益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

益田市から見島

益田市の比礼振山(権現山)より「見島の左端の小さい島(金島)も確認」した風景

益田市の比礼振山(権現山)標高359mの山頂から「見島」はどんな感じで見えるのか?というテーマで前回投稿しました。これも益田十景の一環です。

※ご参照⇒益田市の比礼振山(権現山)山頂から「見島」の風景

デジカメの倍率をもう少しあげて「見島」を撮影したところ(この時点で益田市の市街地は撮影範囲外になりました。)※使用デジカメはNikon COOLPIX P600


左端にポツンと「粒」のようなモノが見えます。…「小島?岩?」

益田市から見島の風景

ハイハイ、分かりにくいですよね!?画像編集したのがコチラ↓

益田市から見島


益田市の比礼振山(権現山)から撮影した「見島」。その左端にポツンと小さな「島影、岩影」…わかりますか?


「わしには見えん!!」…「えっ、老眼ですか?先輩!?」…私も最近その兆候があるのでお気持ちはわかります。


では、上の画像の左端の部分を拡大しましょう♪「↓矢印つき」でw

益田市から見島そして金島の風景-crops

これなら、おわかりですか?あきらかに小さな「島影、岩影」…ありますよね!?

「google MAP」正確には「google MAPの画像版」の力を借りて、この場所をみてみると…


ほんとうに小さいのですが…島があるのがわかります。岩でしょうか?(岩なら結構大きな部類に属しますが…)


「google MAP」では特に「島名」とうの記載はありません。


「ならば!」と思い。見島観光協会(萩市役所見島支所内)さんに電話してみました。


「ハイ、見島観光協会です」…見島の女性の方の声が聞こえました。


益田市朗:「おいそがしいところ本当にすいません。益田市のものですが…益田市の比礼振山(権現山)山頂から「見島」を撮影したところ…見島の港の近くに小さい島のようなものが写っているのですが…この島はなんというのでしょうか?」


見島観光協会の女性:「少しお待ち下さい…」


見島観光協会の男性:「お電話かわりました。」…男の方に代わりました。

「益田市から見えるとすると、見島の左側の小さい島のコトですか?」


益田市朗:「ハイそうです!!本当に小さい芥子粒のような島なのですが…名前とかあるんでしょうか?」


見島観光協会の男性:「ハイ!それは『カナシマ』といいます。」


益田市朗:「『カナシマ』?。それはどんな字で書くんですか?」


見島観光協会の男性:「お金の「金」に島です…」


益田市朗:「金に島ですか?」


見島観光協会の男性:「ハイそうです」


さすが!見島観光協会。即答していただきました♪


いや、本当にご親切な対応をいただき…本当に、本当にありがとうございました!!

というわけで、この島は「金島(カナシマ)」と呼ばれているそうです。


今回の投稿の締めとして…

益田市の比礼振山(権現山)から「見島」を撮影するとその左端にポツンと小さな「島影」…「金島(カナシマ)」が確認できることもある!!


という内容でした♪
【撮影日は2015年2月1日】

益田市の比礼振山(権現山)山頂から「見島」の風景

益田市の比礼振山(権現山)標高359mの山頂からは「見島」はどんな風景となるのか?

積年の思いがついにかないました♪

2015年2月1日、比礼振山(権現山)山頂から見島(山口県萩市)を確認することができました。

益田十景のひとつ「比礼振山から(の風景)」の魅力に新たなものが加わったっていってもいいんじゃないでしょうか?。

しかも、これまで、益田市内から「見島」を確認できた場所としては一番遠いところになります。
ちなみに、益田市の比礼振山(権現山)山頂から見島までは(Yahooの地図で確認したところ)直線距離で約70Kmあります。


にもかかわらず、これまでで一番よい画像。しかも見島の端から端まできちんと撮影することができました。


早速ですが、2015年2月1日、比礼振山(権現山)山頂から見えた見島の画像。
※使用したデジカメはNikon COOLPIX P600

益田市比礼振山(権現山)から見島の風景


「う~ん…ハッキリせんのう!?」という方もおられるでしょうから、

画像編集してみました。これ↓ならどうですか?

益田市比礼振山(権現山)から見島の風景s


益田市の市街地…高津の「ゆめタウン」の上に別の世界があるように見えませんか?


