益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

万葉公園

島根県立万葉公園の花ナウ「紫陽花(アジサイ)」2015年6月13日(益田市 高津)

島根県立万葉公園、6月に入って、どんな花が咲いているか?

今回は、簡単に発見できました…「紫陽花(アジサイ)」です。

紫陽花が咲く斜面 島根県立万葉公園(益田市)

場所は、万葉公園の正面入り口~管理センターのまでの斜面をはじめ、園内のいろいろな所で咲いています。

紫陽花 並木 島根県立万葉公園(益田市)


万葉公園では「青色系」の紫陽花が多いようです。

紫陽花 島根県立万葉公園(益田市)


益田市は先週末から、暑い日が続いています、本当は、雨露を蓄えた、瑞々しい紫陽花の画像にしたかったのですが、叶いませんでした。


※島根県立万葉公園の「紫陽花(あじさい)」は、例年では6月後半ぐらいまで楽しめるとのことです。

「紫陽花(アジサイ)」について…



紫陽花s 島根県立万葉公園(益田市)


「紫陽花(アジサイ)」について調べてみました。
・紫陽花(アジサイ)の学名は Hydrangea macrophylla…アジサイ科アジサイ属だそうです。

(ネットの事典サイトではユキノシタ科という表記もありますが、それは、植物の分類体系で「新エングラー体系」でのもので、(新しい)APG体系ではミズキ目アジサイ科となっています。)


・紫陽花(アジサイ)の原産地はナント!!…日本♪


紫陽花(アジサイ)の原産地は日本であることがわかりました。

ただ、原種の形状は、これまでの画像にみられるものではありません。、

日本原産の紫陽花、原種は「額紫陽花(ガクアジサイ)」とよばれるもの。


・「ガクアジサイ」とはどんな紫陽花か!?

益田市内で、知り合いの人のお庭に咲いていた「ガクアジサイ」系の花の画像です。
(原種ではないと思いますが…)

ガクアジサイ系


で、これが、わが家にある「ガク系紫陽花」↓

ガクアジサイ系ピンク


島根県立万葉公園にもこのガクを持つ紫陽花による群落があります。

紫陽花 がく系 島根県立万葉公園 益田市


花だけをアップで見ると

紫陽花 ガク系 2島根県立万葉公園 益田市

万葉公園のこの紫陽花、額部の装飾性が高く実にいいですネ♪

場所は、万葉公園の中央駐車場から南口へ下る道路の左側です。

ちなみにこの南口に抜ける道路にも紫陽花がたくさん咲いています。


万葉集で「紫陽花」を詠んだ歌



県立万葉公園に咲いている紫陽花ですから、当然「万葉集」関連の情報も加えておくことといたしませう♪


万葉集には紫陽花を詠んだ歌が二首あります。

まずは、


事不問 木尚味狭藍 諸<弟>等之 練乃村戸二 所詐来(4巻773)


題詞は「大伴宿祢家持従久邇京贈坂上大嬢歌五首」の第四首にあたります。

作者は大伴家持(おおとも の やかもち)です。
※この歌では紫陽花は「味狭藍」と記されています。


他の四首は、


①人眼多見 不相耳曽 情左倍 妹乎忘而 吾念莫國(4巻770)
②偽毛 似付而曽為流 打布裳 真吾妹兒 吾尓戀目八(4巻771)
③夢尓谷 将所見常吾者 保杼毛友 不相志思<者> 諾不所見<有>武(4巻772)
⑤百千遍 戀跡云友 諸<弟>等之 練乃言羽<者> 吾波不信(4巻774)


次に、

安治佐為能 夜敝佐久其等久 夜都与尓乎 伊麻世和我勢故 美都々思努波牟(20巻4448)


題詞は「十八日左大臣<宴>於兵部卿橘奈良麻呂朝臣之宅歌三首」の第一首にあたります。

作者は橘諸兄(たちばなのもろえ)です。

この歌では紫陽花は「安治佐為」と記されています。


続く二首は、


奈弖之故我 波奈等里母知弖 宇都良々々々 美麻久能富之伎 吉美尓母安流加母(20巻4449)
③和我勢故我 夜度奈弖之故 知良米也母 伊夜波都波奈尓 佐伎波麻須等母(20巻4450)


