益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

見島

益田市の比礼振山(権現山)より「見島の左端の小さい島(金島)も確認」した風景

益田市の比礼振山(権現山)標高359mの山頂から「見島」はどんな感じで見えるのか?というテーマで前回投稿しました。これも益田十景の一環です。

※ご参照⇒益田市の比礼振山(権現山)山頂から「見島」の風景

デジカメの倍率をもう少しあげて「見島」を撮影したところ(この時点で益田市の市街地は撮影範囲外になりました。)※使用デジカメはNikon COOLPIX P600


左端にポツンと「粒」のようなモノが見えます。…「小島?岩?」

益田市から見島の風景

ハイハイ、分かりにくいですよね!?画像編集したのがコチラ↓

益田市から見島


益田市の比礼振山(権現山)から撮影した「見島」。その左端にポツンと小さな「島影、岩影」…わかりますか?


「わしには見えん!!」…「えっ、老眼ですか?先輩!?」…私も最近その兆候があるのでお気持ちはわかります。


では、上の画像の左端の部分を拡大しましょう♪「↓矢印つき」でw

益田市から見島そして金島の風景-crops

これなら、おわかりですか?あきらかに小さな「島影、岩影」…ありますよね!?

「google MAP」正確には「google MAPの画像版」の力を借りて、この場所をみてみると…


ほんとうに小さいのですが…島があるのがわかります。岩でしょうか?(岩なら結構大きな部類に属しますが…)


「google MAP」では特に「島名」とうの記載はありません。


「ならば!」と思い。見島観光協会(萩市役所見島支所内)さんに電話してみました。


「ハイ、見島観光協会です」…見島の女性の方の声が聞こえました。


益田市朗:「おいそがしいところ本当にすいません。益田市のものですが…益田市の比礼振山(権現山)山頂から「見島」を撮影したところ…見島の港の近くに小さい島のようなものが写っているのですが…この島はなんというのでしょうか?」


見島観光協会の女性:「少しお待ち下さい…」


見島観光協会の男性:「お電話かわりました。」…男の方に代わりました。

「益田市から見えるとすると、見島の左側の小さい島のコトですか?」


益田市朗:「ハイそうです!!本当に小さい芥子粒のような島なのですが…名前とかあるんでしょうか?」


見島観光協会の男性:「ハイ!それは『カナシマ』といいます。」


益田市朗:「『カナシマ』?。それはどんな字で書くんですか?」


見島観光協会の男性:「お金の「金」に島です…」


益田市朗:「金に島ですか?」


見島観光協会の男性:「ハイそうです」


さすが!見島観光協会。即答していただきました♪


いや、本当にご親切な対応をいただき…本当に、本当にありがとうございました!!

というわけで、この島は「金島(カナシマ)」と呼ばれているそうです。


今回の投稿の締めとして…

益田市の比礼振山(権現山)から「見島」を撮影するとその左端にポツンと小さな「島影」…「金島(カナシマ)」が確認できることもある!!


という内容でした♪
【撮影日は2015年2月1日】

益田市から見島で見えた白い丸い構造物の風景…画像処理編

前回の投稿。益田市のスカイグリーンロードの峠付近から山口県萩市の見島が見えた・・・というもの。
実は…その画像に白い丸い(球体?)」物体が写りこんでいることを発見したわけです。ですが、前回の投稿では(おそらく)ハッキリ認識できなかった方も多かったはず。…とてもぼんやりしていてわかりにくかったですネ。


そこで、今回は、前回投稿の画像をオートコントラスト(高)で画像処理をしてみました。(元画像は、記事後半に掲載しておきます)

まずは、1枚目…前回より少し遠目で撮影した見島の画像(処理済み)

益田市から見島が見えた。オートコントラストac


おお、益田市から見た見島。かなり島影がはっきりしています。(我ながらというか…画像処理ソフトって凄い!!)