この日は運よく、既に、(比礼振山(権現山)中腹にある)益田市の佐毘売山神社(式内社)から「見島」の姿を確認できていましたので(見島が見えることは)ほぼ確信してはいましたが…
※参照⇒益田市の佐毘売山神社から見島(山口県萩市)が見える

こんなにもハッキリみえるのか♪と少し驚きましたw


この日の益田市の比礼振山(権現山)標高359mの山頂の様子です。

益田市比礼振山(権現山)山頂の風景


前日には雪が降ったようです。

最近の島根県はPM2.5等の影響で晴れていても見通しが悪い景色となる事が多いのですが、
前日(前夜)に雨や雪が降って、翌日晴れてくれると、今回のように比較的澄んだ風景が楽しめます。

つづく

益田市の佐毘売山神社から見島(山口県萩市)が見える

2015年2月1日、久しぶりの益田市の佐毘売山神社(式内社)。
参拝後、比礼振山(権現山)標高359mを目指すぞ!(車でw)

と、振り返って、ふと益田市沖の日本海を見れば!

「なんと!!あの島が見えているではないですか!?」

あの島とは山口県萩市の「見島」です。

益田市役所のホームページの「文化財課」のページから、比礼振山(権現山)の山頂から「見島」が見えるということを知ってはいましたが…

益田市の佐毘売山神社からも見えるんですよ「見島」!!

益田市の佐毘売山神社から見島ss


↑赤い丸で囲ったところですが…えっ、分かりずらい?…ハイ、もう少し倍率を上げてみましょう。

益田市の佐毘売山神社から見島1s

電線が思いっきりかぶっていますネ(汗)。右下に益田市の「ゆめタウン」のイズミさんとジュンテンドーさんが見えます。

※尚、上の2枚の画像はいずれも、(画像)編集(色合いとコントラスト)しています。

※デジカメはNikon COOLPIX P600

佐毘売山神社のおススメの撮影スポットはココ↓

益田市の佐毘売山神社から見島2


この先の日本海海上に見島(赤丸内)が見えます。(ここなら電線が少なく、撮影には適していますよ)


益田市の佐毘売山神社の「場所」と「向き」に関する仮説


比礼振山(権現山)山頂は、周りを遮るものが無い、見晴らしが良い場所です。空気がある程度澄んでいて見通しが良ければ「見島」が見えても当然といえば当然です。

しかし、益田市の佐毘売山神社がある「山の中腹」となると、「見島」が見える場所はかなり限られてきます。


益田市の佐毘売山神社の「場所」と「向き」は「見島」の位置を考慮したのでは!?


という仮説的(空想)がわき起こってきました♪


佐毘売山神社(式内社)益田市20150201

因みに、益田市の佐毘売山神社は万治3年(1660年)…江戸時代(前期)に、この場所に遷座ということです。石見浜田藩の初代藩主、松井松平家2代「松平康映(1615~1674)」の時代です。

益田市から見島で見えた白い丸い構造物の風景…画像処理編

前回の投稿。益田市のスカイグリーンロードの峠付近から山口県萩市の見島が見えた・・・というもの。
実は…その画像に白い丸い(球体?)」物体が写りこんでいることを発見したわけです。ですが、前回の投稿では(おそらく)ハッキリ認識できなかった方も多かったはず。…とてもぼんやりしていてわかりにくかったですネ。


そこで、今回は、前回投稿の画像をオートコントラスト(高)で画像処理をしてみました。(元画像は、記事後半に掲載しておきます)

まずは、1枚目…前回より少し遠目で撮影した見島の画像(処理済み)

益田市から見島が見えた。オートコントラストac


おお、益田市から見た見島。かなり島影がはっきりしています。(我ながらというか…画像処理ソフトって凄い!!)

