益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

益田氏

益田市の染羽天石勝神社本殿「蟇股」考。久々の発見「久文字」

今回も益田市の染羽天石勝神社(式内社)その本殿(国指定重要文化財)に関する話題です。

今回は、染羽天石勝神社本殿「蟇股(かえるまた)」について。


「え?蟇股(かえるまた)?何それ?」って人も多分多いでしょう。


「蟇股」は神社建築様式の細部における名称の一つです。


早速、実際に染羽天石勝神社本殿の「蟇股」を見てみましょう。

本殿正面の画像です。

染羽天石勝神社本殿


で、こういった形状の部分が「蟇股」とよばれる部分です。染羽天石勝神社の本殿正面部には手前と奥に計6つの蟇股が施されています。(最初の画像をご参照ください)

蟇股 中央 染羽天石勝神社本殿


「なぜ、蟇股というんじゃ?」という人もいるでしょうが、それは後で説明します。


実は、今回、益田市の染羽天石勝神社本殿の正面奥の「蟇股」である発見をしました♪


久々の発見です!!早速どうぞ!

蟇股 中央奥に久 染羽天石勝神社本殿


わかりますか?
何かの花が咲いている木の中央部に「朱色で」の字が忍ばされているではありませんか?

念のためちょっと目立つように画像加工しました。

蟇股 中央奥に久ss 染羽天石勝神社本殿


益田市の歴史にかかわる「久」の字の意味、わかりますか?
益田市民や益田市ご出身の方ならわかりますよネ!!


ヒントはこの家紋↓です。(画像は染羽天石勝神社の拝殿(神楽殿)の屋根の頂部)

上り藤に久s


上ぼり藤に久」の家紋です。
益田氏の家紋ですネ。また、益田氏の旗紋は「久文字」と称されたように
「久」は益田氏のシンボル的な文字なんです。


ちなみに、本殿正面奥の三つの蟇股はすべて同じデザイン
すべて中央部に「久」の字が忍ばされています。

染羽天石勝神社本殿を撮影した日、(今回の投稿2番目の画像にあたりますが)正面手前の中央の蟇股のデザインは何だろう?と悩んでいた際、偶然発見しました。(正面手前の中央の蟇股のデザインについては今も不明です…)

ご神職様も「(「久」の字、初めて気づいた!!」といっておられました♪


さて、話は「蟇股(かえるまた)」に、またかえりませうw

蟇股とは大蛙(おおがえる)が股を広げて、とび立つ直前の姿勢から名付けられたそうです。
もともと、上部の荷重を支える構造材ですがだんだん飾り的なものになっていったといいます。
特に、室町時代になると、蟇股の内部彫刻が発達し多様化したということです。

(参照…寺院・神社・住宅の見学必携〔総合編〕著者:下村健治 平成10年10月 株式会社 コロナ社)

では、(この際ですので)益田市の染羽天石勝神社の本殿すべての蟇股をご覧いただきましょう。

まずは本殿正面中央

蟇股fc染羽天石勝神社本殿正面中央

本殿正面(向かって)左
蟇股fl染羽天石勝神社本殿正面左

本殿正面(向かって)右
蟇股fr染羽天石勝神社本殿正面右

本殿正面の左右の蟇股のデザインは同じようです。(破損がいくつか見られます)

次に、本殿側面(向かって左側面)…まずは左側面全体のお姿
染羽天石勝神社本殿側面左

身舎(おも)の壁に2つ(2種)の蟇股が施されています。
染羽天石勝神社本殿側面s

向かって左の蟇股…植物の葉、笹でしょうか?
蟇股sl染羽天石勝神社本殿側面

想像ですが、男爵益田氏の家紋が「九枚笹」と聞きますので「笹」も益田氏にゆかりがあるものかもしれませんネ。

最後に向かって右の蟇股…ことらには魚の姿2匹、鮎でしょうか?
蟇股sr染羽天石勝神社本殿側面
鮎の遡上の様子にも見えませんか!?
激しい流れに逆らって川をのぼっていく鮎は「逞しく生きる」という面で、シンボリックな存在だったのかもしれません。
また「鮎の遡上が多い年は秋の収穫も豊作になる」という話もあるようですので…
この魚、鮎だったらいいなぁ♪

※今回は本殿背面(後ろ面)と右側面は確認していません(おそらく右側面は左側と同じ様子だと思います。)

益田越中守兼堯(益田兼堯)の銅像の視線(益田市七尾町)

今回は「益田兼堯(ますだ かねたか)」の話題。

益田市で益田兼堯といえば、すぐに頭に浮かぶものの一つに「雪舟筆の益田兼堯像」があります。有名ですよね。
雪舟筆 益田兼堯像」は益田市の「市立 雪舟の郷記念館」に収蔵されています。

実は私、未だ鑑賞できていません。
「益田兼堯像」くらい、常時見せてくれてもいいのに…と愚痴のような事を言っていたら、
ある人が「益田兼堯の銅像ならいつでも見れるぞ!」と教えてくれました。

益田兼堯の銅像 アップ 益田市 七尾町


場所は益田市七尾町の妙義寺の(道をはさんで)正面におられました。

益田兼堯の銅像 益田市 七尾町


この益田兼堯像…何処を見つめ何を思っておられるのでしょうか?

