益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

浮島現象

益田市沖の名物風景「浮島蜃気楼」を観察

益田市の三里ヶ浜(持石海岸も含む)沖には2種類の名物風景があります。

「だるま夕日」と「浮島現象」です。

数年前の益田市では、この2つの自然現象は「大変珍しい!!」といわれていたようですが、(私のようなものでも、高倍率のデジカメを持てるようになってからは…)結構頻繁に確認できる自然現象の風景なので…

今や益田市の「名物風景」といっていいのじゃないかと思っています。


早速ですが益田市で今回撮影した浮島現象蜃気楼の風景画像です。

益田市 浮島の風景


肉眼では、こんな感じに見えました↑地元で何度も見ている風景なので、「浮島現象」がおこったときには、「おっつ、今日は浮いとるぞ!」とその変化に気づきます。…ですが、この↑画像では、ちょっと不親切wなので、
初めての人向けに、もう少し倍率をあげて撮影してみました。

日本海 の風景 蜃気楼浮島 益田市

えっ!?まだ分かりにくいですか?…では、最高倍率での蜃気楼浮島の画像です↓。

益田市浮島現象の風景

ギリギリ浮いているかどうか…という浮島レベルはありますが、
見方によっては、日本海上の小さな島々が、コロコロした動物のように、今にでも動き出しそうな感じです。

撮影場所は、益田市の持石海岸
持石海岸(益田市の風景)の今…海岸浸食で凄い事になっていた

対象となる場所は左端が鑪崎で、山口県の萩市須佐町沖の小さな島々です。(実際には、鑪崎よりもっと先、遠い場所に、これら島々はあります)

鑪崎「神代の肌hornfels」 (人形峠からの日本海(益田市 飯浦町))

実は「だるま夕日」も「浮島現象」も下位蜃気楼(かいしんきろう)なので、益田市で「浮島現象」が見られるときには、通常「だるま夕日」が撮影できる確率が高くなるのですが…
残念ながら、11月では、益田市の三里ヶ浜、持石海岸では太陽は日本海の水平線上には沈みません。

「だるま夕日 山陰」風景画像コレクション(益田市三里ヶ浜)

次回は「だるま夕日」「浮島」のセットでとれるよう頑張りますネ。来年になりますけど(笑)

益田市から11月「浮き見島」の風景を見た

益田市からの日本海の風景…最近凝っているのが「見島(山口県萩市)」を撮影する事。「文化の日」の今日もチャレンジしてみました。

撮影場所は、以前にも撮影投稿した地点:益田市喜阿弥町で国道191号線で小高くなってるところです。
ご参照⇒益田市から「見島」を撮影したら…浮いていた(浮島現象)
ご参照⇒益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)

益田市のこの場所から「見島」は一体どこに見えるのか…


まずは、この地点からの全体風景。時刻は夕方17:30過ぎ。画像右の海上、三角形の小島(岩)は「三生島」。左は「鑪崎」です。

益田市から見島が見える

この風景のどこら辺に「見島」が見えるのかというと…

11月益田市からの浮 見島


青い丸で囲まれたところです。

今回も残念ながら肉眼では「見島」を確認できませんでした。というわけで、最高倍率…ズームアップMAXで撮影してみました。

益田市から見えた「浮き見島」


3


毎度、毎度わかりにくい画像でスイマセン。(モニターの角度を調整するか、ご自身のモニターを見る角度を調整してくださいまし)

わかりにくい「見島」の画像ですが…今回は、ほぼ完全に「浮いて見えました」…浮島現象(蜃気楼)です。記事タイトルの「11月の浮き見島」の由縁です。

今回も良い画像を提供できなかったので、おまけ(お詫び)風景画像3点掲載しておきます。

1.益田市の11月の夕焼けの風景


益田市 11月の夕焼けの風景


画像右奥の山は、須佐町の高山です。益田市の三里ヶ浜からでは10月(もしかしたら9月)ごろから、夕日は山に沈みます。春はいつごろから海に沈む夕日風景が見れるのか不明です。(来年は検証しましょう♪)

2.偶然とれた、海鳥の群れの風景


益田市沖の海鳥の群れ

3.益田市の11月の観音岩と日本海の風景


益田市の観音岩の風景11月


ありゃま…益田市の観音岩が手前の枯れ木の先にささっていて…まるで「モズの早贄(はやにえ)」的になってしまいました。

編集後記

今日の日本海は随分荒れ模様でしたネ。

益田市からの風景…だんだん寒々しい雰囲気となる時期になりました。
ただ、私は思うのですが、益田市からの日本海の風景は…「冬」。肌を切るような冷たくて強い北風。怒涛の荒波と轟音の海鳴り。波の音。…未熟な己に傲慢さを感じたら…それは即、自己の修練のためのパワースポット。今年も、私、冬の益田市沖の日本海の怒涛の荒波。「眺めるだけ」で己の精神の修行・修練が可能です。他者の説教とか教訓などは不要!…楽しみにしています。

益田市から「見島」を撮影したら…浮いていた(浮島現象)

益田市から見島(山口県萩市)が見えた


「益田市から見島(山口県萩市)は見えるか?」というテーマで、暇なときには、益田市の海岸を訪れています。
本日(2014年10月18日)…第7回萩・石見空港マラソン全国大会のコース確認のため国道191号線、益田市喜阿弥町あたりを走行中、はじめてそれ(見島)らしき島影を確認しました。

撮影場所は以前「益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)」での撮影地点から国道191号線沿いに少し上ったところです。
※参照⇒「益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)」

この場所から「見島」が見えることは、地元、益田市役所ホームページ内で文化財課さんのページで偶然、知りました。


今回、私が撮影した「見島」の画像は、海上の視界が悪かったため、わかりずらいですね。スイマセン…

見島 山口県 萩市 益田市より2


見島 山口県 萩市 益田市より


かなり「薄い色で空気の層」のような島影です。2番目の画像をよくみると、見島の左端に「浮島現象(蜃気楼の一種)」が確認できます。今回は、浮島だけだけでなく、見島の山の部分にも突起のような形状の「山の蜃気楼」も確認できます。(デジカメ(COOLPIX P510 Nikon )最高倍率で撮影)

次回はもっとクリアな「益田市から見える見島の画像」をお届けしますネ♪

私が初めて益田市内から見島(山口県萩市)を確認したのは、人形峠の「駕篭立て」からでした。

※参照⇒益田市から見島が見えることもある(人形峠 駕篭立てより)


ちなみに、同じ場所から浜田市の鹿島・馬島・生湯町の風力発電風車あたりを撮影してみましたら…こちらは、もっとはっきり…「浮島現象」してました。

浜田市 鹿島 馬島 生湯町 風力発電風車


編集後記:見えると思ったら見える!「見島」

これまで、益田市から山口県萩市「見島」は本当に見えるのか?という疑問を持っていましたが、
益田市の人形峠の「駕篭立て」より初めて「見島」を確認し、
今回は、益田市役所の文化財課さんページを見て、喜阿弥町からも見える事を知り、
「見えるはずだ!」という思いで眺めると「見島」の姿を肉眼でも確認することができました。…人間の意思・意識というのは面白いものです。