益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

沖手遺跡

益田市の沖手遺跡 専福寺浦番所跡と櫛代賀姫神社の「紋瓦」

益田市の歴史、風景(画像を)中心に投稿して、思わぬ歴史的発見がありました♪

今回は当サイトの過去記事間での発見!!…といった内容になります。


きっかけは、今日たまたま、私のこのサイトを訪れた方が気にしていた画像。
撮影は、今年の5月、益田市久城町の石見 式内社 櫛代賀姫神社 を参拝した時のものです。

上り藤に久の字 瓦 櫛代賀姫神社 益田市


※参照⇒石見 式内社 櫛代賀姫神社 を拝観 その2(益田市 久城町)

この画像…一体「どんな興味があって、検索してきたんだろうか?」とぼんやり思いつつ眺めていると、
ちょっと気になるモノが目に飛び込んできました。

連珠三つ巴瓦紋


それがコレ!!矢印の先の部分。「瓦紋」… 櫛代賀姫神社「拝殿」の鬼瓦周辺の画像です。

櫛代賀姫神社 益田市 連珠(右)三つ巴瓦紋


連珠三つ巴瓦紋です。

「えっ!?『連珠三つ巴瓦紋』…てなに?…何かすごい発見なんか?」

ハイ。すごいかどうかは別として(笑)

益田市の歴史・風景をコツコツ取材している、わたくし的には、とても興味深い発見になりました。

では、早速、話をすすめましょう…♪

『沖手遺跡…専福寺浦番所跡』での出土品の中に!!


『連珠三つ巴瓦紋』…って、益田市でちょっと前まで話題だったの遺跡『沖手遺跡』で発掘された品の中にありましたよネ♪
櫛代賀姫神社「拝殿」の鬼瓦のそばの紋瓦2つ…そのうち、特に下の「紋瓦」の形状・デザインを見てください。

連珠三つ巴瓦紋(右巻き左巻き混在) 櫛代賀姫神社(益田市)

益田市の沖手遺跡内の、「専福寺浦番所」(江戸時代、浜田藩が管理)跡から発掘されたモノと酷似しています。(ただし!なぜかこの紋瓦…巴が上は「右巻き」、下は「左巻き」なんです!!よくみると…連珠の数的には下の方が、、「専福寺浦番所」の出土品に酷似といえますが…巴の方向が左巻きであるこは気になります。)

江戸時代の沖手遺跡 丸瓦 益田市


(巴の方向は今回は一時保留として)
なぜ、『連珠三つ巴瓦紋』が益田市久城町の「櫛代賀姫神社」に現存しているのか?
このことについて、私なりに合点するには、さほどの時間がかかりませんでした♪

ヒントは「石見 式内社 櫛代賀姫神社略記」にあった!!


浜田藩の歴史は、ほとんど松平家系であることをご存知でしょうか?
そして…松平家では、連珠三つ巴瓦紋は、伝統的に使われていたようです。
※参照⇒江戸時代の沖手遺跡「丸瓦」の破片を考察

で、話を益田市の「櫛代賀姫神社」の歴史について調べてみたところ…

「石見 式内社 櫛代賀姫神社略記」に、

「文政6年(1823年)に石見国二十一個村の総氏子により本殿其の他の大修築をなし…」

という記載があることを発見しました。


「文政6年(1823年)」の浜田藩は松平(松井)家の時代です。


大修築の際の新しい「紋瓦」等に浜田藩(松平家)の素材・造形的趣向が込められていたとも考えられます。(ただし、くどいようですが…瓦紋の巴の巻き方が「1つだけ左」というのは気になります…(笑))

↑こんなことは、実に些細な発見ですが、江戸時代の(益田市の)ここら辺の時代…浜田藩のころの様子に興味が湧いてきました。


編集後記
※あとで分かったのですが…巴の左右は、一番上の玉から伸びる尻尾のような方向で呼び名がつけられているようです。ですから、益田市の沖手遺跡で発掘された巴は「左巴」と呼ばれます。(わたくし的には、回転方向で左巻き、右巻きといったほうがわかりやすいと思い、修正はしておりません。ご容赦ください。)

自分がこれまで地元、益田市の歴史や風景に関して投稿した記事の内容・画像からでも、(これまで益田市に関する史料・資料には無い)思わぬ発見があるものです。
これまで、過去記事を振り返ってみることは(誤字脱字の修正とか小見出しとgoogleMAPの追加程度で)あまりなかったのですが。今回を機会に、当サイト内の投稿記事情報を発掘してみることもアリかと思いました(笑)

