが、画像の左下「洞ノ鼻」という場所から、北北西の沖に、小さな白い点があります。見えますか?位置的にも距離的にも伊勢島(岩礁)であると考えられます。
(私は最初パソコンのモニターについた「ほこり」かと思いました。)

水仙の里と唐音水仙公園と益田十景の関係について(益田市鎌手地区の風景考)


本日(2015年2月14日)再び「唐音水仙公園」(益田市鎌手地区)に行ってきました。

「エッ!?日曜日(2月8日)も行ってきたんじゃないか?『唐音水仙公園』?しかも(水仙の花の)ピークは過ぎとると…言っておったじゃないか?」

唐音の蛇岩がある唐音海岸 2015年2月14日撮影


そっ、そのとおりです(汗)。

水仙s


でも、今回の日本水仙の画像いい感じでしょ!?(天候は晴れ…青空多し 気温は10℃位)

唐音水仙公園の水仙3

実は、前回も今回も「とある目的」があっったのです。それは土田海岸の沖2㎞にあるという「伊勢島」の確認(撮影)でした。(「伊勢島」については近々投稿させていただきます。)


その前に、今回の投稿タイトル

水仙の里≪かまて≫と唐音水仙公園と益田十景の関係について(益田市鎌手地区の風景考)

ですが、私、この中の3つの名称


・水仙の里
・唐音水仙公園
・益田十景

について本日、違いがわかりました。


まず…水仙の里と唐音水仙公園について

「水仙の里」は、かまて(益田市鎌手地区)のブランディングのためのキャッチコピーのようです。
私は6年前に現在の「唐音水仙公園」に訪れた時、この場所が「水仙の里」という(いっしゅの)公園名だと思っていました。でもそうではないようです。

そのことがわかる第1の資料がこのパンフレット

水仙の里かまて唐音水仙公園パンフ


本日、唐音水仙公園で配布されていたものです。100円寄付しました♪


水仙の里≪かまて≫
唐音水仙公園


とあります。どうやら、鎌手そのものが「水仙の里」であり「唐音の蛇岩」近くの「唐音水仙公園」は「水仙の里」の部分であると読み取れるわけです。

次に、第2資料(画像)…伊勢島を撮影スポットを探していたらこの看板の存在に気づきました。

益田十景 鎌手のスイセンの里からみた高島


心に刻む 益田十景 鎌手のスイセンの里からみた高島とあります。

「なんだ!水仙の里ではないぞ!完全に間違えとるではないか…しかもちょっと長いし…」

「はい…」


でも、私が保有している益田十景の絵葉書集には

益田十景 水仙の里



「水仙の里」とありました…説明力不足!?

正式名称は「鎌手のスイセンの里からみた高島」として益田十景として取り上げられているようです。


益田十景の看板があった場所は、「唐音水仙公園」とは全く関係がない場所(土田海岸に向かう坂道途中)。


そして、益田十景である所以は「(実は)鎌手から(たぶん)水仙の花々ごしに見た「高島」の風景」とあるわけで…メインのキーワードは「高島」なんですネ♪

さて、これからコッソリ、コツコツ、過去投稿記事を修正しなければ…ヤレヤレw

益田市の比礼振山(権現山)より高島の大きな「椅子」の風景

益田市の比礼振山(権現山)からの益田十景の風景。

今回も肉眼の域を超えています。

比礼振山(権現山)標高359mの山頂から益田市沖の日本海に浮かぶ「高島」の画像。

画像は編集済みです…
益田市の比礼振山(権現山)より高島s

今回はこの高島の右端(矢印付き)O内に気になるものが見えました。
よくみると「黒い突起状」のモノが見えますか!?

この部分を倍率MAXで撮影してみました。
益田市の比礼振山(権現山)より高島 腰掛岩の風景

どうやら巨石です…椅子のように見えませんか?…「腰掛岩」というそうです。
画像は編集していませんので、ボケていますね。

思いっきり、画像編集してみましいた。(ほとんど絵のような感じですw)
益田市の比礼振山(権現山)より高島 腰掛岩2の風景

高島の「腰掛岩」です(だと思います)デカい椅子(腰掛)ですネ。高島に巨人伝説があったら…w

益田市の高島にある「腰掛岩」の画像を、とある書籍にて発見しました。
謎の高島 腰掛岩

う~ん間違いないように思えます。

この、「とある書籍」とは…『謎の高島』というものです。

前回もお伝えしましたが)われら益田市の至宝!当市の歴史上の最高の名誉市民といえる「矢富 熊一郎」先生の著書でございます。

謎の高島

私が保有している『謎の高島』は、
益田市郷土文庫による復刊版(平成元年1月11日)
です。

ちなみに『謎の高島』は「昭和16年9月23日に脱稿していたが、昭和24年8月10日やっと日の目をみている。」ということです。(本書「謎の高島」の復刊版のあとがきにあたる矢富巌夫 先生の「解説 高島夜話」より引用)