で、気になる、見島の白く丸い物体の位置を矢印で示します。

益田市から見島が見えた。オートコントラストac説明1

白い粒です。…やはり、まだ、はっきりわかりませんか?(ちなみに画像中央右、海面上に見える「白い物」2つは2隻の漁船です。)


では、今回の撮影で用いたニコンCOOLPIX‐P510最高倍率(×42)で撮影したものをオートコントラスト(高)で画像処理してみました。

益田市から見島が見えた。オートコントラストacac

今度ははっきり見えますよね「白くて丸い球体」

念のため「赤〇で囲いつつ矢印」つけておきます。

益田市から見島が見えた。オートコントラストac説明

この白く丸い物体(球体)の正体についてですが、

この場所を、googleMAPでしらべてみると、見島の「いくらげ山(標高182m)」の山頂付近であることがわかりました。
そこには、見島分屯基地(航空自衛隊春日基地の分屯基地)があります。
そして「今回の丸状、球状に見えるものは何だろう?」と思って調べてみると…どうやら、レーダーサイトのようです。対空警戒用レーダー(3次元レーダー)でしょう(白い部分はレーダードーム…レーダー本体のカバー部分)。…我が日本国を守ってくれている「目」だったわけです。


元画像を以下に並べて掲載しておきます。

益田市から見島が見えた。元画像1


益田市から見島が見えた。元画像2


益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景

益田市から山口県萩市の「見島」を撮影できるスポット。

今回は新たなスポット…スカイグリーンロードの峠から。(この場所は益田市役所HPの文化財課さんの投稿で知りました)

では早速、益田市の新たな「見島」撮影スポットからの画像です。(撮影日は2014年12月19日12:00ごろ)

見島の風景 益田市スカイグリーンロードより

この場所(スカイグリーンロードの峠)から「見島」の位置を知るための参照として、「三生島」(画像中央左の三角形の岩島)をいれて撮影しました。
はっきりとは見えないと思いますので、画像処理(コントラスト高)した画像がコチラ↓

三生島と見島 益田市

いかがでしょうか?「見島」の島影が多少ハッキリしていますよね。

今回もニコンCOOLPIX‐P510で撮影したのですが、倍率を上げて撮影し、自宅のPCで画像を確認したところ、「見島」の山の上に白い丸い物体が確認できました。

益田市から見た見島の風景に白い球体

「見島の島影はなんとなくわかる。じゃが、白い球体はようわからん!!」
あっ、この画像では、はっきりわかりませんね。この位置です。

益田市から見た見島の風景に白い球体 説明

どうでしょうか?白く丸い物体(構造物?)があるのですが…

「いやっ!わしには分からん、見えんぞ!!」

・・・そうですか(汗)

実は、画像処理をすると、もっとわかりやすくなりました。


ということで、

次回は「益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景…画像処理編」です。


冬の日本海の荒波に南の疾風で波頭に水煙があがる風景(益田市 三里ヶ浜)

12月19日(2014年)の益田市は久しぶりに青空となりました。
最近、寒い日が続いていたせいでしょうか、とても暖かく感じました。

西側の空も青空が広がっていたので、(最近多いのですが)「よし今日はお昼に、益田市の三里ヶ浜からの冬の日本海の風景でも取りに行こう!」と出発。

今回は、趣向をかえて、高い位置から冬の日本海を撮影してみることに…。

運が良かったのでしょうか?初めて見る日本海の荒波の風景です。

波頭に水煙 益田市の風景

荒波の波頭の部分に(波の進行方向とは反対に)水煙があがっています。
(ちょっと電柱が邪魔に感じたので・・・波の部分を拡大(トリミング)してみました↓)

波頭に水煙 益田市の風景T


この日は、北側からの荒波に対し、珍しく南風…荒波からしてみれば、かなり強い向かい風。

波頭に水煙 益田市の風景2

こんな光景は初めてでした。凄いですね!!(まぁ撮影した場所も良かったのでしょうが…)

で、帰ってから気づいたのですが…見島(山口県萩市)が写っていました♪

波頭に水煙 益田市 三里ヶ浜の風景


場所は、画像の右上に見える三角形の島「三生島」の右です。

(実は今回の、どの画像にも写っているのですが)分かりにくいと思いましたので、

上の画像を(画像処理ソフトで)のコントラストを高めてみました。(この方法最近気づきました♪)

益田市沖から見島の風景


どうですか?「見島」見えましたか?

次回は、今回の画像処理の技術?を駆使して、今回(別の場所から撮影した)「見島」の画像です。
そこには、とても不思議な白く丸い物体が写っていました♪
【つづき】⇒益田市から見島をみたら白く丸い構造物まで見えた風景