益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

日本海

益田市沖にダズル迷彩のような艦船を見た風景(益田市 三里ヶ浜)

今年(2015年)1月4日のことです。益田市の三里ヶ浜、国道191号線を益田市街地方向に向かって運転していると、水平線上に船影を確認しました。

昨年年末購入したNikonCOOLPIX P600 の性能チェックもかねて撮影してみることにしました。

肉眼では、「通商船?」もしくは「大型の漁船?」と思っていましたが、NikonCOOLPIX P600 の最高倍率60倍でモニターを見たところ…こんな様子でした↓

Dazzle ダズル迷彩の

なんだ!?この船!?普通の船じゃない…ダズル(Dazzle)迷彩?…なに?これ軍艦?
もしや、ボロジノ級戦艦「石見」の幻霊艦?と…頭の中。いろいろな妄想キーワードが浮かびました。

その後、NikonCOOLPIX P600 モニターを眺めていてわかったのですが、ダズル(Dazzle)迷彩は、蜃気楼によるものであることがわかりました。

というか、この時期、益田市の日本海沖で活動できて、この船影なら…
第八管区海上保安部、浜田海上保安部 所属艦であろうと推測できました。

※あとで(自宅で)画像を見たところ…

船型:高速特殊警備船 船名:巡視船あさま であろうと推測しました。

海保の高速特殊警備船の速力は40ノット以上(ウォータージェット推進)といいます。

「40ノット以上…って…どんだけ?」
とピンとこない人もいるでしょうネ…

時速でいうと74㎞/h以上となります。正確なスペックは機密です。


この日の益田市沖の日本海は、決して穏やかなものではありませんでした。

そんな中、

しかも新年(2015年1月4日)早々にもかかわらず、我が益田市沖の日本海にて、

我が国、日本の海を守るべく…浜田海上保安部の「巡視船あさま」の雄姿そこで任務を遂行している現場の海保の方々のコトを思うと…思わず、感謝の気持ちで涙が出てきました。

ありがとうございます。ほんとに…

益田市小浜町「宮ヶ島」の恵比須神社(衣毘須神社)12月の風景

今回は益田市小浜町の「宮ヶ島」の恵比須神社(衣毘須神社)の12月の風景

撮影日は2014年12月13日。日本海から吹き付ける風は強く冷たいものの、時折、日差しもあり…絶好の「日本海晴れ」の風景の撮影チャンス。

「どこか素晴らしい撮影場所は見つからないか?」と益田市の三里ヶ浜ぞいに山口県方向へすすんでいました。
不思議なことに、戸田や小浜方面の海が明るく照らされているので…「思いきって「宮ヶ島」と「恵比須神社(衣毘須神社)」を撮りに行こう!!」という思いつきで…

久しぶりの「宮ヶ島」…到着は午後3時ごろでしたので、西からの日差しが時折、「宮ヶ島」を明るく照らし出してくれます。

「宮ヶ島」恵比須神社12月の風景益田市小浜町



恵比須神社(衣毘須神社)への参拝は「とても無理!…というか怖い!!」ということで早々に断念。
これまでで最高に波は荒く、防波堤を超えて荒波の飛沫がとんでくるんです!!

宮ヶ島 防波堤前 益田市小浜町


そのかわり、今回はこれまであまり撮影(投稿)していなかった「宮ヶ島」の西側からの画像を掲載します♪

「宮ヶ島」と日本海の荒波の風景 益田市小浜町

今回の「宮ヶ島」の撮影で最大級の波のしぶきでした(画像中央左)

益田市小浜の「宮ヶ島」の恵比須神社(衣毘須神社)…今年TVでも2回も取り上げられている、今や益田市の貴重な(全国区レベルでの)有名スポットです。

「宮ヶ島?恵比須神社(衣毘須神社)?って何??」ってお方は下のリンク先に過去記事をまとめています。
⇒恵比須神社(衣毘須神社)(小浜町 宮ヶ島)のこれまでの投稿一覧