この二首には「奈弖之故」…撫子(なでしこ)が詠まれています♪


☆話しは紫陽花の品種の件にもどりますが…
紫陽花は土壌のpH(ピーエイチと読みます)によって花色が変化したり、品種…形状(デザイン)もかなりたくさんありますよね…

万葉の時代の大伴家持や橘諸兄が見た紫陽花は花はどんな色で、どんな形状(デザイン)だったのでしょうか?興味が湧きますネ♪

こいのぼりの大群が島根県立万葉公園に出現した風景(益田市高津)

4月22日の今日、益田市の高津にある、島根県立万葉公園へウォーキングへ。

万葉公園の中の「万葉植物園」の植物の変化の様子を楽しもうと東口駐車場に向かったところ…


万葉公園東口の天空の様子に大変化が!!

島根県立万葉公園の「進撃のこいのぼり」の風景(益田市高津)1


おおっ、こいのぼり♪・・・しかも群れで泳いでおるではありませんか!?


確かに、いつもこの季節、万葉公園のこの場所には、たくさんの「こいのぼり」が揚げられていることは知っていました。


ただ、これまで益田道路からしか見たことが無かったので、万葉公園の東口駐車場から間近にみた「こいのぼり」達の迫力の風景は初めての体験です。


近くで見て初めて分かったのですが…大型の「こいのぼり」もたくさん泳いでいます。

島根県立万葉公園の「進撃のこいのぼり」の風景(益田市高津)

目的のウォーキングのことはすっかり忘れ…

万葉公園の「こいのぼり」の群れの撮影にすっかり没頭してしまいました。


せっかくなので、撮影スポットをご案内しましょう。

まずは、「四季のもり」から…

島根県立万葉公園の「進撃のこいのぼり」の風景(四季のもりより)


時間帯的に逆光になりましたが、「四季のもり」からは「こいのぼり」達の姿を一番間近に楽しめます。


ここでいったん休憩。

若葉の時期の万葉植物園あたりの風景を撮ってみました。

万葉植物園を四季のもりからの樅の風景


新緑が綺麗です♪ 画像中央上の「樅の木」は相変わらず貫禄ありますネ♪柳の大木もあったんですね!(下からは気付きませんでした。)

ふと、先日まで満開であった桜の枝先をみてみると。

益田市 さくらんぼ 島根県立万葉公園


かわいい「さくらんぼ」。赤く色づいておりました♪

やすらぎの家の前を通過し…またまた、ちと休憩…歳ですかねwww

島根県立万葉公園の「もみじの若葉」遮光の風景


もみじの新緑…若葉の遮光カーテン…素敵です♪

で、やっとこさ、(さっきの撮影場所の真反対側まで歩いての)「きょうどのもり」から…

万葉公園の「こいのぼり」の風景(きょうどのもりより)


こちらは、光り的には問題はないのですが…島根県立万葉公園に「進撃のこいのぼり」群を見下ろす角度になるため少し迫力に欠けますネ。

と、なんだかんだ、万葉公園の「こいのぼり」の群れの撮影に夢中になってしまいました。

ふりかえって思うと…階段や坂道を、あがったり、おりたりして…結果的にいつものウォーキングよりはるかに高い強度の運動をすることができて…体も満足!!

万葉公園の皆さん!ありがとう♪

最後に島根県立万葉公園の東口の場所はコチラ↓

島根県立万葉公園東口の場所(益田市高津)


結局、ぐるりと散策してなんですが・・・万葉公園の「こいのぼりの群れ」の風景に一番迫力を感じたのは…実は…東口の駐車場からでした(ハハハ♪)

益田市 島根県立万葉公園東口 こいのぼり


おまけ…こいのぼり「幻想モード」を一枚ですが・・・追加しました(2015年4月24日)

万様こいのぼり風景 幻想モード




では、おやすみなさい♪


4月の万葉植物園の黄色と鯉のぼりの風景(益田市の県立万葉公園にて)

