益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

土木学会

国登録有形文化財「豊川発電所」の内部を見学(益田市猪木谷)

8月2日、益田市でごく最近、国登録有形文化財(文化庁)となった、匹見川沿いの3つの水力発電所の見学ツアーに参加しました。


このツアーの事を教えてもらった際、「発電所」って…外観ならば、いつでもみれるけれど…内部はそうそう見学できるものではない!と感じ、スグに益田市教育委員会文化財課さんへ電話申し込みしました。

(本ツアーについて、いち早く教えてくれた、益田市の高津公民館(高津地区振興センター)の「J1さん」には本当に感謝しています♪)

(さて、あらためまして)今回、参加させていただいた、

「中国電力株式会社 水力発電所見学ツアー」について

このツアーの主催は益田市教育委員会さん、共催は中国電力 株式会社 益田電力所さん。


内容は、益田市の匹見川沿いの、「豊川発電所」「澄川発電所」「匹見発電所」の3つの発電所(水力発電所)の各本館を半日で、見学するというものです。


この3つの発電所は、今年(平成27年)3月26日に国登録有形文化財(文化庁)に認定されています。


豊川発電所 本館(登録有形文化財 第32‐0170号)念願の内部を見学♪

今回の主な投稿内容は、最初の見学地「豊川発電所(益田市猪木谷町)」についてです。

早速ですが、豊川発電所 本館…その内部の様子。発電設備は撮影禁止です

登録有形文化財 益田市 豊川発電所本館内部 文化庁指定s


豊川発電所の外観↓は重厚な鉄筋コンクリートづくりを思わせますが


益田市 中国電力 豊川発電所2


内部は、学校の体育館のような感じですネ。


登録有形文化財 益田市 豊川発電所本館内部 文化庁指定s


豊川発電所 本館(登録有形文化財 第32‐0170号)の「証(あかし)」

豊川発電所(登録有形文化財 第32‐0170号)益田市 猪木谷


豊川発電所 本館、正面向かって右のピラスター(付け柱)下部に設置されています。

豊川発電所 本館の特徴について

この豊川発電所 本館は「土木学会」により『日本の近代土木遺産』の「ランクB」としても認定されています。


この土木学会での「記載内容」をもとに、豊川発電所 本館の「特徴」について解説してみます。


形式:RC建造物(ろく屋根)

ランク:B

評価情報:デンティルモールディング、3分割されたアーチ窓、明確なピラスター=華やかなイメージ(見方によっては桃山発電所を思わせる)/当時の発電機が現役使用


『日本の近代土木遺産(改訂版)―現存する重要な土木構造物2800選』
(土木学会出版、2005年)より引用


デンティルモールディング(dentil molding)
・3分割されたアーチ窓
・明確なピラスター(付柱)

と聞き慣れない用語がありますので、実際の豊川発電所の画像でその部位を示してみました↓。


豊川発電所 評価情報s


用語 ※
デンティルモールディングとは!?
dentil molding
dentil…歯型の飾り(四角い部分が歯のようにみえる)
molding…化粧縁
以上、あわせて、「歯型の飾りによる化粧縁」といったところでしょうか。



RC建造物?ろく屋根?…なのだろうか?

さて、もう一度、豊川発電所(本館)内部の構造(画像)を見てみましょう。

登録有形文化財 益田市 豊川発電所本館内部 文化庁指定s


豊川発電所本館の「躯体」は「鉄骨」であることがわかります。
屋根は、鉄トラス梁
の上部、天井材コンクリート板(?)が敷かれているように見えます。

(内部をみて気付いたのですが、外観でRC建造物に見えたのが実は鉄骨造(S造)のようです。)


鉄骨造(S造)なので、外観で重厚に見えた外壁は「かなり薄い!」・・・なぜなら外壁は躯体強度に関係ないからです。

(鉄骨造(S造)…それゆえ、今回の3つの発電所の中で一番広い内部空間を得ることができています。)



登録有形文化財 益田市 豊川発電所本館内 屋根 トラス梁


また、土木学会出版の書籍では「ろく屋根(陸屋根)」とありますが 鉄トラス梁の形状からして、切妻的な傾斜が施されていることがわかりました。(天井のコンクリート板?の存在…もしかしたら、屋根部は改築されたのかもしれませんネ)

豊川発電所について過去の投稿記事
⇒豊川発電所:益田市に現存する日本の近代土木遺産(益田市 猪木谷)


豊川発電所は、昭和3年(1928年)9月に完成(「出雲電気 株式会社」による)したといいます。
・・・今年、平成27年(2015年)で実に87歳となるんですネ♪


帰りがけ、豊川発電所から国道に向かう坂道の上に祠があることに気づきました。

益田市 豊川発電所の傍の祠


お地蔵さんが三尊。うち二尊は自然石のように思われます。

益田市 豊川発電所 近くのお地蔵さん三尊

高角橋は計画当初「 鉄筋コンクリート橋」ではなかった!?

