益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

益田市三里ヶ浜

益田市沖に高速の船…その「高速旋回」の驚愕の風景

前回の続き)今年(2015年)1月4日の午後4時ごろ、益田市沖を航行中の海上保安庁の高速特殊警備船(おそらく、浜田海上保安部の「巡視船あさま」)の画像から…。【撮影場所は益田市の三里ヶ浜ビーチハウスの駐車場より】

益田市沖の日本海、水平線上で、とてつもなく高速で航行する姿…
最初は、ダズル迷彩?とかボロジノ級戦艦「石見」?いろいろな(妄想的)疑問が…
「結局なんなん?この船?」と好奇心をいっぱいで、NikonのCOOLPIX P600(バリアングル)液晶モニターを眺め(時々撮影…)ていました。

一番驚いたのは…「旋回スピード」


1月4日の夕刻、偶然、目にしたこの船。一番驚いたのは…「旋回スピード」

早速、ですが、4コマでご紹介します。

海上保安庁浜田海上保安部「巡視船あさま」益田市沖の風景1


海上保安庁浜田海上保安部「巡視船あさま」益田市沖の風景2


取舵…はじめたと思ったら…なんと10数秒ほどで

海上保安庁浜田海上保安部「巡視船あさま」益田市沖の風景3


そしてさらに10数秒後には

海上保安庁浜田海上保安部「巡視船あさま」益田市沖の風景4


船影の「大きさ」ほとんど変わりませんよね…一般的な船でいう「旋回半径」というものがかなり小さいことがわかると思います。

今回、目撃した旋回時間はそれぞれの「画像プロパティ」で秒単位で確認できますので、
1枚目の画像から最後(4枚目)の画像までの経過時間(秒)は把握できていますが…(あえて保安上記載しません。)


とにかく…「理解不能!!」


当初、益田市沖で見た船の、この「高速旋回」の光景を見た時には、私、マジで「この世の船ではない!!」と感じ…とにもかくにも「理解不能!!」の精神状態でした。

だから、この船は益田市沖で、例えば「大渦」に巻き込まれているのではないか?
という(とんでも)推理(妄想)をしていました(汗)


ウォータージェット推進による「その場旋回」


この日、自宅に戻り、この船の艦影から浜田海上保安部所属の「巡視船あさま」ではないか?と推測しました。その後、ウォータージェット推進(ハイドロジェット推進、ポンプジェット推進ともいうそうです)の仕組みを知り、そして「その場旋回」という制動法を知りました。

世の中には、超絶技術というものがあるもんだなぁ…しかも、その実践を益田市の日本海沖で観れるなんて…

冬の日本海の荒波に南の疾風で波頭に水煙があがる風景(益田市 三里ヶ浜)

12月19日(2014年)の益田市は久しぶりに青空となりました。
最近、寒い日が続いていたせいでしょうか、とても暖かく感じました。

西側の空も青空が広がっていたので、(最近多いのですが)「よし今日はお昼に、益田市の三里ヶ浜からの冬の日本海の風景でも取りに行こう!」と出発。

今回は、趣向をかえて、高い位置から冬の日本海を撮影してみることに…。

運が良かったのでしょうか?初めて見る日本海の荒波の風景です。

波頭に水煙 益田市の風景

荒波の波頭の部分に(波の進行方向とは反対に)水煙があがっています。
(ちょっと電柱が邪魔に感じたので・・・波の部分を拡大(トリミング)してみました↓)

波頭に水煙 益田市の風景T


この日は、北側からの荒波に対し、珍しく南風…荒波からしてみれば、かなり強い向かい風。

波頭に水煙 益田市の風景2

こんな光景は初めてでした。凄いですね!!(まぁ撮影した場所も良かったのでしょうが…)

で、帰ってから気づいたのですが…見島(山口県萩市)が写っていました♪

波頭に水煙 益田市 三里ヶ浜の風景


場所は、画像の右上に見える三角形の島「三生島」の右です。

(実は今回の、どの画像にも写っているのですが)分かりにくいと思いましたので、

上の画像を(画像処理ソフトで)のコントラストを高めてみました。(この方法最近気づきました♪)

益田市沖から見島の風景


どうですか?「見島」見えましたか?

次回は、今回の画像処理の技術?を駆使して、今回(別の場所から撮影した)「見島」の画像です。
そこには、とても不思議な白く丸い物体が写っていました♪
【つづき】⇒益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景

益田市の冬の日本海 三名岩(観音岩、猫島、宮ヶ島)の風景

ここ数日、益田市の天候は雪は降らないものの、気温は低く、日本海からの強風の日々が続いています。当然、益田市の沖は時化(しけ)の状態で、冬の日本海の様子を撮影するには絶好の日々となっています。(撮影条件はかなり厳しいです)

今回は益田十景の一つである「三里ヶ浜」から望む、三名岩(観音岩、猫島、宮ヶ島)と日本海の荒波・千波の風景です。

益田市の風景 観音岩、猫島、宮ヶ島


静止画像では伝わらないと思いますが、デジカメのモニターを見つめていると、青白いシャーベットのような海面の千波は、戸田町や小浜町の海岸に向かってまるで川のように流れて見えます。


益田市「三里ヶ浜」の三名岩…上の画像を使って説明しておきましょう。手前から「観音岩」「猫島」「宮ヶ島」

益田市の風景 観音岩、猫島、宮ヶ島 説明

「観音岩」の頭の部分見える黒いブツブツは「海鵜(うみう)」たちです。寒いし、波は荒く、怒涛の音は激しい中で平然としている「海鵜」の態度にはいつも敬服していますw。

ちなみに「観音岩」に見える白いものは、雪とか氷ではなくて…「海鵜」たちのフンです。

猫島には、強烈な波がぶち当たっているのが見えますネ。

一番奥の「宮ヶ島」…恵比寿神社(衣毘須神社)の赤瓦の屋根がぼんやり確認できます。

三名岩(観音岩、猫島、宮ヶ島)…関連情報は以下のリンク先にあります。

観音岩
⇒益田市の観音岩の景観に「7羽の鵜がやって来た」風景
⇒益田十景「三里ヶ浜」観音岩にアノ鳥が(島根県 益田市)

猫島
⇒猫島の不思議な看板『「朝明けの潮」と猫島』益田市の小浜海岸風景

宮ヶ島
⇒恵比寿神社(衣毘須神社)がある小浜海岸の宮ヶ島

益田市からの日本海の冬の荒波の風景シリーズ…この時期当分続きそうです。