益田市の高津地区にある県立万葉公園

その中には「万葉植物園」と呼ばれるエリアがあります。
現地の案内板をみると「万葉植物園」には万葉の歌に登場する130種類以上の植物が植栽されているそうです

万葉植物園 益田市高津s


4月12日 日曜日、地方選挙の投票をすませた後、ここ「万葉植物園」を訪れました。


この日、益田市の天候は曇りでしたが、明るさはまずまず。


「さて、今日は「万葉植物園」ではどんな花がみれるかいのう!?」


「やすらぎの家」でお茶を御馳走になり「万葉植物園」に向かいました。

最初に目に入ったのは「ミツマタ(三椏)」の花

益田市万葉植物園ミツマタの花


地味な淡い黄色…でも、なんとなく暖かさを感じます。

益田市万葉植物園ミツマタ


万葉名は「さきくさ」という説明が見えます。(ちなみに「さきくさ」は「百合」(ささゆり)という説もあります。)

次は「ヤマブキ(山吹)」…まわりには他の花色がないため、この黄色(の花)は眩しく感じられます。

益田市万葉植物園ヤマブキ3


数年前に世界遺産「石見銀山」の「大久保間歩ツアー」にいった時、
現地のガイドさんが「ヤマブキが多くある場所は鉱物資源が多いといわれています。」とおっしゃっていたことを思い出しました♪

益田市万葉植物園ヤマブキ2


ちなみに益田市でヤマブキの野生種を楽しむなら、匹見川の上流、特にその支流では、豪華な花景色を楽しめます。(おすすめは能登川…その水源近くには丸山銅山跡があります。)


この日の「万葉公園」散策では、「ミツマタ(三椏)」と「ヤマブキ(山吹)」か…と帰ろうとしたところ、ふと、足もとを見ると、かなり小ぶりでしたが「黄色い花」が!!

益田市万葉植物園西洋カタクリ4

カタクリ…花色は黄色…「西洋カタクリ」の花を発見しました♪

益田市万葉植物園西洋カタクリ


おまけ画像…西洋カタクリの蟻つき画像↓(わかります?蟻の存在w)

益田市万葉植物園西洋カタクリ3

2015年4月12日(日)の「万葉植物園」では3種類の植物の花を楽しむことができました。

花色はすべて「黄色」。なんか意味あるんでせうか!?


★スペシャルおまけ画像。

帰り道、駐車場に向かう途中で見つけたのですが、林の中に青と赤の縦に長い物体が見えました。


一体なんだろう…島根県立万葉公園の隠しオブジェ?と不思議に思い近づいてみたら…

益田市万葉公園鯉のぼり


ムムム!? これは5月のアレでは?

益田市万葉公園鯉のぼり2


「鯉のぼり」が2匹。
・・・益田市の県立万葉公園の名物風景「鯉のぼり」…総勢60匹を超える「鯉のぼり」が天空を泳ぐ姿は、なかなかの迫力です。

さて、この2匹の「鯉のぼり」・・・今年の4月21日  4月22日の出番まで、じっと、林の中に潜んで待っているのか・・・
はたまた、万葉公園の鯉のぼり、もしかして園内の雑木に実る…「鯉のぼりの木」があるのか!?(笑)

「叶うたび」…言霊センスを磨き益田市の魅力を堪能する旅

昨日、なつかしの国石見(島根県西部公式観光サイト)に訪問したところ、
広島方面の女性限定で「叶うたび」という1泊2日の旅行企画があることを知りました。
なつかしの国石見(島根県西部公式観光サイト)です。

今回気になった「叶うたび」の内容を実際みたところ…

叶うたび…1日目(2015年3月25日(水))

江津市の名所巡りからはじまって、お隣りの浜田市の三隅にある「石州和紙会館」で紙漉き体験。

そして、この日のお泊りはなんと!益田市の「荒磯館」…素晴らしい日本海の眺めと、海の幸を堪能できます。
(ちょっと待って!?…参加費用、総額で12,000円(税込)!? ですよね、で、宿泊先があの「荒磯館」ですって?…超お得な旅企画ですよ…まったく)

しかも、しかも、この夜は「石見神楽」の舞の上演も楽しめるという…もう、わけわかんないくらい大盤振る舞ですネ♪この旅企画


叶うたび…2日目(2015年3月26日(木))

