益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

観音岩

春の白い日本海と海岸浸食と観音岩の風景(益田市の浜辺より)

今回は久しぶりに益田市の風景画像を。
益田市の三里ヶ浜の『観音岩』付近で撮影した「白い日本海」の風景です。
白い日本海の風景(益田市)20150407

季節感があるようでないような感じです。曇り空と逆光のため、海面は白くミルク状に見えます。

撮影日は2015年4月7日…春の日差しは暖かいのですが、時々、日本海からの冷たい北風で、まだまだ「寒く」感じた日でした。

この場所からのこのような(白い日本海の)風景は、訪れた人に何らかの美的なものを感じさせるようで(私もそうですが)結構スマホとかで撮影している人を見かけます。

さて、ここに来たなら、報告をしたい事が2つ!!

1つは、益田市の海岸浸食の件。2015年4月7日時点では…↓
海岸浸食 益田市

おおっ、海岸浸食進んでいます。おわかりですか?比較用に約5ヶ月前の2014年11月4日に撮影した同じ場所の画像を掲載します↓
益田市 観音岩 海岸浸食 現場
 

上下の画像を比較すると、浸食された面の縁とポール(島根県と書かれているのですが)との距離が狭くなっていること(後退していること)に注目してください。

あと数回、時化れば、・・・単純に上の画像との時間軸(5ヶ月)で推測すれば、今年の9月ごろまでに、このポール&ロープ地点は崩落するでしょうネ。

さて、ここに来たなら、報告をしたい事2つ。の2つ目。

益田市の浜の画像といえば「観音岩」。益田市の風景の象徴的な…天然オブジェの一つです。
観音岩の風景 益田市20150407


夕焼けとセットではないので、ただの「岩」画像ですが…この日の観音岩には黒い鵜達が、(この季節は、いつものように)鎮座していました。

で、たまにウミネコが、ちゃちゃを入れる的に現れるところが面白かったのう♪

観音岩の鵜とウミネコの風景20150407

おしまい・・・・・・

益田市の冬の日本海 三名岩(観音岩、猫島、宮ヶ島)の風景

ここ数日、益田市の天候は雪は降らないものの、気温は低く、日本海からの強風の日々が続いています。当然、益田市の沖は時化(しけ)の状態で、冬の日本海の様子を撮影するには絶好の日々となっています。(撮影条件はかなり厳しいです)

今回は益田十景の一つである「三里ヶ浜」から望む、三名岩(観音岩、猫島、宮ヶ島)と日本海の荒波・千波の風景です。

益田市の風景 観音岩、猫島、宮ヶ島


静止画像では伝わらないと思いますが、デジカメのモニターを見つめていると、青白いシャーベットのような海面の千波は、戸田町や小浜町の海岸に向かってまるで川のように流れて見えます。


益田市「三里ヶ浜」の三名岩…上の画像を使って説明しておきましょう。手前から「観音岩」「猫島」「宮ヶ島」

益田市の風景 観音岩、猫島、宮ヶ島 説明

「観音岩」の頭の部分見える黒いブツブツは「海鵜(うみう)」たちです。寒いし、波は荒く、怒涛の音は激しい中で平然としている「海鵜」の態度にはいつも敬服していますw。

ちなみに「観音岩」に見える白いものは、雪とか氷ではなくて…「海鵜」たちのフンです。

猫島には、強烈な波がぶち当たっているのが見えますネ。

一番奥の「宮ヶ島」…恵比寿神社(衣毘須神社)の赤瓦の屋根がぼんやり確認できます。

三名岩(観音岩、猫島、宮ヶ島)…関連情報は以下のリンク先にあります。

観音岩
⇒益田市の観音岩の景観に「7羽の鵜がやって来た」風景
⇒益田十景「三里ヶ浜」観音岩にアノ鳥が(島根県 益田市)

猫島
⇒猫島の不思議な看板『「朝明けの潮」と猫島』益田市の小浜海岸風景

宮ヶ島
⇒恵比寿神社(衣毘須神社)がある小浜海岸の宮ヶ島

益田市からの日本海の冬の荒波の風景シリーズ…この時期当分続きそうです。

観音岩の近くで新たな海岸浸食(崩落)を見た(益田市 三里ヶ浜)

三里ヶ浜には益田市の風景の中でも人気スポットである「観音岩」があります。

このサイトでは「観音岩」関連風景として「ミサゴがいた」とか「七羽の鵜がいた」という「ほのぼの系」の投稿とあわせて、「この岩周辺の海岸の砂浜の面積が大幅に減少した。…「海岸浸食」に関する記事も投稿しています。

観音岩付近でおこった海岸浸食(崩落)