冬の日本海晴れの風景(益田市三里ヶ浜より)

益田市の日本海、冬の風景。久しぶりに晴れたのは2014年12月9日(火)。
山陰地方の益田市では珍しく晴れて明るい「冬の日本海晴れ」の風景です。
冬の益田十景…三里ヶ浜です。

冬の日本海 晴れ 益田市

日本海の波は少々荒れ気味。風はとても冷たかったのですが、そんな冷たさを一瞬、忘れさせる、青の世界でした。画像中央右、海に突き出た部分は鑪崎…「神代の肌hornfels」で有名です。
冬の日本海晴れ 益田市の風景

画像中央左の黒くとんがって見える岩は、益田市の三里ヶ浜名物岩!?「観音岩」です。その先をズームアップしてみたら!「見えました!!」…先日、再び全国的に話題になった…益田市小浜町の「宮ヶ島」と「恵比須神社(衣毘須神社)」です。
※参照⇒益田市小浜町の「宮ヶ島」と「恵比須神社(衣毘須神社)」
冬の日本海 益田市宮ヶ島の望遠風景

この日以来、益田市は雲が厚く、山陰地方独特の暗い日々の連続です。
明日からは、積雪もあるということで、寒く暗い週末となりそうですね。

「だるま夕日 山陰」風景画像コレクション(益田市三里ヶ浜)

11月に入り、益田市の海岸の夕方の名物風景…日本海に「沈む夕日」は全く見れなくなりました。
理由は簡単♪益田市の三里ヶ浜の海岸からはこの時期夕日は、山に沈みます。
※ご参照⇒益田市から11月「浮き見島」の風景を見た
(画像「1.益田市の11月の夕焼けの風景」とその周辺の記事をみてくださいネ)

益田市の11月頃は7「三里ヶ浜」には7「日本海に沈む夕日」は見れません。
「日本海に沈む夕日」がない益田市の「三里ヶ浜」なんて…という思いを持った方も多いと思います。というわけで…(そういうわけでもないのですが)

今回は昨年私が撮影した益田市「三里ヶ浜」から日本海に沈む夕日の画像をいくつかご紹介します。

画像は2013年の9月前後に益田市の「三里ヶ浜」から撮影したものです。

益田市 日本海沖だるま夕日 2013年8月26日

                                        撮影日は2013年8月26日

実は、目的は「日本海に沈む(単なる)夕日」ではなく、「だるま夕日」でした。



益田市 日本海だるま夕日の風景 平成25年9月16日

※三生島と「だるま夕日」の風景…撮影日は2013年9月16日

(2013年に益田市沖の日本海に沈む「だるま夕日」を初めて撮影し、あまりにも、「だるま夕日」が簡単に撮れるので、自称「益田のだるま夕日ハンター」としてさわいでおりました。(ほとんどの人に無視されていましたが…(笑))

2013年9月21日益田市沖 日本海だるま夕日の風景

※上のだるま夕日と同じ場所から撮影したのですが、撮影日は2013年9月21日…5日たつと、益田市の三生島の左側に沈んでいきます。

最後に(時はさかのぼりますが)同年3月21日に撮影した「だるま夕日」

益田市2013年3月21日だるま夕日


形としては地味なものですが、雲の絡みの様子がとても気に入っています。

2012年10月5日撮影のだるま夕日…山口県萩市の須佐沖の島々(岩)の行列とコラボです(笑)

益田市沖だるま夕日の風景20121005


よく見ると、島々のいくつかに「浮島現象」が確認できます。

だるま夕日 益田市の風景20121005



◆編集後記:今回の画像は、以前、私が運営していたサイト(ブログ)で掲載していたものです。
(そのサイトは今年(2014年)の初めにブログサービスそのものが終了となり今はありません。)
ここ数年、益田市でおこった自然現象・風景を撮った貴重画像をたくさん掲載していたサイト(ブログ)だったので、無くなったのは残念でした…が、数日前、偶然、以前のブログへ投稿した益田市のいろいろな歴史や風景に関する画像「ごっそり」のファイルを発見しました♪

