益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

式内社

益田市の染羽天石勝神社本殿「蟇股」考。久々の発見「久文字」

今回も益田市の染羽天石勝神社(式内社)その本殿(国指定重要文化財)に関する話題です。

今回は、染羽天石勝神社本殿「蟇股(かえるまた)」について。


「え?蟇股(かえるまた)?何それ?」って人も多分多いでしょう。


「蟇股」は神社建築様式の細部における名称の一つです。


早速、実際に染羽天石勝神社本殿の「蟇股」を見てみましょう。

本殿正面の画像です。

染羽天石勝神社本殿


で、こういった形状の部分が「蟇股」とよばれる部分です。染羽天石勝神社の本殿正面部には手前と奥に計6つの蟇股が施されています。(最初の画像をご参照ください)

蟇股 中央 染羽天石勝神社本殿


「なぜ、蟇股というんじゃ?」という人もいるでしょうが、それは後で説明します。


実は、今回、益田市の染羽天石勝神社本殿の正面奥の「蟇股」である発見をしました♪


久々の発見です!!早速どうぞ!

蟇股 中央奥に久 染羽天石勝神社本殿


わかりますか?
何かの花が咲いている木の中央部に「朱色で」の字が忍ばされているではありませんか?

念のためちょっと目立つように画像加工しました。

蟇股 中央奥に久ss 染羽天石勝神社本殿


益田市の歴史にかかわる「久」の字の意味、わかりますか?
益田市民や益田市ご出身の方ならわかりますよネ!!


ヒントはこの家紋↓です。(画像は染羽天石勝神社の拝殿(神楽殿)の屋根の頂部)

上り藤に久s


上ぼり藤に久」の家紋です。
益田氏の家紋ですネ。また、益田氏の旗紋は「久文字」と称されたように
「久」は益田氏のシンボル的な文字なんです。


ちなみに、本殿正面奥の三つの蟇股はすべて同じデザイン
すべて中央部に「久」の字が忍ばされています。

染羽天石勝神社本殿を撮影した日、(今回の投稿2番目の画像にあたりますが)正面手前の中央の蟇股のデザインは何だろう?と悩んでいた際、偶然発見しました。(正面手前の中央の蟇股のデザインについては今も不明です…)

ご神職様も「(「久」の字、初めて気づいた!!」といっておられました♪


さて、話は「蟇股(かえるまた)」に、またかえりませうw

蟇股とは大蛙(おおがえる)が股を広げて、とび立つ直前の姿勢から名付けられたそうです。
もともと、上部の荷重を支える構造材ですがだんだん飾り的なものになっていったといいます。
特に、室町時代になると、蟇股の内部彫刻が発達し多様化したということです。

(参照…寺院・神社・住宅の見学必携〔総合編〕著者:下村健治 平成10年10月 株式会社 コロナ社)

では、(この際ですので)益田市の染羽天石勝神社の本殿すべての蟇股をご覧いただきましょう。

まずは本殿正面中央

蟇股fc染羽天石勝神社本殿正面中央

本殿正面(向かって)左
蟇股fl染羽天石勝神社本殿正面左

本殿正面(向かって)右
蟇股fr染羽天石勝神社本殿正面右

本殿正面の左右の蟇股のデザインは同じようです。(破損がいくつか見られます)

次に、本殿側面(向かって左側面)…まずは左側面全体のお姿
染羽天石勝神社本殿側面左

身舎(おも)の壁に2つ(2種)の蟇股が施されています。
染羽天石勝神社本殿側面s

向かって左の蟇股…植物の葉、笹でしょうか?
蟇股sl染羽天石勝神社本殿側面

想像ですが、男爵益田氏の家紋が「九枚笹」と聞きますので「笹」も益田氏にゆかりがあるものかもしれませんネ。

最後に向かって右の蟇股…ことらには魚の姿2匹、鮎でしょうか?
蟇股sr染羽天石勝神社本殿側面
鮎の遡上の様子にも見えませんか!?
激しい流れに逆らって川をのぼっていく鮎は「逞しく生きる」という面で、シンボリックな存在だったのかもしれません。
また「鮎の遡上が多い年は秋の収穫も豊作になる」という話もあるようですので…
この魚、鮎だったらいいなぁ♪

※今回は本殿背面(後ろ面)と右側面は確認していません(おそらく右側面は左側と同じ様子だと思います。)