益田市の高島が完全な無人島になったのが1975年(昭和50年)の3月。この書籍『謎の高島』は、昭和16年9月に脱稿といいますから、高島が無人島化する約60年前に完成していたわけです。

私が、初めて「謎の高島」という著作を知ったのは中学2年ごろ(昭和50年代)…しかも、それはガリ版刷りでした。
今では、ガリ版刷りはさすがにないでしょうが、当初の「活版印刷」の『謎の高島』は益田市立図書館や、高津の公民館(高津地区振興センター)にありますよ♪

益田市の比礼振山(権現山)より高島(たかしま)の風景

益田市の比礼振山(権現山)からの風景…益田十景について続けますw

今回は「高島」…比礼振山(権現山)山頂から見島(山口県萩市)までの距離約70㎞(yahooMAPでの計測)と比較すれば…比礼振山(権現山)山頂からは直線距離で約18㎞(yahooMAPでの計測)ですので、被写体としては楽です…かなりw。

高島は(わたくし的には)近くて遠い「益田市のプチ秘境」です♪

早速ですが、益田市の比礼振山(権現山)からの風景…「高島」について

まずは、大草町の田園風景とあわせて、益田市の日本海沖の「高島」の姿

益田市の比礼振山(権現山)より高島と大草町の風景


次に、「魚待ノ鼻」…唐音の蛇岩、水仙の里とかがある鎌手の海岸の先にある「高島」の風景(…だんだん近づいてきましたw)

益田市の比礼振山(権現山)より高島


高島は、島根県益田市の大浜漁港から、約12kmにあります。

よく見るとポツンと白い構造物が見えます。何だかおわかりですか?
矢印&○囲みしておきました。(老眼の方のために…)

益田市の比礼振山(権現山)より高島灯台の風景


益田市民で釣りが好きで、高島に詳しい方なら容易な問いかけですが…これは「高島灯台」(位置:北緯34度50分06秒 東経131度50分19秒)です。

倍率MAXで撮影

高島灯台


こ、これは…ハッティフナット(Hattifnatt)…ムーミンのニョロニョロじゃあ、あ~りませんか!?

益田市の三里ヶ浜で夕方になれば、「高島灯台」からのピカッと閃光が確認できます。

高島は、今は「無人島」ですが、1975年(昭和50年3月末日)まで人が暮らしていました。


我が益田市の至宝!歴史的にも最高の名誉市民である「矢富 熊一郎」先生の著書
「謎の高島」には、益田市の沖に浮かぶ「高島」について、とても貴重な情報、てんこ盛りです♪


益田市の比礼振山(権現山)より、益田十景シリーズが落ち着いたらw
(いずれ)特集しましょう♪

※次回は、益田市の比礼振山(権現山)より高島(たかしま)の風景内で発見した「あの岩」についてです♪
【撮影日は2015年2月1日 デジカメはCOOLPIXP600 です】

益田市の魚待鼻灯台の(ほぼ)真北に…あの島がある

益田市の灯台といえば、前回の投稿でご紹介した「高島灯台」と今回とりあげる「魚待鼻灯台(うおまちのはなとうだい)」

この画像は大浜港のそばの大谷海岸から撮影した「魚待鼻灯台」です。↓

魚待鼻灯台 益田市

「魚待鼻灯台」は、かなり特殊な位置にある!!


実は、「魚待鼻灯台(益田市)」の「ほぼ真北」に「竹島(島根県 隠岐の島町)」があるのです。
竹島と魚待鼻灯台の位置(東経)を調べたところ、

※竹島(島根県 隠岐の島町)
北緯37度14分30秒
東経131度52分00秒


※魚待鼻灯台(益田市)
北緯34度45分05秒
東経131度52分04秒

東経、僅か04秒の差です。


方位角による距離の計算をしたら、魚待鼻灯台~竹島までは約276.3kmでした。当然ですが…陸上からはお互い見えませんネ。

今回、益田市の「魚待鼻灯台」を撮影した場所
大谷海岸には太平洋戦争時のエピソードがあります。
>>益田市で漂流エピソード。日本海の対馬海流が10人の命を救ったお話

【編集後記】

この位置関係を発見したきっかけは、「高島灯台」の位置にありました。
当初は、「高島灯台」の真北に「竹島」…という話にしたかったのですが、「魚待鼻灯台」の方がより東経値が近かったので、こんな記事に仕上げました。

