益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

屏風岩

「人形峠からの日本海」益田十景のレビュー Ver.2014

2014年5月1日。益田市は久しぶりの晴れになりました。
風景を撮影するには、基本、青空と雲の程よいバランス、彩りが必要ですよネ。
今回は「益田十景」の一つ「人形峠からの日本海」の5月バージョンの撮影に向かいました。

「人形峠からの風景」は、これまで何度もネット上に投稿していています。

このサイトでも

>>「人形岩眺望所」奇岩!人形岩を観賞するなら(益田市人形峠)

>>人形峠の駕籠立からの冬の日本海の景色(益田市 飯浦地区)

というタイトルで投稿したこともあります。

今回は、「益田十景」の一つ…「人形峠からの日本海」をテーマとして(意識し)撮影してみました。

新しくなった、この地の「案内看板」を交えながら画像を主にしたコンテンツに仕上げました。


まずは、私が好きな屏風岩

屏風岩2


(当然ですが)見る角度で姿は変化します。

益田市 人形峠 屏風岩3

屏風岩
穏やかな日本海。澄んだ海と屏風岩を縦撮りしました↑

「人形峠からの日本海」益田十景…新しく設置された案内看板。
益田十景 人形峠 新案内看板

MAP:「人形峠」案内看板が設置されている場所…人形鼻とある付近の道路沿い



奇岩として当地では(おそらく)最も有名な人形岩…画像2枚↓
人形岩

人形岩2

そして、今回、実はw、「小野村誌」により正式名称がわかりました・・・二見岩
二見岩

二見岩とその先にある、断崖・絶壁セット画像
二見岩と断崖

飯浦方面の画像…鑪崎、旧台場
鑪崎、旧台場
そして案内看板
益田市 飯浦 鑪崎、旧台場、三生島 案内板

三角おむすび形の「三生島」↓(かなり霞んでいます)
三生島

飯浦港の様子
益田市 飯浦港


人形峠から飯浦方向直下の海岸…
実は、ここ、地質学的に面白い。あの、ホルン…があるのです。
好きな方は今度よ~く観察してみてくださいまし↓

人形峠 飯浦側 断崖 直下の海岸

人形峠の駕籠立からの冬の日本海の景色(益田市 飯浦地区)

益田市の飯浦(いいのうら)地区の「人形峠」。
人形は「じんぎょう」と読みます。

日本海に臨む断崖絶壁。

画像は人形峠(じんぎょう峠)の車で行ける最高地点「駕籠立(かごたて)」断崖上から撮影したもの…
屏風岩と呼ばれる大岩とその周辺の様子です。

人形峠 駕籠立から日本海



この日の日本海は荒れ模様。迫力あるシーンがとれました。

人形峠 日本海 荒波 松


日本海の荒波が凄い!それを迎えうつ岩
そしてなにより…こんな激しい環境に耐える「岩の松の木」が凄すぎる


強風の中、決死の?撮影場所はここ(赤い矢印辺り)

人形峠 撮影地点


(画像手前の線路は山陰本線です)

今回の撮影場所「駕籠立(かごたて)」…地名の由来を説明してくれる看板がありました。

駕籠立 人形峠 益田市


駕籠立(かごたて)
西は、飯浦港、三生島、鈩崎(たたらざき)(県指定天然記念物)、東は、小浜海岸、三里ヶ浜、遠く鎌手海岸、高島が一望できる景勝地で、「人形峠からみた四季の日本海」として、益田十景に選ばれている。
藩政時代、津和野藩主が、飯浦視察の時、「駕籠」を止めて、この素晴らしい景色をながめながら、しばし休息したということから「駕籠立」と言う。

【画像は2008年12月撮影】

太陽の光に恵まれた時に撮影した同地の画像。
人形峠「駕籠立」からの屏風岩【2014年2月19日再撮影】
人形峠 駕籠立てより屏風岩