益田市の染羽天石勝神社の本殿の現地の案内看板への疑問

今回も益田市の染羽天石勝神社(式内社)についての投稿です。

前回の投稿で、

「益田市の染羽天石勝神社の本殿(染羽町1-60)と春日氏」

にて染羽天石勝神社の本殿の案内看板について言及しました。

染羽天石勝神社本殿 説明

問題個所↓

本殿は三間社流造で、三間×三間の身舎(おも)の前に奥行一間の吹き放し板張りの庇床(ひきしゆか)をもうけ、両側のみに高欄付の縁をもちます。

と「益田市の教育委員会」作成の看板には記述されていますが…

染羽天石勝神社の本殿 側面

どうみても、身舎(おも)の側面は2間!・・・私は「土木」の世界しか知りませんが…(建築知らなくても)見ればわかります。

実は、これは、文中の「の」を「。」に修正することで「染羽天石勝神社の本殿」の(より)正確な「お姿の表現」となります。

すなわち、


本殿は三間社流造で、三間×三間身舎(おも)の前に奥行一間の吹き放し板張りの庇床(ひきしゆか)をもうけ・・・

であれば、完璧ではないです。が…(かろうじて)まぁいいか的記述に修正できます。

そもそも、三間×三間の身舎(おも)で「流造」を造ろうとするなら、
一般の三間社流造のデザイン&バランスを維持することを前提とすれば、前方の張り出した屋根の部分(特に柱による支持がない部分)が長大になるため、強度をもたせる必要があります。
これは、木造では相当な仕掛け(工夫)が必要です。

私にはそんな建築構造的仕掛け(工夫)…想像できません。


といいますか(スイマセン・・・率直に語るべきでした。)

染羽天石勝神社の本殿は前三間×横二間の基本的な作りです。

一体どうして、「本殿は三間社流造で、三間×三間の身舎(もや…意味は「母屋」とほぼ同じ)」という記載を看板にしたのでせうか?

なにより、益田市の染羽天石勝神社の本殿。天正9年(1581年)に消失し再建された建物ですが、

なぜ!板面をさいてまでも、「三間×三間の身舎(もや)」という事、そして・・・両側のみに高欄付の縁をもちます。このような構造は、重要文化財指定の建造物の中では唯一のものです。

って、特筆すべきことなのでせうか?…私はどうしても、特筆に値することとは思えないのですよ。

実は、今日も、青空だったので、お昼の時間に、益田市の染羽天石勝神社へお参りに行きましたが、もっともっと魅力的なモノがみつかるんですネ。

それは、今後、記事掲載するとして。


シンプルに益田市の染羽天石勝神社の本殿は天正年間、否、16世紀から残っている「歴史的建造物」。
それだけで十分価値は伝わるのではないでしょうか?

今回の益田市の染羽天石勝神社の本殿に関する「益田市の教育委員会」作成の看板にみられるような、事実と違うこと、誤った価値観などを軽率に看板に載せると、見る人は「無意識レベル」で違和感を覚えるものです。


ですから、「凄い!」とか「感動!」は残らず、「え~、なんで…意味ようわからん!?」といった感覚だけが残りますでしょ!?


「うんうん、それは分かった!じゃが、なにもそこまで細かい事までいわんでもエエじゃろう!?」


と思う人もいるでしょう。

でもね、「染羽天石勝神社の御本殿」は、国指定重要文化財なのですのであえて厳しいお話をさせていただきましたわけです♪

益田市の染羽天石勝神社の本殿(染羽町1-60)と春日氏

益田市の式内社について特集を組んで早1年。

やっとのことで染羽天石勝神社(そめばあめのいわかつじんじゃ)について投稿の機会(決心)を得ることになりました。

染羽天石勝神社は式内社益田市に現存する4つの「延喜式内社」(「式内社」)のうちの一つです。


染羽天石勝神社は「春日氏、春日族」の創設故、これまで以上の緊張感をもって記述しなければなりません。

染羽天石勝神社本殿


■御祭神
主祭神:天石勝命
相殿神:伊邪那岐神 伊邪那美神 天照大神 国常立神 事解男神
    速玉男神 忍穗耳神 瓊々杵神 彦火々出耳神 葺不合神
    軻遇突智神 埴山姫神

染羽天石勝神社の手水舎の傍には、益田市の教育委員会による
「染羽天石勝神社 本殿」に関する案内板があります。

益田市の教育委員会作成の案内板「染羽天石勝神社 本殿」内容…公費でつくった看板ですw

染羽天石勝神社本殿 説明


内容を読み込んでいくと
「染羽天石勝神社本殿」は国指定重要文化財とあります。
「染羽天石勝神社本殿」の案内板では、国指定重要文化財の指定となったのは昭和4年4月6日とあります。
昭和4年・・・1929年のことです。

実は(ご存知の方も多いと思いますが)指定された「昭和4年」時点では「国宝」でした。

益田市の教育委員会が作った「染羽天石勝神社本殿」の案内板…「国指定重要文化財の指定となったのは昭和4年4月6日」という(事実)それ以外を読んでみると、大事な部分がわかりにくい!

