益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

今昔写考学

鍋島山八幡宮にあった「水神社」と「川丁の水神社」(益田市 高津)

前回は、鍋島山八幡宮の「水神社」について調べてみました。

蟠竜湖にあった「水神社」は明治39年、鍋島山八幡宮に合祀されたということでした。そして、現在では鍋島山八幡宮があった山自体が無くなっています。

昭和3年頃に撮影された鍋島山が写っていいる写真に現在の画像を重ねてみると、鍋島山の姿が現在は確認できないことがよくわかります。
※画像中央の高圧線の鉄塔(現在)が見えますが、その背後の小山が「鍋島山」(昭和3年ごろの画像)となります↓(久々の「今昔写考学」です♪)

昭和3年鍋山写真と現在比較(益田市高津)s

昭和40年前後に開発工事か何かの目的で「鍋島山」は崩され、その際(鍋島山)八幡宮は高津柿本神社の山の中腹に移転されたようです。


※以上参照⇒蟠竜湖から鍋島山八幡宮に移った「水神社」(益田市 高津)

現在の高津柿本神社の山の中腹にある「(鍋島山)八幡宮」、現地には「水神社」らしき「祠」や(鍋島山)八幡宮そのものの「由緒記述」がないため、その後(水神社が)どうなったかは知ることができません。


「これで、水神社の手掛かりはつきた…」と諦めかけたところ……


先日、偶然にも、


高津の「川丁(かわちょう)」とよばれる場所に「水神社」が祀られている
ことを知りました。


また、ラッキーにも、地元の大先輩が


「川丁の水神社なら知っとるよ。案内しちゃるけぇ」

(大感謝!!)


で、早速、行って見ました「川丁の水神社」

水神社 益田市高津川丁


大先輩の案内が無ければ、おそらく発見できなかったでしょう。(そもそも「川丁(かわちょう)という地名すら知らなかったですけぇ…)

こうして、スムーズに「川丁の水神社」を発見することができたのですが…

この「水神社」が、これまで調べてきた、蟠竜湖から鍋島山八幡宮に移った「水神社」と同じ由緒のものか?

その疑問について、川丁に在住の「長老」、何人かに尋ねてみたものの、「川丁の水神社は、いつごろ、この地に祀られたのか?」についてすら、手掛かりとなる情報はありませんでした。


ただ、川丁の、とある「長老」からこんな話を聞くことができました。


「(水神社がいつごろ建てられたかは知らんが…)
この「水神社」というのは「水産」と「防災」の神様なんじゃ。

・水産とは「魚」…高津川の「鮎の豊漁をもたらしてくれる神様」
・防災とは高津川の「水害から守ってくれる神様」


ということなんじゃよ。」


※水神様は、本来、農業神というイメージがあるのですが、
「川丁の水神様」に関して言えば、水産と防災神へと変異しているようです。
これはこれで、民俗学的に面白いことではないでしょうか?


場所:高津川丁の水神社(中央の目印「高津川漁協鮎組合~高津支所」(←現在は多分、運営していない)ある建物の前です。)

★おまけ画像(2枚)
川丁の水神社の祠の前から撮影した、高津川周辺の風景


①土木遺産の「高角橋」

水神社から高角橋


②ダイワボウレーヨンさんの工場

水神社からダイワボウレーヨン

益田市の宮ヶ島、驚きの昔の風景写真(小浜町)

益田市の風景で最近全国的に有名になった場所といえば

宮ヶ島の恵比寿神社(衣毘須神社)ですよね。

私、昨年の3月に益田市の小浜町にある宮ヶ島の恵比寿神社(衣毘須神社)に初参拝いたしました。
※以下のカラー画像は当時(昨年2014年3月に撮影したものです)

益田市宮ヶ島


さて、今回は
宮ヶ島の過去の風景はについて。
私の少年時代の
宮ヶ島の風景の記憶は、今の風景と全く違っていた
ということを語りたくての投稿です。

昔の記憶なのですが、今の宮ヶ島とは全く違う当地の風景の記憶がありました。


宮ヶ島の一番古い記憶は(当時は島の名前すら知りませんでしたが)
昭和40年代…JRが、まだ「国鉄」といわれていたころ。

山陰本線をはしる蒸気機関車から見えた当地の風景の記憶です。

次に古い記憶は、昭和50年代…高校時代、

当時、凝っていた、自転車(ロードレーサー)で、
ここの防波堤沿いの道をノロノロと走りながら「益田市にも凄い場所があるなぁ~」と感じた記憶です。


実は、この2つの記憶風景には現在の宮ヶ島の風景と比べると、絶対的に異なる点があるのです!

「宮ヶ島はもっと鬱蒼とした「松の木々」があったような…」

益田市の宮ヶ島には「たくさんの松の木が茂った岩山…」という記憶でありました。


「あれは、私の記憶のズレ?勝手に作り出した記憶の風景…記憶の改竄…妄想?」と思うと、

(密かに)「まさか、すでに認知症!?」の不安もありましたw


ところが!!
つい先日、昔の「宮ヶ島」の画像を見ることができました。

益田市の戸田ご在住の青木さんから、その画像(写真)をコピーしたものをいただきました。

宮ヶ島の古写真

「おお!わしの記憶は正しかった、確かにコレ↑この風景じゃ♪」
(認知症ではなかった!)

ついでに、現在の益田市の宮ヶ島の昔の松の枯れ木、「最後の松」と日本海の荒波の風景を!

最後の枯れ松 宮ヶ島2014年3月21日撮影


ということで、喜びのあまり(?)
宮ヶ島の古い画像と近いアングルで撮影した最近の画像をトリミング加工して↓

宮ヶ島2014年3月21日撮影トリミング


益田市の宮ヶ島の過去と現在の違いを分かりやすくする、比較用に画像を重ねてみました。

宮ヶ島2014年3月21日撮影トリミングss


いかがでせうか?違いが分かりますか?圧倒的な松の木々の存在です。分かりますよね!

撮影アングルが異なるためのズレは大目にみてくださいまし。

(だけど・・・どうしても手前の鳥居だけは大きさも場所もズレているのが気になりますけど…)


これぞ!「今昔写真考学」略して「今昔写考学」…(殆んど略れていないw)

「今昔写考学」…と民俗学に新たなジャンルをつくったのですが(個人的に)面白い♪
これからも続けますョ!!