平成23年度にJSCE土木学会の「選奨土木遺産」に認定された「高角橋」

この橋は、土木学会の視点による評価には(私も土木業界にいたので)なるほど!!
と感銘を受ける内容です。
※ご参照>>益田市の土木遺産 鉄筋コンクリートの橋「高角橋」(益田市 高津)

今回は、タイトルにもしましたが、高角橋の計画段階でのエピソード。

高角橋


益田市の高角橋は当初計画は「 鉄筋コンクリートの橋」ではなかった!?…超トリビア的話題です。
(実は、高津柿本神社についてディープに調べていたら偶然発見しました)


昭和13年9月1日発行の『高津町誌』の最後の最後に、その記述がありました。

第二節都市計画及び高角橋(785ページ)

(ニ)高角橋
大正十年、工費四万一千圓を投じて改架せられたる高角橋は、木橋にして腐朽甚だしきにつき、昭和十一年七月之を撤去し、約七十米下流に假橋を設けられたが、近々十三万圓の工費を以って新式の鐵橋を架設せらることゝなった。竣工の暁には一大偉觀を呈するであろうことが想像せられる。 
昭和13年9月1日発行の『高津町誌』(786ページより)

昭和13年頃は高角橋は「新式の鐵橋」でつくられる予定であったようです。

この件につて『益田市誌』をたよりに、高角橋の架設の記録をみると。

昭和十四年十月から工事に着手し、十七年十月には二三万円の巨費を投じて、鉄筋コンクリート・ローゼ桁、延長一九五m、有効幅員五mの近代的な頑丈な橋が完成した。

益田市誌 下巻 昭和53年6月30日発行(424ページより)

いかがでしょうか?「鉄橋」であろうが「鉄筋コンクリート」であろうが堅牢な橋ができたという結果では、何の問題は無いのです。…が!!

『高津町誌』では、近々十三万圓の工費
『益田市誌』では、二三万円の巨費

当初予算13万円⇒23万円…約1.8倍の工事費。

…私的には戦時中、時代的に「鉄」不足、コンクリートの養生のための工費、追加があっても、それを「可」とした時代背景があるのでは?と考えています。(現時点での考察はまだ浅いと思いますが…投稿しました)

益田市の土木遺産 鉄筋コンクリートの橋「高角橋」(益田市 高津)

益田市高津川下流にかかる「高角橋」。平成23年度にはJSCE土木学会の「選奨土木遺産」に認定されています。

土木学会選奨土木遺産とは

土木遺産の顕彰を通じて歴史的土木構造物の保存に資することを目的として、平成12年に認定制度を設立いたしました。推薦および一般公募により、年間20件程度を選出しています。【JSCEのHPより引用】

JSCEのホームページによると、高角橋の評価的表現については
「全国的にも大規模で、かつ島根県では唯一のRCローゼ桁橋で、高津川に映る5連のアーチが美しい橋です。」と記述されており、益田市の「高角橋に関する説明」資料等にも類似した表現を目にします。

高角橋20150311

ですが。単に「5連のアーチ」が特徴というのなら、岡山市の旭川にかかるRCローゼ「9連のアーチ」の大原橋が規模的に大きいわけで、「高角橋」は、二番手のような感じです。…よね!?