これは、教育委員会のスタッフ本人の言葉ではないようです。
いわゆるコピペ、受け売りですねw)・・・3月12日追記です…スイマセン、コピペとか受け売りレベルではないようです。コレ単純に妄想レベルの情報です。見ればわかる記述の間違いがありますんです。
具体的には次の投稿で…

問題個所↓

本殿は三間社流造で、三間×三間の身舎の前に奥行一間の吹き放し板張りの庇床(ひきしゆか)をもうけ、両側のみに高欄付の縁をもちます。このような構造は、重要文化財指定の建造物の中では唯一のものです。


と書かれてますが。わかります?伝わります?・・・よほど神社建築に精通したひとでなければわかりません。

というか(誰か知りません)書いた本人が分からない述語で述べているのだから、伝わるはずがありませんよネw

そのへんは、後日フォロー(批判)するとして。

フォローしました♪↓(2015年3月12日)
⇒益田市の染羽天石勝神社の本殿の現地の案内看板への疑問

益田市Tips!
益田市の染羽天石勝神社への御参拝は、

晴れた日の「午前中」がおススメです!!

本殿の向きが「東南東」だからです。太陽のパワーは午前中。

さて次回から、より細かく「染羽天石勝神社」について語ります。


場所(MAP):染羽天石勝神社(そめばあめのいわかつじんじゃ)
島根県益田市染羽町1-60

益田市の佐毘売山神社(式内社)の「鬼瓦」と「連珠三つ巴瓦紋」

今日(2015年2月1日)は益田市に久しぶりに青空と日差しの恵がありました。
「こんないい日は家にこもっていてはもったいない!」

というわけで、久しぶりになりますが益田市の比礼振山(権現山)に行くことに♪

まずは、佐毘売山神社(式内社)に参拝です。

佐毘売山神社(式内社)益田市20150201s


とてもご無沙汰しています。

益田市の佐毘売山神社(式内社)はとても歴史のある神社です。

今回は、かなりニッチな部分で私のお気に入りの佐毘売山神社の「鬼瓦」の画像です。

佐毘売山神社(式内社)鬼瓦と瓦紋 左巴


パワーありますよね!
あともう一つ気づいてほしいことは、「瓦紋」

「連珠三つ巴瓦紋」です、左巴です!!(一番上の「巴の玉」から延びでる尾の位置が、玉の左側にあると「左巴」、右側にあると「左巴」といいいます。通常、どちらかに統一されています。たまに…益田市の櫛代賀姫神社(式内社)のように、修復の際、混在する場合もありますが…)

「連珠三つ巴瓦紋」専福寺浦番所跡から発掘されたもの、と櫛代賀姫神社でも現存するものと共通してます。

※ご参照>>益田市の沖手遺跡 専福寺浦番所跡と櫛代賀姫神社の「紋瓦」

面白いですね!!


さて、佐毘売山神社の名水「権現霊水」をいただき、佐毘売山神社参拝させていただいた後、

いよいよ比礼振山(権現山)の山頂を目指そうと、振り返って、ふと、益田市の日本海沖をみたところ…!!


なんと!「あの島が見えるではないですか!?」


>>佐毘売山神社から見えた「島」とは…

益田市の石見 式内社 櫛代賀姫神社 その3 御朱印(久城町)

益田市の式内社「櫛代賀姫神社」に関する投稿の3回目

櫛代賀姫神社でも御朱印をいただける


益田市内で御朱印をいただける神社は(ネット上で調べてみると)
・高津の柿本神社(益田市 高津町イ2612-1)
・染羽天石勝神社(益田市 染羽町1-60) 
2社であることがわかっていました。


今回の「櫛代賀姫神社」の特集を始めるにあたり、お電話にて(念のためと思い)

「櫛代賀姫神社には御朱印はありませんか?」…と、宮司様にお尋ねしたところ、「ありますよ!!」と嬉しいお言葉をいただきました。

「では、事前にお電話をしてから、お訪ねしますので…どうか(御朱印を)よろしくお願いいたします。」
「はい、どうぞ(笑)」と宮司様…

という経緯で…益田市の式内社「櫛代賀姫神社」にも「御朱印」ありました♪

櫛代賀姫神社の御朱印


早速ですが、櫛代賀姫神社(益田市 久城町96)のでいただいた御朱印です(2014年5月11日)。

御朱印 櫛代賀姫神社 益田市


※御朱印をいただくには「初穂料」をお納めください。
(念のため…)


