益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

鎌手公民館

益田市沖の伊勢島と『まんが日本昔ばなし』お伊勢物語の姿を見る

益田市の日本海沖に「伊勢島」という島があることをご存知ですか?


今年(2015年)の2月、益田市の鎌手方面の散策は、実は「唐音水仙公園」が主たるテーマではなく、益田市の鎌手地区…土田海岸沖にあるという「伊勢島」確認のためのものでした。


「伊勢島」については、益田市沖の「高島」がらみの伝説「おイセの物語」としてご存知の方も多いのではないかと思います。


「え?おイセの物語…わしゃ、そんな田舎の話は知らん」

という方もいるでしょうが…


「あの『まんが日本昔ばなし』でも取り上げられた話だよ」

ということとなれば、少しは関心を持ってくれる益田市民もいるのではないでしょうか?


※ご参照:『まんが日本昔ばなし』データベース
http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=958
⇒No.0958お伊勢物語 放送日:1987年06月13日(昭和62年06月13日)

今回は(まず、とりあえず)「伊勢島」の存在を確認する。ということを目的に投稿します。実は、「伊勢島」を確認するには、結構苦労しました。

私、益田市の鎌手地区には、地元に詳しい人の人脈がありません。


(事前にネットで調べたのですが)「伊勢島は益田市の土田海岸沖2㎞にある」という情報のみでした。


今年(2015年…平成27年)は2月8日(日)と14日(土)の2回、伊勢島の確認のために益田市の鎌手地区にいったわけですが。

初回(2月8日)は「伊勢島」…らしき「島」…というか「岩礁」は確認できましたが、それが、正しく「伊勢島」なのか!?全く自信がありません。


そこで、益田市の鎌手公民館(鎌手地区振興センター)に問い合わせてみました。

「お忙しいところ、本当にスイマセン。私、今、益田市の土田海岸沖にあるという『伊勢島』を探しているのですが、とんとわかりません。『伊勢島』ってどこら辺にあるのでしょうか?」

すると、男性の方が

「ああ、『伊勢島』ですか…ありゃ、「島」というか、「瀬」ですよ。」

「瀬?ですか岩礁みたいな?…異様な白波がたってる所でしょうか?」


「ハイ、ハイ、そうです。土田海岸沖では、瀬(岩礁)は1つしかないので、それです!!」


おおっ、さすが!!益田市の鎌手公民館(鎌手地区振興センター)!!


「土田海岸沖では、瀬(岩礁)は1つしかないので、それです!!」って言葉に勇気づけられ、2月14日(土)、晴れていて気温も10℃程度だったので、あらためて、益田市の鎌手地区にいったのであります。


そして、偶然にも、見つけました。「伊勢島にまつわる看板」…「石見舟歌に生きる「おイセ」の物語」


場所は、益田市市街地側から入って「唐音水仙公園」への道(おそらく林道)入り口をすぎ、土田海岸へ向かう下り坂途中。これです!(というか…前回投稿した場所と同じです(笑))

石見舟歌に生きるおイセの物語 案内板


正面から、左にあるのは、前回の投稿で掲載した、益田十景心に刻む 益田十景 鎌手のスイセンの里からみた高島』の看板です。
※参照⇒水仙の里と唐音水仙公園と益田十景の関係について(益田市鎌手地区の風景考)

石見舟歌に生きるおイセの物語の看板 全



この地点から確認した『伊勢島』と高島の「位置関係」

益田市高島と伊勢島の風景

もう少し近づいてみましょう(ズーム)

伊勢島1益田市風景


日本海の波しだいで、こんな風景も↓

伊勢島の風景 益田市2波


伊勢島3UMA 益田市風景

こんなの見たら、益田市の日本海にUMAがいるんじゃないかと…初めての人にはコメントされそうです♪

最後に、これが、倍率MAXで撮影した『伊勢島』の姿↓(撮影機種はNIKON COOLPIXP600)

伊勢島 益田市鎌手風景


案内板『石見舟歌に生きる「おイセ」の物語』の拡大画像

石見舟歌に生きるおイセの物語(拡大)


この島…岩礁で、おイセは息を耐えたと…(涙)

