益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

飯浦港

益田市飯浦港 かつての「松島」と磁石岩の貴重画像を発見

益田市の飯浦港に「松島」とよばれる小さな岩山があります。
現在、「松島」はコンクリートによる人工的な構造物で陸地と結ばれているようですが、「島」と呼ばれているので、かつては飯浦港内に独立した「岩の小島」として存在していたのかもしれません。今回は益田市の飯浦港の「松島」について昔の画像をもとにいろいろと調べてみました。

松島 益田市飯浦港内


1.なぜこの島を「松島」と呼ぶのか?


この岩山はなぜ「松島」と呼ばれるのでしょうか?

上の画像にあるように、現在この「松島」には細い松の木が数本確認できます。

※ご参照⇒益田市飯浦港の「松島」…磁石岩の今

ですが、これくらいの松の木なら、益田市の海岸の大小無名の岩々にて結構見ることができますよネ。


実は先日、益田市誌にて、この「松島」の古い画像が掲載されていることを発見し…この岩山が「松島」と呼ばれていることに納得できました。

松島 益田市飯浦港 益田市誌より

出処:益田市誌 上巻(昭和50年12月20日発行)
P93 自然篇 第二章 地理 第四節 海岸 三 鼻と湾
写87 飯浦の松島と三生島 より

「これぞ『松島』!!」と感じませんか!?

かつては、一本の大きな松の木が育っていたようです。樹形も趣がありますネ。

(余談になりますが、画像奥の「三生島」の頂にも数本の「(松の)木」があるように見えます。)

2.小野村誌での「松島」の記述をみる


先ごろ復刻された「小野村誌」 P18に「松島」に関する記述がありました。

「松島」
飯浦西ノ浜海岸ニ斗出(突出)セル小島ニシテ、巌上ニ 一老松アリ、島ノ名之ヨリ起ル、又島頂ニ磁石岩アリ、ヨク鉄ヲ吸引ス、蓋(けだ)シ磁鉄鉱ノ成分ヲフクメルタメナラン(以下略)

『小野村誌(復刻改訂版)』平成26年3月30日発行 
編者 小野の歴史を残す会  
発行所 小野地区振興センター

第二章 社寺及旧蹟勝地 第三節 旧蹟、勝地 P18より

巌上ニ 一老松アリ、島ノ名之ヨリ起ル」…やはり、この画像の松の木が「松島」の由来であったことがわかります。

3.かつての「磁石岩」の画像も発見!!


また、益田市誌には、「松島の磁石石(じしゃくいし)」として以下の画像も掲載されていました。

松島の磁石石  益田市飯浦港 益田市誌より


出処:益田市誌 上巻(昭和50年12月20日発行)

P93 自然篇 第一章 地質 第四節 天然記念物 二 『鑪崎および松島の磁石石』
写5 松島の磁石石 より

磁石「岩」という表記が益田市の他の資料で一般的だったような気がしましたが…益田市誌には磁石「石」とあります。実際、この画像を見ると、松島という「岩山」全体というより「頂の石」に磁性(磁力)が備わっていたようですネ。
画像(写真)ですので当然「磁力」を感じることはできませんが…今や貴重な画像です。
益田市飯浦港の松島の「磁石石」には現在は磁性(磁力)はないということです。ちなみに、地元の方によると…「あの石(磁石石)は、だいぶ前じゃが、松島から落ちた…ちゅうことじゃったでぇ」というお話も伺いました…

益田市の飯浦沖の「三生島」を空から見ると

三生島(サンショウジマ)はどんな形なのか?


益田市の飯浦沖の「三生島」。この島の特徴はなんといってその形、「▲三角形」ですね。飯浦港や人形峠から、そして少し離れて持石海岸からみても「三角形」はっきり確認できます。「三生島」のことを「おむすび島」と呼んでいる人もいるようです。

益田市の「三生島」をいろいろな場所から撮影してみた


実際に、「三生島」を三か所から撮影した画像です。

まずは、益田市「飯浦港」の防波堤より。

三生島 飯浦港より

次に「人形峠」から
三生島 人形峠より

最後に「持石海岸」から
三生島 持石海岸より

「三生島」は実際はどのような形をしているのでしょうか?


