以前、このサイトで益田市の高島と伊勢島(岩礁)と本土の3つが確認できる画像を投稿したことがあります。

※参照⇒益田市高島の「お伊勢物語」の内容を比較してみた(冒頭部編)
リンク先の記事の後半に掲載している画像です。

実は、この画像の撮影場所から、

益田市のプチ秘境、プチ絶景といえる、とても美しい風景をみつけました。


洞ノ鼻」とよばれる場所です。

益田市 洞ノ鼻の風景1

撮影場所は、お隣の、浜田市三隅町岡見の源田山(標高263m)の麓の道路からです。
益田市 洞ノ鼻の風景2


岩場と砂浜がコンパクトにまとまっていて素敵ですネ♪

「洞ノ鼻」の地名の由来について考えてみた。

「洞ノ鼻」の地名にはどんな由来があるのでしょうか?
「鼻」というのは一般的に海に突き出した部分(地形)をいいますので特に疑問はないのですが…


「洞」について連想できる単語(熟語)は「洞窟」、「洞穴」です。
そう思って、上の画像をみたところ…(もうお気づきの人もいるでしょうけど…)

益田市 洞ノ鼻の洞


ここに「洞窟」「洞穴」のようなものが確認できます。白い粒のように見えますが、海までつながっている穴にも見えます。(もしかしたら、ただの白いゴミかもしれません!?)

【追記】3月2日(月)・・・洞ノ鼻の「洞」が(上の画像より多少)わかりやすい、画像を2月8日(日)の撮影記録で発見!!しました。

洞ノ鼻 洞の穴 益田市の風景


2015年の2月8日。益田市の日本海はとても風が強く、かなりの時化だったわけですが、何の偶然か?確かに貫通した「洞(穴)」とみられるものが(こちらの画像の方が)よく確認できますネ♪

岩山を貫通した「穴」・・・これが、「洞ノ鼻」の地名の由来に関係しているのでしょう♪…「洞」がある「鼻」というわけです(多分)

※もう少し暖かくなったら、実際に現地(洞ノ鼻)で確認してみたいと思います。

「洞ノ鼻」について地元、益田市の人に聞いてみた…

実はここ「洞ノ鼻」について地元、益田市のいろいろな方にたずねてみたのですが(たまたまでしょうけど…)誰もご存じありません。

ただお一人、(高津の)釣り好きの方に聞くと、この場所自体は(釣り場として)よくご存知で


「ああ、あそこは、わしらぁが「二つ岩」ちゅうて呼んどるとこじゃぁ…二つ大きい岩山があるろう!? じゃけえ「二つ山」ちゅうんじゃあネ。

ふ~ん…あそこは「洞ノ鼻」ちゅうていわれとる場所なんかネ?初めて知ったのう…」

という益田市の貴重な釣り場情報も知ることができました♪

「洞ノ鼻」は、地元の釣り人には「二つ山」とよばれているのですネ♪・・・「二つ山」・・・わかりやすいですよネ。

洞の鼻(益田市鎌手地区)場所地図(googleマップより)