益田市の三里ヶ浜(持石海岸も含む)沖には2種類の名物風景があります。

「だるま夕日」と「浮島現象」です。

数年前の益田市では、この2つの自然現象は「大変珍しい!!」といわれていたようですが、(私のようなものでも、高倍率のデジカメを持てるようになってからは…)結構頻繁に確認できる自然現象の風景なので…

今や益田市の「名物風景」といっていいのじゃないかと思っています。


早速ですが益田市で今回撮影した浮島現象蜃気楼の風景画像です。

益田市 浮島の風景


肉眼では、こんな感じに見えました↑地元で何度も見ている風景なので、「浮島現象」がおこったときには、「おっつ、今日は浮いとるぞ!」とその変化に気づきます。…ですが、この↑画像では、ちょっと不親切wなので、
初めての人向けに、もう少し倍率をあげて撮影してみました。

日本海 の風景 蜃気楼浮島 益田市

えっ!?まだ分かりにくいですか?…では、最高倍率での蜃気楼浮島の画像です↓。

益田市浮島現象の風景

ギリギリ浮いているかどうか…という浮島レベルはありますが、
見方によっては、日本海上の小さな島々が、コロコロした動物のように、今にでも動き出しそうな感じです。

撮影場所は、益田市の持石海岸
持石海岸(益田市の風景)の今…海岸浸食で凄い事になっていた

対象となる場所は左端が鑪崎で、山口県の萩市須佐町沖の小さな島々です。(実際には、鑪崎よりもっと先、遠い場所に、これら島々はあります)

鑪崎「神代の肌hornfels」 (人形峠からの日本海(益田市 飯浦町))

実は「だるま夕日」も「浮島現象」も下位蜃気楼(かいしんきろう)なので、益田市で「浮島現象」が見られるときには、通常「だるま夕日」が撮影できる確率が高くなるのですが…
残念ながら、11月では、益田市の三里ヶ浜、持石海岸では太陽は日本海の水平線上には沈みません。

「だるま夕日 山陰」風景画像コレクション(益田市三里ヶ浜)

次回は「だるま夕日」「浮島」のセットでとれるよう頑張りますネ。来年になりますけど(笑)