画像は、今年(2014年)11月4日に撮影したものですが、観音岩周辺海岸浸食の(おそらく)直後に近い時点での様子です。

益田市 観音岩 海岸浸食 現場


実は、この場所は砂浜から一段(2~3m)高くなった比較的広い更地です。(益田市の三里ヶ浜の観音岩を観賞するベストポイントでもあります。車も数台駐車できます。)

ここの砂浜から、以前、観音岩周辺の砂浜の減少について今年(2014年)の9月4日に投稿したこともあります。
益田市の三里ヶ浜「観音岩」周辺の砂浜の変化(比較)


私は、砂浜の海岸浸食というのは、数年とかの年月をかけてジワジワすすむものかと思っていましたが、今回のように短い期間(もしかしたら、想像を超えた僅かな時間で)「ゴッソリ」的に崩落浸食がおこることもわかりました。

益田市の海岸崩落浸食

この崩落地点の先には、植物(おそらくシノ竹)が覆い茂っていますが、その一部も崩れているようです。

実は、この崩落地点、観音岩の間近の砂浜に下りるためのルート(結構険しい崖(砂質と粘土質と礫が混合))でした。しかし今回の崩落で完全にオーバーハングしてしまい。観音岩へ(比較的簡単に近づける)ルートはなくなってしまいました。

今回の海岸浸食(崩落)について考えてみた

この地点の周辺には、以前投稿したようなヘッドランドはありません。
※参照⇒持石海岸(益田市の風景)の今…海岸浸食で凄い事になっていた。
ただ、この地点のすぐ傍には(昭和の時代には無かった)防波堤が設置されてることに気づきました。

この防波堤による反射波により、自然の土手(今回の崩落場所)に強い波力を集中させる結果となったことが考えられます。

…観音岩は昭和時代は干潮ともなると地続きになる…プチ「トンボロ現象」もあったそうです。
前回の持石海岸の浸食と同様、益田市の三里ヶ浜では、昔と比べ、土砂の「自然供給量」が相当減ったことがわかります。
とはいうもの、土砂の供給源である高津川、益田川の河口の施策・コントロールは大変大がかりで、高度で精密な設計が伴うことも確かです。…それについて意見する気はありません。
 
ただ、気になるのは…現在、国道191号線に海岸線せまってきているため…護岸工事・防波堤設置が必要だと思われます。…当分「いたちごっこ」は続きそうですネ。


※現地には島根県とかかれた支柱が数本立っており、標識ロープ(俗にいうトラロープ)が張られていました。(現地再訪時:2014年11月20日に撮影)

島根県の柵


益田市の三里ヶ浜の風景…「益田十景」のひとつ「三里ヶ浜」この砂浜の風景がだんだん見られなくなっていくのでしょうか…(今回の海岸浸食(崩落)場所より撮影)

益田市 風景 三里ヶ浜

益田市の観音岩の景観に「7羽の鵜がやって来た」風景

益田市の景観といえば、「三里ヶ浜」とか「持石海岸」は、はずせませんよネ。

四季おりおり、そして、朝昼夕の変化がある風景は通(マニアック)的な視点かもしれませんが面白いものがあります。

「三里ヶ浜」の代表的な風景といえば「観音岩」ですね。地元のカメラマンとか画家とかが好んで用いるモチーフですネ(笑)…もちろん、我等が!?「益田十景」にも取り上げられている風景です。

益田市の風景11月の観音岩

撮影したのは、今月11月4日14:00ごろ。この日、益田市の海岸は「晴れ」でした。


今回の撮影では、季節を感じさせる「観音岩の風景」を撮影できました。(因みに画像右奥に見える島は、益田市最後の秘境「高島」です。)


何がどう、季節を感じさせる「観音岩の風景」を撮影できたのか、おわかりですか?

実は、益田市の観音岩、必須のキャラクター「七羽の鵜」が戻っていました!!

益田市の観音岩と7羽の鵜の風景

夏の益田市の観音岩には鶚(ミサゴ)様がごくまれに鎮座しておりましたが…
※ご参照⇒益田十景「三里ヶ浜」観音岩にアノ鳥が(島根県 益田市)
鶚(ミサゴ)と益田市の三里ヶ浜の「観音岩」の風景もとても珍しいのですが。

冬に近づくこの季節、11月ともなれば、まさに観音岩の「真打」というべき「七羽の鵜」の姿が似合ってきます。

「七羽の鵜」そのメンバーの様子

益田市の観音岩の鵜


まだまだ、余裕~♪的感じです。

これから寒くて荒々しくなる日本海。そんな中でも平然と活動する、
益田市の観音岩の「七羽の鵜」の姿を今年も撮影してみたいと思っています。

編集後記…益田市で見た「つき」のお話


「後の十三夜の月」全国的に話題でしたね。益田市とかその周辺で見逃した人は以下のリンクの先で拝めますよ。
⇒「後の十三夜の満月」とEXスーパームーン(縁起のいい画像つき)
⇒「後の十三夜」171年ぶりの歴史的な名月の画像

益田市の三里ヶ浜「観音岩」周辺の砂浜の変化(比較)

今回お届けするのは益田市の三里ヶ浜の「観音岩」周辺の風景。
益田十景の「三里ヶ浜」、その「観音岩」はこのサイトでは以前もご紹介したことがあるのですが、今回は少し目的が異なります。

◆砂浜が減っている!?

