益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

匹見発電所

国登録有形文化財「匹見発電所」の建造法は?(益田市匹見町)

8月2日の益田市教育委員会さん主催、中国電力 株式会社 益田電力所さん共催の

「中国電力株式会社 水力発電所見学ツアー」

このツアーは、益田市の国登録有形文化財(平成27年3月26日に文化庁により認定)である、匹見川沿いの3つの水力発電所を見学するというものでした。

今回は、その最後の見学地「匹見発電所 (ひきみ はつでんしょ)」です。
(所在地:益田市匹見町匹見イ1702-3)


早速ですが、匹見発電所 本館の遠景(外観)です。

国登録有形文化財 匹見発電所 遠景

益田市の匹見発電所は、国登録有形文化財(文化庁)である前に、社団法人 土木学会の「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2800選」に掲載されています。

「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2800選」での
匹見発電所に関する掲載内容は

RC建造物(切妻屋根)ランクC


<土木学会での評価理由>

ピラスターで区分された壁面のデザイン
・当時の発電機・水車が現役使用


↑この内容…太赤字強調した部分について後程、あらためて語ります♪


匹見発電所をこれまでで最も間近で見れた!!


今回は、(残念ながら)匹見発電所の内部については見学できませんでした。…ですが、これまで4回匹見発電所を訪れたなかで、もっとも近くで本館を撮影できました。(なぜなら、中国電力 株式会社 益田電力所さんがゲート内に入れてくれたからです♪)

匹見発電所 本館(登録有形文化財 第32‐0172号)の「証(あかし)」

匹見発電所にあった、登録有形文化財(文化庁)の証です。

匹見発電所 登録有形文化財 第32-0172号


今回、見学させていただいた中国電力さんの益田市にある3つの発電所

・豊川発電所:第32-0170号
・澄川発電所:第32-0171号
・匹見発電所:第32-0172号

連番となっています。

そして、そこでの益田市教育委員会の文化財課さんのご担当者さんの説明・解説の中で驚愕の情報がありました!!


匹見発電所 本館はコンクリートブロック造り!?

益田市教育委員会の文化財課さんの説明・解説の内容(要旨)に、

「匹見発電所 本館は鉄筋コンクリート(RC)造といわれていたのですが、コンクリートブロックを積み上げた…コンクリートブロック造りだということがわかりました。」


というくだりがありました。

「エッ!?」…と、思いました。そして以下の疑問が…


・匹見発電所 本館は鉄筋コンクリート(RC)造でなく

コンクリートブロック造り…しかもコンクリートブロックを積み上げたもの、…それは古代の石造りの建物のように…?


・「どんな形状のコンクリートブロックなのだろうか?」
・「鉄筋・鉄骨なしなの?」

さらに!! 

コンクリートブロック造りなら、土木学会さんがピラスター(付け柱)といった部位は、
(ピラスター、付け柱ではなく)躯体としてのコンクリートブロックでできた「柱」となるわけです。


おおっ、またマニアック!フェチな疑問…「謎」が…♪

是非とも、この疑問・謎を解明したいものです。


匹見発電所正面の画像にヒントが!?


匹見発電所 本館正面の画像を撮っていました。

匹見発電所 正面

この画像の中に、一部「破損」箇所があることを自宅のPCで確認できました。
で囲んだ部分です↓

匹見発電所 正面s


拡大したのがコチラの画像↓

匹見発電所 正面ss


う~んっ、いわれてみれば、独立したブロック(パーツ)のようにも見えますネ。
実際どうなんでしょうかねい?