で、気になる、見島の白く丸い物体の位置を矢印で示します。

益田市から見島が見えた。オートコントラストac説明1

白い粒です。…やはり、まだ、はっきりわかりませんか?(ちなみに画像中央右、海面上に見える「白い物」2つは2隻の漁船です。)


では、今回の撮影で用いたニコンCOOLPIX‐P510最高倍率(×42)で撮影したものをオートコントラスト(高)で画像処理してみました。

益田市から見島が見えた。オートコントラストacac

今度ははっきり見えますよね「白くて丸い球体」

念のため「赤〇で囲いつつ矢印」つけておきます。

益田市から見島が見えた。オートコントラストac説明

この白く丸い物体(球体)の正体についてですが、

この場所を、googleMAPでしらべてみると、見島の「いくらげ山(標高182m)」の山頂付近であることがわかりました。
そこには、見島分屯基地(航空自衛隊春日基地の分屯基地)があります。
そして「今回の丸状、球状に見えるものは何だろう?」と思って調べてみると…どうやら、レーダーサイトのようです。対空警戒用レーダー(3次元レーダー)でしょう(白い部分はレーダードーム…レーダー本体のカバー部分)。…我が日本国を守ってくれている「目」だったわけです。


元画像を以下に並べて掲載しておきます。

益田市から見島が見えた。元画像1


益田市から見島が見えた。元画像2


益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景

益田市から山口県萩市の「見島」を撮影できるスポット。

今回は新たなスポット…スカイグリーンロードの峠から。(この場所は益田市役所HPの文化財課さんの投稿で知りました)

では早速、益田市の新たな「見島」撮影スポットからの画像です。(撮影日は2014年12月19日12:00ごろ)

見島の風景 益田市スカイグリーンロードより

この場所(スカイグリーンロードの峠)から「見島」の位置を知るための参照として、「三生島」(画像中央左の三角形の岩島)をいれて撮影しました。
はっきりとは見えないと思いますので、画像処理(コントラスト高)した画像がコチラ↓

三生島と見島 益田市

いかがでしょうか?「見島」の島影が多少ハッキリしていますよね。

今回もニコンCOOLPIX‐P510で撮影したのですが、倍率を上げて撮影し、自宅のPCで画像を確認したところ、「見島」の山の上に白い丸い物体が確認できました。

益田市から見た見島の風景に白い球体

「見島の島影はなんとなくわかる。じゃが、白い球体はようわからん!!」
あっ、この画像では、はっきりわかりませんね。この位置です。

益田市から見た見島の風景に白い球体 説明

どうでしょうか?白く丸い物体(構造物?)があるのですが…

「いやっ!わしには分からん、見えんぞ!!」

・・・そうですか(汗)

実は、画像処理をすると、もっとわかりやすくなりました。


ということで、

次回は「益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景…画像処理編」です。


冬の日本海の荒波に南の疾風で波頭に水煙があがる風景(益田市 三里ヶ浜)

12月19日(2014年)の益田市は久しぶりに青空となりました。
最近、寒い日が続いていたせいでしょうか、とても暖かく感じました。

西側の空も青空が広がっていたので、(最近多いのですが)「よし今日はお昼に、益田市の三里ヶ浜からの冬の日本海の風景でも取りに行こう!」と出発。

今回は、趣向をかえて、高い位置から冬の日本海を撮影してみることに…。

運が良かったのでしょうか?初めて見る日本海の荒波の風景です。

波頭に水煙 益田市の風景

荒波の波頭の部分に(波の進行方向とは反対に)水煙があがっています。
(ちょっと電柱が邪魔に感じたので・・・波の部分を拡大(トリミング)してみました↓)

波頭に水煙 益田市の風景T


この日は、北側からの荒波に対し、珍しく南風…荒波からしてみれば、かなり強い向かい風。

波頭に水煙 益田市の風景2

こんな光景は初めてでした。凄いですね!!(まぁ撮影した場所も良かったのでしょうが…)

で、帰ってから気づいたのですが…見島(山口県萩市)が写っていました♪

波頭に水煙 益田市 三里ヶ浜の風景


場所は、画像の右上に見える三角形の島「三生島」の右です。

(実は今回の、どの画像にも写っているのですが)分かりにくいと思いましたので、

上の画像を(画像処理ソフトで)のコントラストを高めてみました。(この方法最近気づきました♪)

益田市沖から見島の風景


どうですか?「見島」見えましたか?

