益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

後の十三夜

「後の十三夜の満月」とEXスーパームーン(縁起のいい画像つき)

「後の十三夜」の満月。皆さん観ることできましたか?
1843年から171年ぶりの巡りあわせの満月でした。今回の満月を、一生に一度しかみられないという意味で「ミラクルムーン」ともよばれています。
参照⇒「後の十三夜」171年ぶりの歴史的な名月の画像

さて、このサイトの継続的なテーマ
2014年8月11日の「エクストラスーパームーン(ExtraSupermoon2014)」は、どんだけ「エクストラ」なのか?

今回の「後の十三夜」の満月でも検証を行ってみました。(撮影場所は島根県 益田市)
※撮影条件は「同じデジカメ(COOLPIX P510 Nikon )で最高倍率での撮影」というシンプルなものです。
※今回は(わたくし的には)新技術でよりわかりやすく比較してみることにしました。

まずは、2014年8月11日の「エクストラスーパームーン」の画像(撮影:8月11日 AM4:00頃)
EXスーパームーン2014年8月11日AM4:00

次に、今回の「後の十三夜」の満月の画像(撮影:2014年11月6日 AM1:50頃)
※満月の周囲を赤いラインでトレースしています。
後の十三夜の風景 益田市にて2

 この2枚の満月の画像を、最下部を基点に重ねてみました↓。
EXスーパームーンと後の13夜 比較

 ※ どうでしょう?エクストラな感じありますか?
 実は、今年(2014年)の9月8日の十五夜(中秋の名月)の満月でもこの試みは実践しています。
⇒中秋の名月(2014)とエクストラ・スーパームーンの比較(益田市にて)

さて、タイトルにある「縁起のいい画像」がコチラです。
縁起がいいはずの2つの名月の画像s
※ 縁起がいい」とされる根拠は、「十五夜のお月様を見たら、十三夜のお月様を見なければ縁起が悪い」というお話(伝承)が巷にあったからです。(誰の考案かは存じあげませんが)
「十五夜の満月は見たけど後の十三夜は見れなかった。知らなかった。」という人むけのフォローにと思って用意しました♪

最後に、 次回「後の十三夜」というめぐりあわせになるなるのは、2109年といいます。約100年後となりますネ。我々は確実に、次回の「後の十三夜」を見ることができないわけで…やはり「ミラクルムーン」という呼称は的を得ています♪ 100年後…いったいどんな世界になっているのでしょうか?

「後の十三夜」171年ぶりの歴史的な名月の画像

ご存知でしたか?「後の十三夜」

2014年11月5日は「後の十三夜」…ご存知でしたか?(私は全く知りませんでした)

旧暦では今年2014年の9月は「うるう月」にあたるため、11月5日は「うるう9月13日」で「十三夜の月」となるということ。

正確には2回目の「十三夜」となるので「後の十三夜」と呼ばれるそうです。

凄いと思ったのは、前回「十三夜の月」が2回見られた年は1843年。
実に171年ぶりとなるという…まさに歴史的も一生に一度しかみられない「奇跡の月」…「ミラクルムーン」!!(1843年は我が日本では天保14年。江戸時代です)

早速ですが「後の十三夜」の画像(島根県の益田市で撮影)です。

後の十三夜の風景 益田市にて

アリスタルコス(Aristarchus)

画像ではわかりにくいのですが…
今回、月のクレーターの1つ「アリスタルコス(Aristarchus)」は特に明るく輝いていました♪

アリスタルコス(Aristarchus)

撮影時間は、実は2014年11月6日のAM1:50頃…「後の十三夜」の件を知った5分後でした(汗)
実は、この時が益田市で「後の十三夜」の月を撮影できるラストチャンスだったかもしれないのです。


今夜の「後の十三夜」の月は、ひつじ雲の隙間をぬって撮影しました。

雲群の隙間に後の十三夜


その進行方向にはひつじ雲の大群…というか分厚い雲が…ちなみに今(本記事の投稿時)は、月は全く見えません。というわけで、今回「後の十三夜」を撮影できたこともミラクルだったかもしれませんネ♪


「十五夜」の月を見たら「十三夜」も見ないと縁起が悪い!?

ここで気になった情報が…「十五夜の月」を見たら、「十三夜の月」も見ないと縁起が悪い…ということ(今回、知りました)…そもそも、いったい誰が考えたのでしょうか?

私は、このサイトで、今年の「十五夜」の月の画像を投稿しています。
⇒中秋の名月(2014)とエクストラ・スーパームーンの比較(益田市にて)

ということは、私のこのサイトを訪れていただいた…益田市の風景とか歴史とか月とかに関心を持っておられる貴重なご訪問者の皆様の「縁起」にもご配慮させていただかなければなりません。

というわけで、深夜にも関わらず、「益田市で撮影した「後の十三夜」の画像」を急きょ投稿させていただきました。