匹見発電所の風景でアートな心になる(益田市匹見町)

11月の最後の連休に久しぶりに益田市の匹見町に行ってきました。
目的は匹見峡の紅葉を楽しむためでした。
(匹見峡の紅葉のピークは過ぎていました…表も裏も前も)

時間にゆとりがでたので、2年ぶりに「匹見発電所」の撮影も試みることにしました。

匹見発電所の風景2014


いやぁ~毎回同じことをいいますが…パッと見、これが発電所とは思えませんよネ。
特にこんな角度で撮影すると…何かの秘密結社の集会場のような雰囲気があります。

でもこの建物は、立派な水力発電所(水路式水力発電)なのです。

匹見発電所の風景 全体2014

匹見発電所は水路式水力発電といい、水路で水を導き落差を得た水力をもとに発電します、
「自然の水の量なんて季節とかで大きな変動があるんじゃないの?」
と思うのですが…

完成年:昭和3年7月(1928年)というので今年で86歳!!
86年も前から現在も稼働中ということなので、発電量は安定しているのでは?
と考えられますよね。

また、匹見発電所は日本の近代土木遺産のランクCとなっています。
近代土木遺産等に関する詳しいことは、以前の投稿をご参照くださいませ。

※参照⇒匹見発電所:益田市に現存する日本の近代土木遺産

自然の緑の中にベージュがかった白の壁に淡いピンクの屋根。

「匹見発電所」をずっと眺めていると…(前回の投稿と同じく)今回も、やってみたくなりました。

近代土木遺産をリソースにしたわたくし的、現代アートです。

匹見発電所deアート


匹見発電所:益田市に現存する日本の近代土木遺産(益田市 匹見町)

益田市には社団法人 土木学会の「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2800選」に掲載されている土木構造物、土木遺産が3つあります。

1つめは平成23年度に「土木学会選奨土木遺産」に認定された『高角橋』(一級河川「高津川」にかけられた橋です。)
2つめは益田市 猪木谷町にある『豊川発電所
3つ目は益田市 匹見町の『匹見発電所』です。

ご存知でしたか?

今回は『匹見発電所』をとりあげます。

匹見発電所1


匹見発電所(益田市匹見町)RC建造物(切妻屋根)ランクC

この、匹見発電所につながる細い道を歩いてみました。
木々がトンネル状に茂る薄暗い道をしばらく進むと…

匹見発電所 益田市 匹見町2


突然の、この光景に、「まるで、異なる世界に迷い込んでしまったのでは?」という感じになりました。

さて、アングルをかえて遠くから「匹見発電所」を見てみましょう。

匹見発電所3遠景



最近は環境に溶け込むような「デザイン」が重視されますが。
当時のモダン…「電気」その「発電所」…当時の人々に感情移入すれば、このデザインも受け入れる事ができますよネ♪

MAP・場所:匹見発電所




ちょっと調子にのって…♪
匹見発電所4遠景 空想版


空想モードで画像編集してみました。

◆匹見発電所について
完成年:昭和3年7月(1928年)…益田市の3つの近代土木遺産では最も古い(建造)物です。
発電能力は(現在)最大1870kW

土木学会による「現存する重要な土木構造物2800選」にて土木遺産として選ばれた理由・評価は

・ピラスターで区分された壁面のデザイン
・当時の発電機・水車が現役使用


日本の近代土木遺産-現存する重要な土木構造物2800選-[改訂版]
編集者:土木学会 土木史研究委員会 
発行者:社団法人 土木学会

平成21年4月30日 改訂版・第2刷発行より引用


【ことば】ピラスター:ピラスターとは「付け柱」のこと…だそうです。


当時の発電機・水車が現役使用…って凄いと思いませんか?
近づくと(豊川発電所と異なり)発電機の大きな唸りの音が聞こえました。


【まとめ…益田市の日本の近代土木遺産-3件】
①高角橋 益田市 RCローゼ(下路) ランクB⇒平成23年度土木学会選奨土木遺産に昇格 完成年:昭和17年
②豊川発電所 益田市 RC建造物(ろく屋根) ランクB …完成年:昭和3年9月
③匹見発電所 益田市 RC建造物(切妻屋根) ランクC…完成年:昭和3年7月


【ことば】RC:土木用語「RC」とは…Reinforced-Concreteの略…鉄筋コンクリート

(直訳で「補強をほどこしたコンクリート」)

【画像撮影日2012年5月】