今後は、益田市風景画像コレクションとして(過去画像ではありますが)投稿していきますネ!!
よろしくお願いいたします♪

益田市から11月「浮き見島」の風景を見た

益田市からの日本海の風景…最近凝っているのが「見島(山口県萩市)」を撮影する事。「文化の日」の今日もチャレンジしてみました。

撮影場所は、以前にも撮影投稿した地点:益田市喜阿弥町で国道191号線で小高くなってるところです。
ご参照⇒益田市から「見島」を撮影したら…浮いていた(浮島現象)
ご参照⇒益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)

益田市のこの場所から「見島」は一体どこに見えるのか…


まずは、この地点からの全体風景。時刻は夕方17:30過ぎ。画像右の海上、三角形の小島(岩)は「三生島」。左は「鑪崎」です。

益田市から見島が見える

この風景のどこら辺に「見島」が見えるのかというと…

11月益田市からの浮 見島


青い丸で囲まれたところです。

今回も残念ながら肉眼では「見島」を確認できませんでした。というわけで、最高倍率…ズームアップMAXで撮影してみました。

益田市から見えた「浮き見島」


3


毎度、毎度わかりにくい画像でスイマセン。(モニターの角度を調整するか、ご自身のモニターを見る角度を調整してくださいまし)

わかりにくい「見島」の画像ですが…今回は、ほぼ完全に「浮いて見えました」…浮島現象(蜃気楼)です。記事タイトルの「11月の浮き見島」の由縁です。

今回も良い画像を提供できなかったので、おまけ(お詫び)風景画像3点掲載しておきます。

1.益田市の11月の夕焼けの風景


益田市 11月の夕焼けの風景


画像右奥の山は、須佐町の高山です。益田市の三里ヶ浜からでは10月(もしかしたら9月)ごろから、夕日は山に沈みます。春はいつごろから海に沈む夕日風景が見れるのか不明です。(来年は検証しましょう♪)

2.偶然とれた、海鳥の群れの風景


益田市沖の海鳥の群れ

3.益田市の11月の観音岩と日本海の風景


益田市の観音岩の風景11月


ありゃま…益田市の観音岩が手前の枯れ木の先にささっていて…まるで「モズの早贄(はやにえ)」的になってしまいました。

編集後記

今日の日本海は随分荒れ模様でしたネ。

益田市からの風景…だんだん寒々しい雰囲気となる時期になりました。
ただ、私は思うのですが、益田市からの日本海の風景は…「冬」。肌を切るような冷たくて強い北風。怒涛の荒波と轟音の海鳴り。波の音。…未熟な己に傲慢さを感じたら…それは即、自己の修練のためのパワースポット。今年も、私、冬の益田市沖の日本海の怒涛の荒波。「眺めるだけ」で己の精神の修行・修練が可能です。他者の説教とか教訓などは不要!…楽しみにしています。

益田市沖の日本海で箱舟(状)の船舶を見ゆFESCO MvFescoUlan-Ude

本日(2014年9月13日)の益田市は綺麗な青空で視界も良好!!でした。
というわけで、益田市の絶景を求めて…日本海を眺めに行きました。

益田市の日本海沖に謎の箱舟(風)船舶を発見!!


午後2時~3時ごろだったでしょうか。持石海岸付近を走行中、ふと益田市沖の日本海の水平線上をみると。

奇妙な形の船影…箱舟?を発見。思わず車を止め、撮影となりました。

益田市沖の箱舟


最高倍率で撮影したところ、船側にはロゴが確認できます。

FESCO Mv Fesco Ulan-Ude 益田市


FESC●…FESC…その次の文字は不明。


早速、自宅にて画像を確認したところ、ロゴは「FESCO」でFESCO RO-RO SERVICEの船であることがわかりました。

FESCO RO-RO SERVICEは、RO-RO船による日本からロシア極東地区への車両輸送サービスを提供しております。
日本寄港地: 横浜・名古屋・大阪・神戸・伏木・浜田
ロシア寄港地:ウラジオストック