一体、益田市の「三生島」はどのような形状をしているのでしょうか?
「そりゃ、三角形じゃろう!。あんた今、言ったじゃないか?」

ハイ確かに。…でも、それはこの島を横から見たとき…しかも陸地からです。
この「三生島」の3Dの形状…つまり立体的な形状が気になりました。


「三生島」の3Dの形状を確認するなら


「三生島」の3Dの形状を確認するなら…
「そりゃ、地元の漁師さんに頼んで、船で見るのが確実!!」
ですよね~…でも私には、そんな「財力」はありません。ハイッ!!
というわけで、「三生島」の航空写真で検証してみましょう♪

航空画像:三生島



おおっ!!三角錐です!!
四角錐なら「海上ピラミッド」的に表現しようと思いましたが…三角錐のほうがナチュラルのような気がします。(かなり、どうでもいい話にここまでお付き合いいただき感謝いたします♪)

益田市飯浦港の「松島」…磁石岩の今

益田市の飯浦港の「松島」


益田市の飯浦港に「松島」と呼ばれる大岩があります。この岩肌には、松がたくさん生えているので「松島」というのでしょうか!?
ところで、この松島の頂上には、かつて「磁石岩」とよばれた岩があったそうです。
磁石岩は磁性をおびた石英斑岩で、その磁力は船舶の方位磁針をくるわせるほど強かったということです。

松島 益田市飯浦港

撮影日は2014年9月7日夕方。松島に日の光がスポットライトのようにあたってたのが印象的でした。「松島」は「島」とありますが、車ですぐそばまで行けます。現在、とても崩れやすくなっていて、近寄れないよう柵が施されていました。

益田市飯浦港の松島(海側)

※海側から撮影した「松島」…こんなゴツゴツした岩肌のわずかな隙間とその養分でも、しっかり生きている岩場の松って本当に凄いとおもいます…いつも♪

現在の「松島」の磁性(磁力)について


現在、「松島の「磁石岩」の磁力(磁性)は失われている。」とガイドブックにかいてあったので、真相を確かめるため地元(飯浦町)の方にお話を聞いたところ。
「ありゃぁ(磁石岩)は松島から落ちたそうじゃ」とのこと。

MAP・場所(航空写真):松島(益田市飯浦町)



この画像をよく見ると、「松島」はかつては「島」として存在していたのかもしれませんネ♪

最後に、今回の「松島」を人形峠の駕篭立て付近から撮影した画像を掲載しておきます。
松島 益田市飯浦港 人形峠より

(「松島」の「大きさ感」をつかんでください♪)

編集後記※益田市で「磁石岩」といえば…

磁石岩といえば…
益田市で磁石岩といえば、今回の飯浦町の松島、そして鑪崎が有名ですよね。実は、もう1ヶ所「比礼振山(権現山)標高359m」の頂上にも「磁石岩」はありました。(「磁石岩」と書かれた「看板」があった事を覚えています。)
今は岩ごと無くなってしまってますが…

「人形峠からの日本海」益田十景のレビュー Ver.2014

2014年5月1日。益田市は久しぶりの晴れになりました。
風景を撮影するには、基本、青空と雲の程よいバランス、彩りが必要ですよネ。
今回は「益田十景」の一つ「人形峠からの日本海」の5月バージョンの撮影に向かいました。

「人形峠からの風景」は、これまで何度もネット上に投稿していています。

このサイトでも

>>「人形岩眺望所」奇岩!人形岩を観賞するなら(益田市人形峠)

>>人形峠の駕籠立からの冬の日本海の景色(益田市 飯浦地区)

というタイトルで投稿したこともあります。

今回は、「益田十景」の一つ…「人形峠からの日本海」をテーマとして(意識し)撮影してみました。

新しくなった、この地の「案内看板」を交えながら画像を主にしたコンテンツに仕上げました。


まずは、私が好きな屏風岩

屏風岩2


(当然ですが)見る角度で姿は変化します。

益田市 人形峠 屏風岩3

屏風岩
穏やかな日本海。澄んだ海と屏風岩を縦撮りしました↑

「人形峠からの日本海」益田十景…新しく設置された案内看板。
益田十景 人形峠 新案内看板

MAP:「人形峠」案内看板が設置されている場所…人形鼻とある付近の道路沿い



奇岩として当地では(おそらく)最も有名な人形岩…画像2枚↓
人形岩

人形岩2

そして、今回、実はw、「小野村誌」により正式名称がわかりました・・・二見岩
二見岩

二見岩とその先にある、断崖・絶壁セット画像
二見岩と断崖

飯浦方面の画像…鑪崎、旧台場
鑪崎、旧台場
そして案内看板
益田市 飯浦 鑪崎、旧台場、三生島 案内板

三角おむすび形の「三生島」↓(かなり霞んでいます)
三生島

飯浦港の様子
益田市 飯浦港


人形峠から飯浦方向直下の海岸…
実は、ここ、地質学的に面白い。あの、ホルン…があるのです。
好きな方は今度よ~く観察してみてくださいまし↓

人形峠 飯浦側 断崖 直下の海岸