実は、私が有する土木学会の資料によると「高角橋」の評価については以下のような記載がありました。
・5連の下路アーチは大原橋に次いで多い
・アーチリブの窪みがアクセントになる。
日本の近代土木遺産」現存する重要な土木構造物2800選[改訂版] 
平成21年4月30日 土木学会より(※当時の高角橋の評価はランクB。)

この「アーチリブの窪みがアクセントになる」というこそ!特筆して欲しい事項かと思います。
実際にご覧ください!!
高角橋 アーチリブの窪み


コンクリート素材にかかわらず「アーチリブの窪み」をもたせることで、立体感や奥行きを感じることができます。…これは、岡山市の大原橋のような一般的なコンクリート造りの構造物には無い、造詣的「趣」を施したデザイン上の工夫といえます。
よくみ見ると、この「窪み」は「」まで連続性をもって施されています。高角橋の設計者のこだわり、とか、遊び心が感じられ、実にイイですネ。

もちろん、橋の内側だけでなく、外側にも同様に「アーチリブの窪み」は施されています。

高角橋 5連のアーチ 土木学会的解釈


益田市 高角橋 アーチリブの窪みデザイン

「アーチリブの窪み」…私自身、『日本の近代土木遺産」現存する重要な土木構造物2800選[改訂版]』 から、その事を知るまでは、日常的な「高角橋」であるがゆえ、「地元の古いコンクリート橋」…程度の認識でした。
ところが、この(マニアックな)情報を知り意識して、益田市の高角橋を見てみると…
「アーチリブの窪み」が施されたデザイン…シンプルだけど何か洗練された美しさを感じます。
(RC構造物での「デザイン面の仕上げ」の造りは、益田市の豊川発電所や、匹見発電所にも感じられるものがあります。)
もしかしたら、高角橋のデザイン…「アーチリブの窪み」の施し。・・・「そがぁ~な事は、ワシはとうに知っとったでぇ!」的な人もおられるでしょう。でも、もし、「知らなかったぁ!!」という方であれば、今度、この「高角橋」を近くで見る時には、これまで気付かなかった「高角橋の美しさ」を知ることができると思いますヨ。

※ご参照(平成27年8月17日追記)
JSCE 土木学会 選奨土木遺産
選奨土木遺産選考委員会により、平成23年(2011年)に選奨された益田市の高角橋に関するページ
画像をクリックすると、JSCE土木学会さんのホームページ内の「高角橋」に関する内容を確認できますよ♪

http://committees.jsce.or.jp/heritage/node/663


MAP:高角橋

ところで、高角橋の素材は「鉄筋コンクリート製」

ここで、疑問がおこりませんか?

なぜ、鉄橋ではなく鉄筋コンクリート橋なのか?

…かなり前に調べてみたのですが…高角橋が造られた時代背景昭和17年(1942年)は
第二次大戦(太平洋戦争)中「ミッドウェー海戦」があった年です。

「鉄」は非常に貴重…戦前・戦中の軍需物資であったわけです。

匹見発電所:益田市に現存する日本の近代土木遺産(益田市 匹見町)

益田市には社団法人 土木学会の「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2800選」に掲載されている土木構造物、土木遺産が3つあります。

1つめは平成23年度に「土木学会選奨土木遺産」に認定された『高角橋』(一級河川「高津川」にかけられた橋です。)
2つめは益田市 猪木谷町にある『豊川発電所
3つ目は益田市 匹見町の『匹見発電所』です。

ご存知でしたか?

今回は『匹見発電所』をとりあげます。

匹見発電所1


匹見発電所(益田市匹見町)RC建造物(切妻屋根)ランクC

この、匹見発電所につながる細い道を歩いてみました。
木々がトンネル状に茂る薄暗い道をしばらく進むと…

匹見発電所 益田市 匹見町2


突然の、この光景に、「まるで、異なる世界に迷い込んでしまったのでは?」という感じになりました。

さて、アングルをかえて遠くから「匹見発電所」を見てみましょう。

匹見発電所3遠景



最近は環境に溶け込むような「デザイン」が重視されますが。
当時のモダン…「電気」その「発電所」…当時の人々に感情移入すれば、このデザインも受け入れる事ができますよネ♪

MAP・場所:匹見発電所




ちょっと調子にのって…♪
匹見発電所4遠景 空想版


空想モードで画像編集してみました。

◆匹見発電所について
完成年:昭和3年7月(1928年)…益田市の3つの近代土木遺産では最も古い(建造)物です。
発電能力は(現在)最大1870kW

土木学会による「現存する重要な土木構造物2800選」にて土木遺産として選ばれた理由・評価は

・ピラスターで区分された壁面のデザイン
・当時の発電機・水車が現役使用


日本の近代土木遺産-現存する重要な土木構造物2800選-[改訂版]
編集者:土木学会 土木史研究委員会 
発行者:社団法人 土木学会

平成21年4月30日 改訂版・第2刷発行より引用


【ことば】ピラスター:ピラスターとは「付け柱」のこと…だそうです。


当時の発電機・水車が現役使用…って凄いと思いませんか?
近づくと(豊川発電所と異なり)発電機の大きな唸りの音が聞こえました。


【まとめ…益田市の日本の近代土木遺産-3件】
①高角橋 益田市 RCローゼ(下路) ランクB⇒平成23年度土木学会選奨土木遺産に昇格 完成年:昭和17年
②豊川発電所 益田市 RC建造物(ろく屋根) ランクB …完成年:昭和3年9月
③匹見発電所 益田市 RC建造物(切妻屋根) ランクC…完成年:昭和3年7月