ということです。

ちなみにこの船は、
Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)
MMSI: 353651000
Type: VEHICLES CARRIER
Gross Tonnage: 6974
Summer DWT: 3198 t
Build: 1985
Flag: PANAMA
ということです。

Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)のスペック


気になる!? Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)スペックは
総トン数:  6974t
載貨重量トン:  3198 t
全長 × 巾:  96.91m × 20.2m
建造年:  1985年

全長は100m程度の船舶なのですが、私にはもっと大きく見えました。

※Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)上海から、浜田港へ向けて益田市沖を航行中の撮影でした♪

「人形岩眺望所」奇岩!人形岩を観賞するなら(益田市人形峠)

人形峠(益田市 飯浦町)のピークにある「駕籠立て(かごたて)」という展望ポイント。
西は、飯浦港、三生島、鈩崎、東は三里ヶ浜、遠く鎌手海岸、高島…
季節や時々の天候、日本海の様子…風景が様々に変化するで、いつも何か新しい発見がある場所です。


さて、人形峠東側の眼下の岩場の中に「人形岩」という「奇岩」があることをご存知でしょうか?

実は、この岩は「見る場所」があります。

人形道を「駕籠立て(かごたて)」から、戸田方向にしばらく下ると海側に「人形岩眺望所」という案内看板(画像付き)があります。

人形岩眺望所 案内看板


ここが「人形岩」のベストビューポイントです。


ここから撮影した「人形岩」の画像です。

人形岩 益田市人形峠 海岸



高さは海面から頭のてっぺんまでで7.8メートルとのことです。


本体が黒色、肩から腰にかけて白っぽい茶の着物を羽織っている…どことなく高貴な人物がくつろいでいる雰囲気…感じませんか?

と、気持ちが和らぐような表現になりましたが…

この日の撮影現場は、陽の光にこそ恵まれていましたが、日本海からの北風と荒波の濤声…自然の力に圧倒されていました。

人形峠 夫婦岩 益田市


人形峠「駕籠立て」から小浜方面に「人形岩眺望所」過ぎ、さらに小浜方面に下った所からの見える「夫婦岩」とその周辺の海の風景。(夫婦岩は私が付けた名前です。)
【画像は2014年02月19日に再撮影】

人形峠の駕籠立からの冬の日本海の景色(益田市 飯浦地区)

益田市の飯浦(いいのうら)地区の「人形峠」。
人形は「じんぎょう」と読みます。

日本海に臨む断崖絶壁。

画像は人形峠(じんぎょう峠)の車で行ける最高地点「駕籠立(かごたて)」断崖上から撮影したもの…
屏風岩と呼ばれる大岩とその周辺の様子です。

人形峠 駕籠立から日本海



この日の日本海は荒れ模様。迫力あるシーンがとれました。

人形峠 日本海 荒波 松


日本海の荒波が凄い!それを迎えうつ岩
そしてなにより…こんな激しい環境に耐える「岩の松の木」が凄すぎる


強風の中、決死の?撮影場所はここ(赤い矢印辺り)

人形峠 撮影地点


(画像手前の線路は山陰本線です)

今回の撮影場所「駕籠立(かごたて)」…地名の由来を説明してくれる看板がありました。

駕籠立 人形峠 益田市


駕籠立(かごたて)
西は、飯浦港、三生島、鈩崎(たたらざき)(県指定天然記念物)、東は、小浜海岸、三里ヶ浜、遠く鎌手海岸、高島が一望できる景勝地で、「人形峠からみた四季の日本海」として、益田十景に選ばれている。
藩政時代、津和野藩主が、飯浦視察の時、「駕籠」を止めて、この素晴らしい景色をながめながら、しばし休息したということから「駕籠立」と言う。

【画像は2008年12月撮影】

太陽の光に恵まれた時に撮影した同地の画像。
人形峠「駕籠立」からの屏風岩【2014年2月19日再撮影】
人形峠 駕籠立てより屏風岩