江戸時代の沖手遺跡「丸瓦」の破片を考察

前回投稿の益田市の沖手遺跡の案内板の中にちょっと気になった画像があったので投稿しておきます。

※参照>>益田市のナフコで『沖手遺跡』の案内板を発見

◆江戸時代の沖手遺跡
沖手遺跡は港湾集落として平安時代末~室町時代(12~16世紀)の約400年間が最盛期とされていますが、江戸時代にも「浦番所」という施設があったことがわかっているようです。

江戸時代の沖手遺跡 益田市

浦番所とは江戸幕府が設置した、海の警備や見張りのための施設だそうです。


4.江戸時代の沖手遺跡」の解説文をみると、ここの浦番所の名称は「専福寺浦番所」と呼ばれるもので、浜田藩による管理下にあったことがわかります。

◆「丸瓦」破片の「三つ巴の紋」が気になった…

で、気になったには下の画像↓右の「丸瓦」…三つ巴の紋わかります。(下の画像でで囲んだ部分です

江戸時代の沖手遺跡 丸瓦 益田市



三つ巴瓦紋はポピュラーなものなのでさほど珍しくはないのですが、この丸瓦の破片には三つ巴を囲むように丸い点々があります。

「この特徴的な点々をもとに、沖手遺跡出土の瓦のかけらについて、もう少し深く探ってみたい…」と興味を持ち、早速、調べてみたら、これらの点々は「連珠」と呼ばれるデザインであることがわかりました。

◆連珠(左)三つ巴瓦紋の謎とき

というわけで、この瓦紋は、連珠(左)三つ巴瓦紋であることがわかりました。
※巴の尻尾が向かって左側がわにあるからそう呼ばれるそうです。

この連珠(左)三つ巴瓦紋デザインは、遺跡としては他にどんな所で発掘されているか調べたところ「連珠三つ巴」瓦紋は東京の飯田町遺跡にある「松平家」の丸瓦に多く見られるものであることがわかりました。

松平家って!?…浜田藩の歴史は、ほとんど松平家系ですよね。連珠(左)三つ巴瓦紋は松平家では伝統的に使われていたようです。

浜田城跡の発掘調査記録の浜田城跡(庭園跡の調査 2)P13~15に遺物の記録があり、P15には「連珠三つ巴」瓦紋が確認できるものがあります。

※参照:浜田城跡(庭園跡の調査 2)
立正佼成会浜田教会新築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
2007年10月 島根県浜田市教育委員会

※「丸瓦のかけら」ひとつからでもいろいろと歴史を学ぶことができますネ♪

益田市のナフコで『沖手遺跡』の案内板を発見

先日、益田市に新しくできたナフコ(ホームプラザナフコ) 益田北店(益田市久城町)さんに大きめのデスクを探しにいったところ、偶然にも『沖手遺跡(おきていせき)』の案内板(解説プレート)を発見しました。

案内板のタイトルは沖手遺跡‐中世の大規模港湾集落‐
益田市教育委員会さんにより作成されたものです。

沖手遺跡 案内板 益田市教育委員会

◆『沖手遺跡』の案内板の構成

この案内板の構成は
1.沖手遺跡と中世港湾の移り変わり
2.発掘調査からわかったこと
3.地中に眠る人々の生活の痕跡
4.江戸時代の沖手遺跡

前から気になっていた益田市の『沖手遺跡』。この『沖手遺跡』の案内板は図面や画像が豊富で、私にとって、わかりやすくまとまった情報をえることができました。

◆『沖手遺跡』の発掘調査場所

今回の『沖手遺跡』の発掘調査は下の画像に示されているで囲まれた部分です。整然と並んでいますがずいぶん部分的ですネ。

沖手遺跡 案内板 発掘調査場所


発掘調査場所が部分的になっている「理由」として、(この案内板の「2.発掘調査からわかったこと」より、)場所の選定は、ナフコさんの店舗の基礎部分と灯油販売所(※画像右下「くの字」型の部分)に限定した発掘調査であることがわかりました。

◆『沖手遺跡』…実は大部分は未発掘!?
同じく案内板の「2.発掘調査からわかったこと」の最後に、「なお、遺跡のうち店舗の基礎以外の部分は盛土で保護されています。」とありました。

ということは…店舗や広い駐車場を含めると、未発掘、未調査場所の方が遥かに広いわけで、地面の下にはまだまだ貴重なお宝遺物がたくさん眠っているかもしれませんネ!?

◆『沖手遺跡』の案内板(解説プレート)の設置場所
『沖手遺跡』の案内板(解説プレート)はナフコ21スタイル(TWO-ONE STYLE)の方の入口の駐車場付近で建物の壁のそばに設置されています。