【ことば】RC:土木用語「RC」とは…Reinforced-Concreteの略…鉄筋コンクリート

(直訳で「補強をほどこしたコンクリート」)

【画像撮影日2012年5月】

豊川発電所:益田市に現存する日本の近代土木遺産(益田市 猪木谷)

益田市には『日本の近代土木遺産(改訂版)―現存する重要な土木構造物2800選』(土木学会出版、2005年)に掲載されている土木構造物が3か所あります。

①高角橋 益田市  RCローゼ(下路) 土木学会選奨土木遺産(平成23年にランクBから昇格)
②豊川発電所 益田市 RC建造物(ろく屋根) ランクB
③匹見発電所 益田市 RC建造物(切妻屋根) ランクC

今回は「豊川発電所(益田市 猪木谷)」について
「豊川発電所」は匹見川ぞいで益田市の猪木谷にあります。


早速ですが、中国電力 豊川発電所の画像です!(場所はこのページの最下部の地図をご参照くださいまし)

 益田市 中国電力 豊川発電所1


「中国電力 豊川発電所」の文字看板がなければ…ぱっと見、とある宗派の礼拝堂のような感じですネ。

これまで…何百回とは言いませんが少なくとも30回以上はこの「豊川発電所」のそばの道(国道488号線)を車で往来しています…にもかかわらず…「豊川発電所」…目に入りませんでした。


豊川発電所 益田市 RC建造物(ろく屋根)

気になる言葉:「ろく屋根」とは…

陸屋根(りくやね、ろくやね)とは屋根の形状の一つ。傾斜の無い平面状の屋根のこと。平屋根(ひらやね)ともいう。「陸」とは「平ら」との意味であり、その逆は「不陸」(ふりく)という。普通、陸屋根を有する建築物の上の平面部を屋上という。(以下略)

フリー百科事典 ウィキペディアより引用

「豊川発電所」 を前後から見ると、「ろく屋根」という感じではありませんが、左右側面から見ると、実際の屋根は平らであろうと推測できます。おそらく、前面、後面には「不陸」(ふりく)に見せるための巧妙なデザインがほどこされているのでしょう。(きっと)

ところで、「豊川発電所」 について「益田市誌」で調べたところ、完成したのは、昭和3年(1928年)9月(当時の電気会社「出雲電気 株式会社」により建設)
豊川発電所の(完成)当時の発電能力は3,720KW (昭和10年9月に4,670KWに増大)


当時としては島根県下で最大の発電所
だったそうです。


画像です(右斜め前から撮影してみました。夕暮れ前での撮影で少し光不足でした。…でもそのぶん味わいはあるかも!?)

益田市 中国電力 豊川発電所2



大きさはざっとこんな感じ…国道488号線沿いにあるのですが…〒日本郵便さんの配達の(ピカピカで綺麗な)赤い車がたまたま通過したので…比較・想像してくださいね!(赤と白系のコントラストが結構ステキです)

益田市 中国電力 豊川発電所 日本郵便 比較


そして、斜め後ろ(匹見川方向から)撮影

益田市の豊川発電所 斜め後ろ


この画像ならここが「発電施設」とうことがわかりますネ。


さて!益田市の「豊川発電所」
『日本の近代土木遺産(改訂版)―現存する重要な土木構造物2800選』(土木学会出版、2005年)
による見どころは3+1!

①デンティル・モールディング
②3分割されたアーチ窓
③明確なピラスター=華やかなイメージ(見方によっては桃山発電所を思わせる)

上記3点を集約した画像

日本の近代土木遺産 益田市 豊川発電所


さらに+1…当時の発電機が現役使用!!

ということでした。
「日本の近代の土木遺産」って身近で、かつ奥深いので…結構ハマりますよ♪
【画像は2011年10月撮影】

MAP・場所:豊川発電所