実は、益田市の砂浜の浸食が激しいということを確認する(このサイトの読者のかたにも体感していただく)ことが目的です。

まずは、現在の益田市の観音岩周辺の海の様子です。
(撮影は2014年9月4日 16:50ごろ)

益田市 三里ヶ浜 の観音岩周辺 平成26年9月4日

次に、今から15年以上まえ(平成10年6月以前)に撮影されたと思われる、当地の画像です。

益田市 三里ヶ浜 の観音岩周辺 平成10年以前の様子


出処:自宅にあった益田市の古い観光ガイドブック「益田(益田市観光協会)」(改訂版 平成10年6月」から資料として引用させていただきました。


2枚の画像を比較してみてください。観音岩じゃなくて「海岸線、砂浜の様子」です。

違いは歴然ですよね!?…平成10年ごろは「観音岩」まで砂浜が通じていて、歩いていけそうです。

「上の画像は、満潮の時のものじゃないか?」…実は私もそう思いました。
ですが、この日(2014年9月4日)の益田市の満潮は、7:10と21:00で、干潮は15:15と23:40だということでした。繰り返しますが今回の撮影は16:50ごろです。


◆できる限り同じ場所から撮影したかったのですが…
下の画像とできる限り同じ場所から撮影すべきと思い、画像右奥に見える大麻山など山々のシルエットを手掛かりに撮影地点を定めようと試みました。しかし、それを実現するには、(少なくとも腰までの深さのところまで)海に入らなければならないことがわかり、断念しました。(今回でも、靴はビショビショになりました)

実際、今回の撮影場所のすぐそばの海岸線には防波堤が施されています。

益田市 三里ヶ浜 の観音岩周辺と防波堤 平成26年9月



◆浸食の件は聞いていましたが…
益田市の砂浜の浸食については話には聞いていました。
ですが今回、三里ヶ浜の魅力であったはずの、美しい白い砂浜が、予想以上に浸食されていることがリアルに確認できました。かなりショックでした。…いったい原因は何なのでしょうか?

MAP・場所:益田市の観音岩


益田十景「三里ヶ浜」観音岩にアノ鳥が(島根県 益田市)

久しぶりに「益田十景」に関する投稿となりました。
益田十景…今回は「三里ヶ浜」。
「三里ヶ浜」とは(おそらく)持石海岸も含めた三里というか…長く美しい浜の意味だとおもわれます。


「三里ヶ浜」の風景で、象徴的なものといえば、「観音岩」
益田市に臨む日本海の自然が作った…天然のオブジェともいえます。
(益田市の観光パンフレット、や益田市の写真好きの、登竜門的撮影対象♪ですね)

さて、今回、私が、気まぐれ的に益田十景「三里ヶ浜」の風景を投稿した理由ですが…

観音岩のてっぺんにアノ鳥が鎮座されておったことに偶然気づいたためであります。

益田市 観音岩 


その鳥とは…「ミサゴ(鶚)」

益田市で観ることができる「鳥類」の中で、
最も美しい「飛翔の姿」。最も力強い「狩猟の技」とを併せ持った(私にとって)「憧れの鳥」でございます。

益田市民で自然に興味がある人ならば、観音岩と鳥といえば…「鵜」ですよネ。

事実、現在「観音岩」にまるで(緑の)毛が生えたように植物が育っているのですが…
その大元は、観音岩に屯する「鵜」のフンが基盤となっています。

しかしながら、今日(2014年7月8日)。
益田十景「三里ヶ浜」観音岩の頂点には「ミサゴ(鶚)」が鎮座。

私、国道191号線を山口県側に運転中でした…

遠くからでも、「あれ!?…ミサゴじゃ!!」とわかりました。

理由は…簡単、簡単!!

益田市 観音岩のミサゴ1


…ミサゴは腹が白いから♪

観音岩の鶚 益田市


ク~ッ!!すごくカッコいい!!って思いませんか!?

※お詫び※
最大倍率で撮影したのですが…↑の画像でした。わかりにくくてすいません。ですw

MAP・場所:益田市の観音岩