益田市の水仙の里「鎌手」。そして「唐音水仙公園」まできたのなら…ぜひとも、この、場所に来て、伊勢島と高島の風景も楽しんでくださいまし。


益田市の「伊勢島」の話、というか「お伊勢」について…
※ちょっと気になるところがあるので…
⇒益田市高島の「お伊勢物語」の内容を比較してみた(冒頭部編)

ご参照※「伊勢島(岩礁)の場所の画像」


※とてもわかりづらいかもしれませんが、画像の左下「洞ノ鼻」という場所から、北北西の沖に、小さな白い点があります。見えますか?位置的にも距離的にも伊勢島(岩礁)であると考えられます。
(私は最初パソコンのモニターについた「ほこり」かと思いました。)

「唐音水仙公園」(益田市鎌手地区)を訪ねてみた風景 2015年2月

益田市鎌手地区にある「唐音水仙公園」…「水仙の里」とよんでいる鎌手地区で水仙が一番たくさん植えられている場所です。

当地の名称については、キーワード「水仙」と国指定天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」の「唐音」をセットにしたというのは、なかなかナイス!!な発想だと思います。


前回は、「唐音水仙公園」の風景…概観的な内容でした。

※ご参照⇒益田市の「唐音水仙公園」を6年ぶりに訪ねた風景(鎌手地区)

今回は、公園内の「水仙の花々」について語ろうと思います。

早速ですが2015年2月8日(日)の「唐音水仙公園」の水仙咲きあふれているだろうと思っていた丘陵の様子を2枚…

8s

そして…

8

当初、益田市の情報によると「唐音水仙公園」の水仙の見ごろは2月中旬くらいまで聞いていたのですが、実際には「唐音水仙公園」の丘陵地帯に水仙の花であふれるであろう風景は…とっくにピークを過ぎておりました(ガックリ…

ただ、誰を責める気もおこらない理由として…この日の気温は(車の外気温度計で3℃) 日本海から切り裂くような冷たい疾風…当然、荒波、その波頭から塩分を存分に含んだミスト(霧)と化し…動くことができない、植物、「水仙」達に容赦ないストレス(塩害)を与える…と考えると、そもそもココは日本水仙には過酷な環境ではないのでしょうか…

唐音の海岸 波煙 益田市 唐音水仙公園


それでも、ここは「益田十景」。部分的ですが…可愛い「水仙の花」を楽しめました。

「唐音水仙公園」の日本水仙(益田市鎌手地区):2015年2月8日s


「唐音水仙公園」の日本水仙(益田市鎌手地区):2015年2月8日s1



あっ!!せっかくなんで…「唐音水仙公園」のトリビア…マニアックな情報を2つご提供しましょう♪

★まず1つ目

「唐音水仙公園」は「日本水仙」を繁殖させているといいます。ですが、国指定天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」の手前の小高い山(標高3~5m程度)の西側の斜面には、ちょっと変わった「水仙」の花の群落があります。(これは6年前も気づいていました…そして今回も同じ風景がありました。)

八重咲き 水仙


八重咲き水仙」です。…スイマセン「八重」らしさがわかりませんネ↑。
でも、「唐音水仙公園」のポピュラーな日本水仙↓と比べてみると、あきらかに「花姿」が異なることはご理解いただけると思います。

「唐音水仙公園」の日本水仙(益田市鎌手地区):2015年2月8日


比較してみてください。

★そして2つ目!

「唐音水仙公園」道(益田市鎌手地区):2015年2月8


この画像は、海側、「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」を背にして撮ったのですが、出発した駐車場へ新たにルートができています。(勝手ですが…山道ルートと名付けさせていただきました。)

※行きはコンクリート舗装、帰りは山道ルート(ただし、未舗装)で。「唐音水仙公園」のいろいろな景色・風景を楽しむことができるようになりました。
※ただし山道ルートは未舗装(滑りやすい)のでグリップのいい「靴」を着用した方がいいですよ!!

※来年もしくは今年の年末は、益田市の「唐音水仙公園」に関して、親切かつ正確な情報を提供してくれる、鎌手公民館(鎌手地区振興センター)とは、情報提供を細かく求め、「唐音水仙公園」の丘陵地帯が「日本水仙」で純白となった風景情報を提供しますネ♪