画像:櫛代賀姫神社の本殿(平成25年6月1日に国登録有形文化財(建造物)に登録)

櫛代賀姫神社の本殿 益田市



【追記】

高津柿本神社の御朱印はこちらのページで以前ご紹介しております。

>>「高角山 正一位 柿本神社」の御朱印(益田市 高津地区)

また、染羽天石勝神社は益田市内の式内社ですので、近いうちにご紹介できると思います。

※参照:>>益田市内の(延喜式)式内社を訪ねてみよう

石見 式内社 櫛代賀姫神社 を拝観 その2(益田市 久城町)

前回の投稿に引き続き益田市の式内社の一つ
櫛代賀姫神社(益田市 久城町963)


今回は益田市の式内神社、櫛代賀姫神社の現在の様子と私が感じたことについてのレポートです。


★前回の投稿はコチラ
>>櫛代賀姫神社 その1(益田市内の式内社を訪ねて)

鳥居をくぐったところから撮影した、櫛代賀姫神社の正面の全体画像です。

櫛代賀姫神社 益田市


狛犬が左右に配置されています。どっしりとした大型の狛犬です。右側の狛犬(阿吽の「阿」の方)ですが、よく見ると口の中に石の「玉」が施されています。

狛犬 右 阿 櫛代賀姫神社 益田市


◆拝殿の内部の様子
櫛代賀姫神社の魅力なのですが拝殿の扉が開放されていているので、拝殿の内部の高貴で神聖な雰囲気…日本神道の伝統を生で感じることができます。

具体的に語りますと…まずは何と言っても、「神鏡」。そして、その背部の左右に「釣下げ型の金幣」等々…神祭具を拝見することができるのです。益田市の櫛代賀姫神社は、いつ訪れても、心、安寧…外気の寒暖関係なく、涼しげに感じることができ、落ち着けますヨ♪

神鏡に紙垂 櫛代賀姫神社 益田市


(「神鏡」に「紙垂(しで)」が映り込んでいますネ。)


ところで、拝殿の奥の上部に「のぼり藤に久」の家紋が並んでいるのがわかりますか?


◆「のぼり藤に久」の家紋

「のぼり藤に久」の家紋といえば、益田市の方なら、ご存じである人も多いと思いますが…
「益田氏」の家紋ですネ。

※宮司様からいただいた『石見式内 櫛代賀姫神社略記』によると…

殊に益田氏 七尾城入場後は崇敬厚く、人皇第百六代 正親町天皇(おおぎまちてんのう)の天正12年(1584)甲申 ※益田越中守全昌公 社殿を再建し社領12石を奉納せらる。

との記載がありました。

※益田越中守全昌公とは益田藤兼(ますだ ふじかね 益田氏第19代当主)公であり、益田藤兼は晩年は、所領の神社仏閣を再建し、手厚く保護した人物であったということです。(因みに益田藤兼の息子が益田元祥(ますだ もとなが)です。)

家紋「のぼり藤に久」は櫛代賀姫神社の様々な場所で見ることができます。

例えば、拝殿の鬼瓦部に…

上り藤に久の字 瓦 櫛代賀姫神社 益田市


また、本殿の銅葺き屋根ではこのような場所にも…

上り藤に久の字 櫛代賀姫神社 益田市


櫛代賀姫神社 その1(益田市内の式内社を訪ねて)

櫛代賀姫神社(くししろかひめじんじゃ)

「益田市内の式内社を訪ねて」第1番目は『櫛代賀姫神社』

櫛代賀姫神社 益田市


櫛代賀姫神社(くししろかひめじんじゃ)
場所:益田市久城町963
祭神:櫛代賀姫(くししろかひめ)
   応神天皇(おうじんてんのう)第15代天皇

櫛代賀姫神社の「起源」と、「式内社」になったのは「いつ」かについて調べてみました。資料は宮司様からいただいた『石見式内 櫛代賀姫神社略記』で、その「由緒沿革」によると

・祭神は櫛代族の租神にして天平5年丑(うし)5月(733)管長の命により社殿設立。
大同元年(806)石見観察使、藤原緒継が鎌手大浜浦より現在地、久城明星山に御遷座。
人皇第54代仁明天皇の承和7年申8月(840)再建爾来延喜式所載の神社として朝野の尊崇深く…(以下略)

という経緯だそうです。

櫛代賀姫神社 拝殿正面 益田市
【櫛代賀姫神社 拝殿正面】

櫛代賀姫神社はいつごろ「式内社」となったのか?

