益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

唐音の蛇岩

益田市の唐音の蛇岩(国指定の天然記念物)岩の大蛇の風景

益田市の鎌手にある「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」6年ぶりに訪ねてみました。
「唐音の蛇岩」は益田市役所のHP文化財課の表を見ると現在では益田市内で唯一の国指定の天然記念物であることがわかりました。

ちなみに「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」が国指定の天然記念物に登録されたのは1936年(昭和11年)12月16日ということです。

「唐音の蛇岩」は益田市の「唐音水仙公園」の先にある海岸(岩場)内にあります。

唐音海岸


『唐音の蛇岩』の場所について


益田市民でも、結構、よく間違えてるのですが…
『唐音の蛇岩』とは、ここに見える岩場(唐音の海岸)全体のことではありません。この岩場(唐音の海岸)内↓の赤線部分に「唐音の蛇岩」を見ることが出来ます。

唐音の蛇岩 国指定天然記念物 説明

当然、上の画像の赤矢印部分(白い棒のように見える物体)まで歩いていく必要があります。

赤矢印の先(白い棒のように見える物体)は標柱……「国指定天然記念物  唐音の蛇岩」と記載されています。

唐音の蛇岩 益田市の国天然記念物 説明


上の画像内の2本の赤い点線------の間が「唐音の蛇岩」です。
このさき(黄色→)の先はというとこの岩場を反対側の入江に向かって横断し、

唐音の蛇岩s1


その先海中まで続いています。

唐音の蛇岩2s


(今回は、海がとても荒れていたので、海中の「唐音の蛇岩」の風景を撮影することはできませんでした。)


『唐音の蛇岩』の案内板を読む


最後にこの「唐音の蛇岩」の案内板につて

唐音の蛇岩 説明板 益田市教育委員会


平成22年10月 益田市教育委員会 作成
案内板がリニューアルされていました。
以前の「唐音の蛇岩」の案内板はコチラ↓
※ご参照⇒唐音の蛇岩に感じる神秘(益田市鎌手地区)

※3年前に新しくなった案内板。その内容は↓

唐音の蛇岩 説明板 内容 益田市教育委員会


白い部分、白いテープで隠してありますが
古第三紀漸新世…「今から約3,000年前」…
正しくは「約3,000万年前」で「」が抜けてるだけです。

益田市の「唐音水仙公園」を6年ぶりに訪ねた風景(鎌手地区)

益田市の鎌手地区にある『唐音水仙公園』…本日(2015年2月8日)実に6年ぶりに訪ねてみました。

まず気づいたのが『唐音水仙公園』という名称。6年ぶりだったので、この日ここに再度来るまで、「水仙の里」という名称で記憶していました。

益田市の水仙の里「鎌手」にある『唐音水仙公園』
益田十景「鎌手の水仙の里からみた高島」として取り上げられています。

このサイトでは「水仙の里(益田市鎌手地区)の魅力」というタイトルで2009年02月03日に撮影した画像をもとに当地の風景を投稿しています。
ご参照⇒水仙の里(益田市鎌手地区)の魅力

まずは、「唐音水仙公園案内板」(入口にあたる場所、駐車場のそばに設置してあります。)
平成22年8月に設置されたもののようです。

唐音水仙公園 案内版 益田市


6年前の当地の情報では、面積約2h(ヘクタール)の丘陵に約100万株ということでしたが、平成22年8月のこの案内板が作成された時点で面積3h(ヘクタール)約200万球と規模が大ききくなっていることに気づきました。


まず、驚いたことは、この「唐音水仙公園案内板」がある場所…駐車場から、この公園の全体の風景を眺めることができるよう、海の方向の雑木林が伐採されていたこと。

唐音水仙公園 風景 益田市20150208


ちなみに6年前は、駐車場からは、本公園の風景は見ることはできませんでした。そのため、当時は本公園と海岸、国の天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」までの風景を1枚の画像におさめることができず(撮影スポットがなかった)、2枚の画像をつなぎ合わせた記憶があります。
(上のリンク先記事「水仙の里(益田市鎌手地区)の魅力」には当時作成した画像があります。)


※今回撮影した『唐音水仙公園』の画像↑を見ていただければお分かりのように2015年2月8日時点では「水仙」の花のピークは過ぎていたようです。

でも、せっかく来たのだから…6年ぶりに歩いてみることにしました。(↓この坂を下ります。)

唐音水仙公園 風景 遊歩道 益田市

トイレのわきの細い小道(コンクリート舗装になってました…ただ、単管でつくった簡易「手すり」は低すぎて役に立たず、この下りは膝にこたえました…杖(つえ)は必須ですネ)を歩いて下った場所、6年前は水仙ではなく水田跡だったところがビッシリ水仙の花でうまっていました。