次回は、今回の画像処理の技術?を駆使して、今回(別の場所から撮影した)「見島」の画像です。
そこには、とても不思議な白く丸い物体が写っていました♪
【つづき】⇒益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景

益田市から11月「浮き見島」の風景を見た

益田市からの日本海の風景…最近凝っているのが「見島(山口県萩市)」を撮影する事。「文化の日」の今日もチャレンジしてみました。

撮影場所は、以前にも撮影投稿した地点:益田市喜阿弥町で国道191号線で小高くなってるところです。
ご参照⇒益田市から「見島」を撮影したら…浮いていた(浮島現象)
ご参照⇒益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)

益田市のこの場所から「見島」は一体どこに見えるのか…


まずは、この地点からの全体風景。時刻は夕方17:30過ぎ。画像右の海上、三角形の小島(岩)は「三生島」。左は「鑪崎」です。

益田市から見島が見える

この風景のどこら辺に「見島」が見えるのかというと…

11月益田市からの浮 見島


青い丸で囲まれたところです。

今回も残念ながら肉眼では「見島」を確認できませんでした。というわけで、最高倍率…ズームアップMAXで撮影してみました。

益田市から見えた「浮き見島」


3


毎度、毎度わかりにくい画像でスイマセン。(モニターの角度を調整するか、ご自身のモニターを見る角度を調整してくださいまし)

わかりにくい「見島」の画像ですが…今回は、ほぼ完全に「浮いて見えました」…浮島現象(蜃気楼)です。記事タイトルの「11月の浮き見島」の由縁です。

今回も良い画像を提供できなかったので、おまけ(お詫び)風景画像3点掲載しておきます。

1.益田市の11月の夕焼けの風景


益田市 11月の夕焼けの風景


画像右奥の山は、須佐町の高山です。益田市の三里ヶ浜からでは10月(もしかしたら9月)ごろから、夕日は山に沈みます。春はいつごろから海に沈む夕日風景が見れるのか不明です。(来年は検証しましょう♪)

2.偶然とれた、海鳥の群れの風景


益田市沖の海鳥の群れ

3.益田市の11月の観音岩と日本海の風景


益田市の観音岩の風景11月


ありゃま…益田市の観音岩が手前の枯れ木の先にささっていて…まるで「モズの早贄(はやにえ)」的になってしまいました。

編集後記

今日の日本海は随分荒れ模様でしたネ。

益田市からの風景…だんだん寒々しい雰囲気となる時期になりました。
ただ、私は思うのですが、益田市からの日本海の風景は…「冬」。肌を切るような冷たくて強い北風。怒涛の荒波と轟音の海鳴り。波の音。…未熟な己に傲慢さを感じたら…それは即、自己の修練のためのパワースポット。今年も、私、冬の益田市沖の日本海の怒涛の荒波。「眺めるだけ」で己の精神の修行・修練が可能です。他者の説教とか教訓などは不要!…楽しみにしています。

益田市から「見島」を撮影したら…浮いていた(浮島現象)

益田市から見島(山口県萩市)が見えた


「益田市から見島(山口県萩市)は見えるか?」というテーマで、暇なときには、益田市の海岸を訪れています。
本日(2014年10月18日)…第7回萩・石見空港マラソン全国大会のコース確認のため国道191号線、益田市喜阿弥町あたりを走行中、はじめてそれ(見島)らしき島影を確認しました。

撮影場所は以前「益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)」での撮影地点から国道191号線沿いに少し上ったところです。
※参照⇒「益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)」

この場所から「見島」が見えることは、地元、益田市役所ホームページ内で文化財課さんのページで偶然、知りました。


今回、私が撮影した「見島」の画像は、海上の視界が悪かったため、わかりずらいですね。スイマセン…

見島 山口県 萩市 益田市より2


見島 山口県 萩市 益田市より


かなり「薄い色で空気の層」のような島影です。2番目の画像をよくみると、見島の左端に「浮島現象(蜃気楼の一種)」が確認できます。今回は、浮島だけだけでなく、見島の山の部分にも突起のような形状の「山の蜃気楼」も確認できます。(デジカメ(COOLPIX P510 Nikon )最高倍率で撮影)