★まず、益田市の小浜町にある海上神社「宮ヶ島の恵比寿神社(衣毘須神社とも)」

宮ヶ島 恵比寿神社 益田市小浜町の風景


宮ヶ島の恵比寿神社↑昨年NHKの「にっぽん縦断 こころ旅」をはじめ、何度かTVメディアにとりあげられている場所です。今や、益田市の有名人気スポットの一つですよネ♪


★次は、なんと、益田市の最大名所「正一位 高津柿本神社」での特別参拝(どんな特別なのでしょうか?)と「島根県立万葉公園」の散策(健康的ですネ♪)


・「高津柿本神社」は歌聖「柿本人麿(柿本人麻呂)」公を祀っています。

高津柿本神社



全国の「柿本神社」の「本社」です。

人丸(ひとまる)さんの魂を素直に感じとれたなら…
古(いにしえ)の日本の神々による言霊のパワーを授かって…素晴らしい「うた」が閃くかもしれませんネ♪

柿本人麻呂 像 益田市高津柿本神社s


柿本人麿公のことを我々益田市民は親しみをこめて「人丸さん」とよんでいます。


・「島根県立万葉公園」は全国でも屈指の自然公園です。

県立万葉公園 益田市高津s


公園内の「万葉植物園」には古来から日本人が愛する様々な植物が育っています。

万葉植物園 益田市高津s


※当日は、どんな植物達の姿や花々を楽しむことができるのでしょうか♪

叶うたび」2日目の午後からの予定…クライマックスは「山陰の小京都」として全国的に有名な「津和野」へ向かうそうです。

★かの「太鼓谷稲成神社(たいこだにいなり神社)」参拝とのこと。これで石見のパワースポット充電マックス完了です!!

太鼓谷稲成神社 津和野


太鼓谷稲成神社は「日本五大稲荷」の一つです。

※モチロン…「御朱印」もいただけますョ。

太鼓谷稲成神社 津和野 御朱印


イケメン神職様もおられますので、広島の「御朱印ガール」さんなら、今回の山陰島根県石見地方の超格安ツアー「叶うたび」のクライマックスは「垂涎の的」ですネ!!


叶うたび」かぁ~…なんか、地元、益田市の男子も参加したくなる…知的で、健康的な旅体験ができそうですネ♪

高津柿本神社の5月の景色

5月になって、天気のいい日が多くなった益田市。
今回は「高津柿本神社の5月の景色」というタイトルでの投稿です。

まずは、高津柿本神社の入り口、鳥居のそばの池にそって、「あやめ」の花が咲いています。
高津柿本神社あやめ

(この、「あやめ」の花の存在は、今回、初めて知りました。)

益田市の他の神社と比べて、高津柿本神社の魅力の一つは、境内に数多くの植物が育てられていることにあります。
鳥居とそのそばの池周辺、参道の石段沿いに、四季を通じて様々な植物の花を観賞できます。
益田市 高津柿本神社2014052

柿本神社の神殿周辺も「つつじ」、そして新緑があふれています。(神殿は見えにくくなりましたが…)
益田市 高津柿本神社201405

今年(2014年)4月の高津柿本神社の「桜」をテーマにした
>>「高津柿本神社」桜 観賞(益田市 桜 2014年4月 夜嵐の後の仇桜)

時期的に3月…「梅の花」
>>高津柿本神社への参拝。その最適な時間帯は(益田市のパワースポット)

と比較してみても面白いですよ。

益田市の高津柿本神社では3月は梅、4月は桜…と代表的な花はもちろん、石段と石段の間のわずかな隙間で元気に花を咲かせるスミレ(菫)の姿にも、植物の生の逞しさを感じたり…(※以下のスミレの画像は4月10日に撮影したものです。)

益田市 高津柿本神社 石段スミレ (1)

益田市 高津柿本神社 石段スミレ (2)


気持ちにもゆとりがでてきます。

さらに、高津柿本神社から、万葉公園(最近は、植物名の札はあっても、実態がないケースも見受けれれますが)に遊歩道がつながっているので、植物が好きな人は、かなりリッチに楽しいめるスポットであると思います。

(おまけ)池の噴水にも苔やシダ類が長い時をかけて育ったようで、いい景色をつくっています。
高津柿本神社 池 噴水