「高島灯台」の位置については、↓こちらの記事内に記載しています。
>>「謎の高島」のカナダ山と高島灯台(益田市 沖)

※なお、今回最初の画像でご紹介した「魚待鼻灯台(益田市)」の鼻のむこうには、
益田十景でもある「水仙の里(益田市鎌手地区)」がありますョ。

MAP・場所・航空写真:益田市の魚待鼻灯台


「謎の高島」のカナダ山と高島灯台(益田市 沖)

益田市の沖10数kmの日本海に浮かぶ島「高島(たかしま)」


益田市の大浜の港から約12kmにある高島(現在は無人島)

高島に関する貴重な著作、矢富 熊一郎先生の「謎の高島」によると、
画像左端の小高い所は「カナダ山」とよばれているそうです。

謎の高島 益田市


上の画像左端の小高い所…「カナダ山」
わかりましたか?以下、益田市の高島「カナダ山」です。(撮影場所は益田市の大谷海岸)

高島 カナダ山 益田市


さて、もう一度、最初の画像、益田市の大浜の港から約12kmにある「高島」の画像

謎の高島 益田市


高島の(画像)右側の高い所にポツンと白い物体…みえますか?

最高倍率でこの部分を撮影してみました。↓

高島 灯台 益田市

おわかりでしょうか!?…灯台です。

「高島灯台(位置:北緯34度50分06秒 東経131度50分19秒)」です。

この島は、現在、無人島ですが、1975年(昭和50年3月末日)まで人が暮らしていました。

近くて最も遠い?益田市のプチ秘境「高島」


私が幼いころから、一度は訪れてみたいと思っている益田市の「高島」。
距離として10数㎞という近さにもかかわらず、その思いはいまだかなっていません。

近くて最も遠い益田市のプチ秘境スポットといえます。(私にとって…)

益田市の高島の面積は東京ドームの何個分か?


益田市の高島の面積は約0.39km²で東京ドーム(0.047km² )の約8.3個分となります。(ちなみに、竹島は女島、男島の2つの小島と周辺37の岩礁を含めた総面積約0.21km²・・・東京ドーム約4.5個分です。)

【編集後記】
今日の益田市は午前中の雨から、お昼ごろには日本海側は綺麗に晴れ、青空が広がりました。
降り続いた雨で、空気が洗われたせいでしょうか?「高島」がとてもくっきりと見えたので撮影しておきました。

・矢富 熊一郎先生の著書「謎の高島」については、折をみてご紹介いたします。

MAP:高島(島根県 益田市)


益田市で漂流エピソード。日本海の対馬海流が10人の命を救ったお話

時は昭和20年(1945年)舞台は益田市の鎌手地区にある大谷海岸。

終戦間近、昭和20年8月14日夜9時頃、高島付近を漂流していたアメリカ兵10人が地元大谷の漁船団に救助されたそうです。
益田市大谷海岸の奇跡


助けられたアメリカ兵はB29爆撃機の乗組員。同年8月8日に長崎県の壱岐島のあたりで墜落したということ。
益田市大谷海岸の奇跡のお話し

ちょっと、文章の部分を拡大してみましょう。

漂流アメリカ兵上陸地 益田市大谷海岸


なんとゴムボートで漂流6日間…対馬海流に乗り益田市沖まで流れついたというわけです


長崎県の沖になる壱岐(島)から益田市沖の高島まで、直線距離で約200キロメートル強。6日間ですから対馬海流にのって1日あたり30~40キロメートルをプカプカと益田市沖の高島まで。

下の画像は大谷海岸から見える高島(益田市)
益3891~1


まさに海流のおかげで命を救われた話です。


で、益田市の大谷はパニック状態になったとも。

しかも、翌日(昭和20年8月15日)正午には昭和天皇による玉音放送というタイミング、超デリケートな時期の出来事です。


でもさすが益田市の人々。多分漂流者アメリカ人10名への対応は「適切」だったのでしょう。なぜなら、
救助されたマーティン・ザップさんが60年たった平成17年の8月14日に、79歳のおからだでこの地、大谷を訪れたというではないですか(案内板参照)


そして、

「島根県益田市の人ニ救助サレテ ‘マーティン’ラッキー」と。(思ったことでしょう…多分)



MAP・場所:益田市マーティン エピソード看板


編集後記

益田市大谷海岸から

命を救われた彼ら米兵には当時の益田市の地に「まほろば」を感じたことでしょう♪(おっと!彼らアメリカ人だから「サンクチュアリ(sanctuary)」かな?)
画像:益田市大谷海岸から冬の益田市沿岸と夕日を撮影(撮影日:2009年1月6日)