次回はもっとクリアな「益田市から見える見島の画像」をお届けしますネ♪

私が初めて益田市内から見島(山口県萩市)を確認したのは、人形峠の「駕篭立て」からでした。

※参照⇒益田市から見島が見えることもある(人形峠 駕篭立てより)


ちなみに、同じ場所から浜田市の鹿島・馬島・生湯町の風力発電風車あたりを撮影してみましたら…こちらは、もっとはっきり…「浮島現象」してました。

浜田市 鹿島 馬島 生湯町 風力発電風車


編集後記:見えると思ったら見える!「見島」

これまで、益田市から山口県萩市「見島」は本当に見えるのか?という疑問を持っていましたが、
益田市の人形峠の「駕篭立て」より初めて「見島」を確認し、
今回は、益田市役所の文化財課さんページを見て、喜阿弥町からも見える事を知り、
「見えるはずだ!」という思いで眺めると「見島」の姿を肉眼でも確認することができました。…人間の意思・意識というのは面白いものです。

益田市から見島が見えることもある(人形峠 駕篭立てより)

益田市からの望遠の風景


益田市からどこまで遠くが見えるのか?についての検証シリーズ。
天気が良くて視界(見通し)が良ければという前提条件で、益田市内から遠くの風景を楽しんでいます。今回はその3回目。

益田市から「見島」が見えたぁ♪


益田市から「見島」が見えた…その撮影場所は(前回同様)益田市の人形峠(正確には「駕篭立て」と呼ばれる場所)です。

鑪崎のくびれ 見島

※撮影日:2014年9月13日午前11時ごろ

「見島」は、これまで、萩に向かう海岸線の道から、あるいは萩市須佐町の高山の山頂から確認(見えた)事はありました。ちなみに「見島」が確認できた益田市に最も近い場所は、島根県と山口県の県境付近の「やすらぎの森宇生」の林道からでした。ですので「(当然)益田市からも見島が見えるはず…」と思って、かれこれ5年になりますが、これまで益田市内からは一度も「見島」が見えたことがありませんでした。

人形峠「駕篭立て」から、どの方向に「見島」は見えるのか!?


「いったい人形峠(駕篭立て)から、どの方向に「見島」は見えるのか!?」と思う方もいるでしょう。なんと!!それは「鑪崎(たたらざき)」の「くびれ」…窪んでいるところなんです。その「くびれ」の先に「見島」の姿(一部)が見れたのです。(それにしても、すごく特殊な場所(位置関係)です。

益田市 鑪崎


※視力が低い私にとって、今回の見島の確認はまさに偶然、奇跡体験でした。
「くびれって、どこ?」…ハイハイ〇赤丸と説明つけました↓

鑪崎のくびれ 


※益田市から「見島」が見えるのか?…信頼できる情報筋によると、「益田市の益田地区広域クリーンセンター付近から見えたョ」ということを聞きました。益田地区広域クリーンセンターはかなり高い位置にありますので、今回のような「見島の一部ではなく、もっと大きく見える。」とのことでした。

MAP・場所:鑪崎と人形峠の位置関係



MAP・場所:見島(山口県萩市)



山口県の沖の見島は萩市沖北北西約45km、面積は7.73k㎡の島です。かつては益田氏の領地であったということを聞いたことがあります。私にとって、一度は行ってみたい所の一つ「見島」 。「見島」から中国地方・中国山脈(見れるというので)の画像投稿してみたいものです♪
編集後記

あくまで個人的な驚きと感動でお届けした「益田市からあんな遠い所が見えるんだ…♪」という望遠風景シリーズ。今回はその3回目で…とりあえず最終回。皆さんはいかがでしたでしょうか?

これまで2か所の望遠風景シリーズはコチラ↓
⇒益田市の人形峠から比礼振山を見るとあの山(臥龍山)が見える時もある
⇒益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)

※参照⇒鑪崎「神代の肌hornfels」 (人形峠からの日本海)