正面から見ると台座には益田越中守兼堯公像と記されています。

益田兼堯の銅像 正面


越中守」とはどのような意味を示すのでしょうか?…役職名の類でしょうか…結構調べたんですが未だにスッキリ解明できていません。

また、この像の横には、益田兼堯に関する益田市観光協会による説明文があります。

益田兼堯 説明


内容については改めてページを作る予定です。
今回は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用です。

益田 兼堯(ますだ かねたか、? - 文明17年(1485年))。は、室町時代後期の人物。石見の国人領主益田氏当主で第15代益田城城主。益田兼理の子。益田常兼の弟。益田貞兼、女子(陶弘護妻)の父。越中守

益田兼堯 銅像 遠景永享3年(1431年)、父と兄が大内盛見に従い九州の少弐氏、大友氏と戦い、盛見と共に戦死したため家督を継いだ。以来、益田氏の当主を長期にわたって務め、大内氏のみならず幕府とも直接、誼を通じ、それぞれの戦いで着実に戦功を積み勢力を拡大させた。応仁の乱の際は大内氏に従い西軍に属し、文明2年(1470年) 大内教幸(道頓)の反乱の際には、女婿の弘護を支援し石見の有力国人の吉見信頼らを制圧した。その一方で、東軍の細川氏とも通じていたとされる。晩年は子の貞兼に家督を譲って隠居した。

雪舟と親交があったと伝えられており、彼が描いた兼堯像は国の重要文化財に指定されている。
【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用】

この内容だけからも、「益田兼堯」にはいろいろ興味が湧くものがあります。

古矢遺跡 岩肌に刻まれた深いメッセージ(益田市 豊川地区)

益田市の益田地区広域クリーンセンターから、益田市の豊川方面に向かう坂を下る途中、進行方向左側に「小さな史跡案内板」があります。


その案内板には「古矢遺跡 この先500m→」と

「おっ!こんなところに遺跡が!?…古矢遺跡ってなんだ!?」


昼間でも薄暗い林の中を「古矢遺跡」案内板にしたがってひとり進むこと
約15分弱…(正直言って…周りの雰囲気とハミ(蝮)がいるのでは?怖かった)


これが古矢遺跡の全体像です。

古矢遺跡 益田市 豊川地区


(あとの資料にもありますが)この岩肌、畳3枚分の面積はありました。

画像では(残念ながら)ただの岩肌しか見えませんが、

古矢遺跡現地では、筆跡は極めて豊かで美しい文字のメッセージが彫りこまれていました。


先の世に
夢の深山乃岩の影
われたる後に逢ふ事もあれ


そばに設置されていた遺跡案内板

古矢遺跡 説明看板


(この案内板に書かれていたこと)


古矢遺跡

この遺跡の由来について、古くから地元の古老たちは、
その昔この地に移り住んだ平家の落武者があり、
今の一の谷から六の谷でしばらく生活していたが、
この地を去るにあたり、
大きい岩の平らな三畳分ぐらいの平らな岩肌に
矢をもって歌を彫刻したという。

先の世に
夢の深山乃岩の影
われたる後に逢ふ事もあれ

故に昔からこの地を古矢遺跡という。

彫り方は、点と線で幼稚であるが、筆跡は極めて豊かである。


この西谷川に沿って中世から西谷街道があり、
桜谷から益田に近く、多田、左ケ山、横田など長野荘へ通ずる主要道路であった。


近くに「鑢床」という野鑢跡が土地台帳に二か所ある。
戦いにあけくれた益田氏を支えた職人集団(鑢師、鍛冶師)が多く住んでいたといわれる。


この下流域の西谷口に益田氏が百七十五年にわたって在住した益田家居館あとがある。


平成四年十一月吉日
ふる里おこし推進協議会


先の世に
夢の深山乃岩の影
われたる後に逢ふ事もあれ

深山
は「みやま」とよむと語呂がいいですね。「みやま」の解釈、「われたる」の解釈を展開すれば…何か凄い言葉のカラクリがあるようです。

益田の先人のメッセージですが…現代の市民の方々、御解釈チャンレンジしてみてくださいまし。

【画像撮影日:2009年9月】

四つ山(よつやま)展望(益田市 仙道)

四つ山(よつやま)は益田市の仙道にあります。
山の大きさとしては標高200m程度ということでさほどの高さではありません。

四つ山 益田市 仙道


その名「四つ山(よつやま)」のとおり、仲良く四つ同じような高さの山が並んで見えます。

上の画像は県道309号沿いで見つけた「四つ山展望所」から撮ったものです。

四つ山展望所


車で「四つ山」を鑑賞するならこの「四つ山展望所」が一番かと(駐車スペースも確保できますし)
※案内看板を見てみましょう。

四つ山展望所 看板


白い南天の伝説」…面白そうですね。


「島根県の公式サイト」でも益田市の「四つ山」情報探してみたところ。


「みんなで作る身近な自然観察路」の中に「四つ山探勝路」というコンテンツがありました。


この山は、鎌倉時代中期に益田氏によって築かれた山城といわれ、東の尾根筋に接した一の岳を主郭として、西に二の岳、三の岳、四の岳にそれぞれ砦が築かれた郭跡が見られる。どの山も岩山で急峻な地形と崩れやすい地質のため、当時の戦いにおいては攻めにくい要害強固な山城であったと想像される。この城の城主には、益田兼弘、三隅氏の臣である須懸氏が伝えられる。

※島根県庁公式サイトの「みんなで作る身近な自然観察路」内「四つ山探勝路」より引用)

四つ山の頂上に一つづつ砦(とりで)があったのか
夜にこの4つの頂から「かがり火」が煌々と…想像するだけで堅牢な要塞的なムード

最後に、場所を変えて別角度から一枚(地元の農道より)

四つ山 農道より


四つの山が、本当にきちんと仲良く横一線に並んでいるのがよくわかりますね。


【画像撮影は2008年12月】

MAP・場所:四つ山(益田市仙道)