唐音水仙公園 風景 益田市 水仙20150208


「おお、ここらへんの方がまだ元気な水仙があるのう♪」…水仙の、ほのかで上品な香りが漂っています。

唐音水仙公園 風景 益田市 水仙b20150208


『唐音水仙公園』のメインでは、今回は、元気な水仙の花は「ほぼ期待できない」とわかっていたので数枚、撮影しておきましたw

つづく…

編集後記

ちなみに、『唐音水仙公園』は水仙や「唐音の蛇岩」の日本海の海岸風景はもちろん、いろいろな野鳥がたくさんいることが分かりました。この小道を進むだけでも濃い青で輝く、珍しい山鳥をみかけましたよ(撮影は間に合わなかったですが…)

この日(2015年2月8日)の益田市は朝から曇りと小雪がちらつく暗い日曜日…でも海の方は青空がでて明るくなっていたので午後になって『唐音水仙公園』に行くことに決めました。

現地は、日本海側に青空も見えて、時々(逆光ですが)日がさす、という「奇跡的な風景」だ!と自分を励ましまして遊歩道を進みましたw

唐音海岸から「魚待ノ鼻」と「高山」の風景

魚待ノ鼻と須佐の高山の風景 益田市唐音海岸より


唐音海岸から「魚待ノ鼻」方面を撮ってみました(画像左上に見える構造物は「魚待鼻灯台」です。)

右にうっすらと見える山は萩市須佐町の「高山」です。

この日はとても波が荒く「怖い」雰囲気でしたが、時々さす日差しで、海面が水飴のようにみえたりして、結構いい感じでした♪

※今回(2015年2月8日)の『唐音水仙公園』公園内の遊歩道では、行も帰りも「人類」は私だけでしたw。

水仙の里(益田市鎌手地区)の魅力

水仙の里(益田市鎌手地区)


水仙の里(益田市鎌手地区)」では鎌手海岸の「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」に向けて面積約2ヘクタールの丘陵に約100万株のニホンスイセンがびっしりと育っています。

ここの水仙は地元の鎌手地区で約20年前から植え付けを始め、今のスケールになったそうです。


以前に「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」を訪れた時はまだ、丘陵は伐採されたて。海が見える場所にはまだ水仙はポツリ、ポツリと自生している程度でした。まさか、「水仙の里」がこれほどスケールアップしているとは!驚きです。


ここ「水仙の里」では、こんな感じの可憐な水仙たちが

水仙アップ


草原のようにみえる斜面にびっしりと育っています。
(海に突き出した「黒い岩場」の部分には国指定天然記念物「唐音の蛇岩」があります。)

水仙の里 全体


全体画像は1枚の画像ではおさまらなかったので、2枚の画像を合成しました。(「広~い」ということをお伝えしたいわけです。)


撮影した前日の大風でスイセン達はかなり傷めつけられたということでしたが、風の影響が少なかったと思われる場所を見つけました。
それがこの画像です。「水仙の里」のほんの一部ですがゴージャスでしょ♪

水仙の里 満開


上の方に見える樹木が反り返っているのがわかりますか?…凄い風力だったんですね。
【画像は2009年02月03日撮影】

MAP・場所:水仙の里と唐音の蛇岩(益田市鎌手地区)


唐音の蛇岩に感じる神秘(益田市鎌手地区)

益田市鎌手地区の「水仙の里」遊歩道に沿って歩いて行くと
海に突き出た岩場に辿りつきます。

益田市 鎌手地区 水仙の里1


そこには国指定天然記念物唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」とよばれる安山岩岩脈があります。


幅70センチ~1メートルの幅でこのような周りと違った岩の層(安山岩岩脈)がは、北60度東の方向に帯状にはしっているのです。

益田市 唐音の蛇岩 地上部



天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」について益田市教育委員会による案内看板がありました。

益田市教育委員会 唐音の蛇岩1


(益田市誌 上巻によると)この安山岩岩脈の長さは250メートル以上と推定されているそうです。

確かに、この帯状の岩脈たどっていくと、海の中にまで伸びているのがわかります。

益田市 唐音の蛇岩と海


益田市の天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」
が地質学上にも珍しい事は理解できました。


ですが、ここの地名にある「唐音(からおと)」という言葉の意味にも興味を持っています。
(読みも普通、唐音なら「トウオン」ですよね?)


実は、岡山県の鏡野町羽出に「唐音(からおと)」という言葉を含む地名がありました。


「唐音(からおと)の滝」


この滝の淵には大蛇が棲み夜ごと村の娘を襲っていたが、親たちの願いに応えて天狗が現れ、娘に変身して滝壷に入り現れた大蛇を一撃で倒したという伝説がある。


「美作県民局 滝の名所-1」より引用

ここにも「唐音(からおと)」の言葉の由来はありませんでした。
ですが、大蛇…「」キーワドが一致し、何か特別な関係・意味があるのでは?…って興味津々です。

【本投稿の画像は2009年2月に撮影したものです】