櫛代賀姫神社はいつごろ「式内社」となったのでしょうか?

櫛代賀姫神社由緒では
・当初(733年)は(益田市の)鎌手地区に設立された。
・806年に現在地(久城明星山)に御遷座(移設)
・840年の再建時に延喜式所載の神社となった。…とあります。


また、櫛代賀姫神社の歴史については櫛代賀姫神社奉賛会による「櫛代賀姫神社 壱千弐百年式年大祭 記念誌」には以下の記述がありました。


櫛代賀姫神社の歴史

 和泉国から当地へ移住した櫛代族は、祖神櫛代賀姫命を奉祭し、天平5年(733年)には管長の命により社殿が建立されました。大同元年(806年)に石見国観察使の藤原緒継によって鎌手の大浜浦から久城の緒継浜に遷宮され、承和7年(840年)に再建されました。その後、万寿3年(1026年)に大津波によって流失したため、現在地の明星山に移転建立されたといわれています。
 平安時代の延長5年(927年)に完成した『延喜式』の「神名帳(官社帳とも呼ばれる)」に美濃郡五座のひとつ
として書き上げられ、いわゆる式内社として長い歴史を有しています。

櫛代賀姫神社 壱千弐百年式年大祭 記念誌 櫛代賀姫神社奉賛会
P6 櫛代賀姫神社の歴史より引用


※上記2つの史料では、現在地の明星山に移設された時期が異なることは気になります。が、延喜式所載…式内社となったのは承和7年(840年)と考えられます。

「本殿」は国登録有形文化財(建造物)

櫛代賀姫神社の本殿(明和2年(1765)造修築)は平成25年6月1日に国登録有形文化財(建造物)に登録されています。

櫛代賀姫神社 本殿  益田市内の国登録有形文化財(建造物)

三間社流造

三間社流造(さんげんしゃながれづくり)
屋根の形状は「流造(ながれづくり)」で正面に柱が4本(三間)となっていますので「三間社流造(さんげんしゃながれづくり)」といえます。

櫛代賀姫神社 三間社流造


※正面上部の部材…木鼻に一部薄く朱色が残っているのでこの本殿は本来は「朱塗り」であったことがわかります。

★屋根は「銅板葺き」です。

櫛代賀姫神社の本殿 屋根 銅板葺き


MAP:櫛代賀姫神社 益田市久城町963

※因みに、この櫛代賀姫神社の本殿は、益田市内2番目の国登録有形文化財(建造物)です。
(1つは益田市立歴史民俗資料館(旧美濃郡役所)です。)
>>益田市の「歴史民俗資料館」の歴史(益田市本町)

次回は益田市の櫛代賀姫神社の現在の様子と私が感じた魅力についてレポートします。


益田市内の(延喜式)式内社を訪ねてみよう(準備編)

益田市で様々な神社を訪ねていくうちに、益田市に存在する神社について、「系統だてて投稿をしていく視点はないのか?」という思いがあり、

※まずは、益田市内で、「式内社」…平安時代の法令「延喜式」により定められた神社というくくりで、まとめてみようと思いました。

※現在の益田市の範囲内(旧美濃郡同じと考えています)式内神社は全部で以下の5社(所在地)
  
佐毘売山神社(島根県 益田市 乙子町51) 
染羽天石勝神社(島根県 益田市 染羽町1-60)     
・櫛代賀姫神社(島根県 益田市 久城町96)
 >>※特集:櫛代賀姫神社
小野天大神之多初阿豆委居命神社(島根県 益田市 戸田町イ-858) 
・菅野天財若子命神社(あえて保留)


このうち、佐毘売山神社に関する話題は本サイトでも以前数回投稿しています。
>>※特集:佐毘売山神社

ところで…
※延喜式とか式内社って何?と思う方も多いのではともいます。
ちょうどわかりやすい資料(書籍)が手元にありましたので、折を見て説明をさせていただきます。


また、上記5つの益田市内の「式内社」うち、
・佐毘売山神社・染羽天石勝神社・櫛代賀姫神社・小野天大神之多初阿豆委居命神社

の4社はすでに何度か参拝をしていますが、(所在地を、「あえて保留」としている)「菅野天財若子命神社」

については、その由緒、所在地については、もう少し調査・考察の時間を必要としています。


最後に…このままでは画像は1枚もないので(汗)

今回は、つい最近、小野村誌(復刻改訂版)により、その所在を知ることとなった

・小野天大神之多初阿豆委居命神社(島根県 益田市 戸田町イ-858)の画像を掲載しておきます。

益田市 小野神社 小野天大神之多初阿豆委居命神社