益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

二見岩

二見海岸の謎と山陰本線(※益田十景「人形峠からの日本海)


益田市の自然の風景、なかでも「海」に関しては、人形峠からみえる日本海の風景は最高です。

「人形峠からの日本海」として益田十景にもなっています。

※参照>>「人形峠からの日本海」益田十景 Ver.2014年5月1日

『二見海岸』の風景をフィーチャー♪


今回は、益田市の戸田方面から「人形峠」に向かう道の途中から鑑賞できる『二見海岸』を撮影してみました。
二見海岸 人形峠 益田十景 益田市

人形峠の高さを表現するため縦撮りでもう一枚!

二見海岸 益田十景 人形峠 縦


『二見海岸』を象徴する『二見岩』…岩のオブジェです♪

二見岩 益田市


※今回の撮影地点からの『二見岩』↑
比較※「人形峠からの日本海」益田十景 Ver.2014年5月1日掲載画像↓…人形峠側から撮影
※夫岩(たぶん)の松が見える画像が「表(おもて)」でしょうネ。

二見岩


一般的に夫婦岩といわれる岩の別名として「二見岩」と呼ばれるようです。(三重県や青森県、岩手県にも同名の岩があります)

『益田市の二見海岸』の謎


二見海岸は私のお気に入りの益田市内にある海岸の一つです。ですが…実は一度もこの海岸にいったことはありません。

なぜなら、この『二見海岸』へつながるルート(道)が未だわからないのです…。

「道なんぞ無くとも藪でも林でも、なんとか歩いて行けよ!!」というお声も聞こえてくるような気がしますが…

撮影地点と『二見海岸』の間には山陰本線が通っているのです。

二見海岸前 山陰本線 旧国鉄色車両 益田市

おおっ!!キハ40系、国鉄色の車両だ!!

MAP・場所(航空画像):益田市の二見海岸


「人形峠からの日本海」益田十景のレビュー Ver.2014

2014年5月1日。益田市は久しぶりの晴れになりました。
風景を撮影するには、基本、青空と雲の程よいバランス、彩りが必要ですよネ。
今回は「益田十景」の一つ「人形峠からの日本海」の5月バージョンの撮影に向かいました。

「人形峠からの風景」は、これまで何度もネット上に投稿していています。

このサイトでも

>>「人形岩眺望所」奇岩!人形岩を観賞するなら(益田市人形峠)

>>人形峠の駕籠立からの冬の日本海の景色(益田市 飯浦地区)

というタイトルで投稿したこともあります。

今回は、「益田十景」の一つ…「人形峠からの日本海」をテーマとして(意識し)撮影してみました。

新しくなった、この地の「案内看板」を交えながら画像を主にしたコンテンツに仕上げました。


まずは、私が好きな屏風岩

屏風岩2


(当然ですが)見る角度で姿は変化します。

益田市 人形峠 屏風岩3

屏風岩
穏やかな日本海。澄んだ海と屏風岩を縦撮りしました↑

「人形峠からの日本海」益田十景…新しく設置された案内看板。
益田十景 人形峠 新案内看板

MAP:「人形峠」案内看板が設置されている場所…人形鼻とある付近の道路沿い



奇岩として当地では(おそらく)最も有名な人形岩…画像2枚↓
人形岩

人形岩2

そして、今回、実はw、「小野村誌」により正式名称がわかりました・・・二見岩
二見岩

二見岩とその先にある、断崖・絶壁セット画像
二見岩と断崖

飯浦方面の画像…鑪崎、旧台場
鑪崎、旧台場
そして案内看板
益田市 飯浦 鑪崎、旧台場、三生島 案内板

三角おむすび形の「三生島」↓(かなり霞んでいます)
三生島

飯浦港の様子
益田市 飯浦港


人形峠から飯浦方向直下の海岸…
実は、ここ、地質学的に面白い。あの、ホルン…があるのです。
好きな方は今度よ~く観察してみてくださいまし↓

人形峠 飯浦側 断崖 直下の海岸