益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

七尾公園

益田市の水源地 七尾公園の桜「2015」の風景 益田十景

本日(2015年4月2日)、益田市の水源地 七尾公園の桜を見に行きました。

時刻は午後1時過ぎ。平日にもかかわらず100人以上(駐車場は水源地、住吉神社も満車状態)の益田市民が満開状態の桜を楽しんでおられました。

益田市七尾公園 桜並木20150402


益田十景…七尾公園。満開の桜の中で、くつろぐ益田市民の方々

七尾公園桜20150402


住吉神社への石段がはじまる鳥居周辺の桜の風景。とてもリッチですネ。

益田市住吉神社鳥居と桜


※東側の空の青はいい色でした♪

2015年3月末ごろからいっきに開花したようです。
ちなみに、今年3月25日の益田市の水源地 七尾公園の様子がコチラ↓

益田市七尾公園20150325s


そして本日(2015年4月2日)の桜の様子です↓(ほぼ同じ地点から撮影です)

益田市七尾公園 桜20150402


わずか一週間程度でこの景色の変化…桜って凄いのう…

というわけで・・・

益田市の水源地 七尾公園の桜「2015」も、とても綺麗でしたよ♪


・・・で終わるのも、ちょっと…と思ったので、

益田市の水源地内の池の周りの画像を…

1つ目は、益田水源地の名物オブジェ…『進撃のエビス小僧

益田市水源地 エビス小僧s


進撃のエビス小僧』・・・ミカサがいうように「人間の比率で考えればあの魚(鯉?)を持ち上げられると思えないけど…」それを捕獲して嬉しそう、

でも、その喜びもつかの間、首や胴に巻きついた糸で?少し苦しそうにも見えます。

この糸、話題の「進撃の巨人」の調査兵団の仕業?…を意図したものか…益田市の水源地も、なかなかトレンディですね(笑)

2つ目は、水源地の事務所入り口両サイドの「樅(モミ)の木」

樅と桜と青空…元気でます!!

益田市水源地 樅と桜と青空とs20150402

本来、樅の葉色はもっと濃い緑ですが、花が咲いていたので、枝先あたりが黄緑色に輝いてみえます。(こちらも満開です♪)

益田市水源地 桜20150402


益田市の水源地 七尾公園の桜「2015」は今週の週末(4月5日、6日)がギリギリ…ラストチャンスかもしれません!?(雨が降れば、かなり厳しいかも!?)

益田市の水源地 七尾公園の桜「2014」 益田十景

2014年、今年の益田市の桜は格別に綺麗ですネ。
昨日(2014年4月2日)、夕方ではありましたが、益田市有数の桜スポット「益田市の水源地 七尾公園の桜」の様子をみてきました。

思った通り、満開でした。夕刻、午後五時近くなので、光が緩く、淡く黄色がかっています。でも、七尾公園の桜の「満開感」は伝わるのではないかと思い、画像、数点掲載いたします。

益田市の「水源地」はこの時期開放(開門)されていて、一般の益田市民でも(運が良ければ)駐車できます。運が良かったので車を停めて、そこから住吉神社の参道方面へ向けて、歩きながらの撮影です。


まずは「桜並木と七尾橋」

桜並木と七尾橋 益田市 七尾公園の桜


中央の朱塗りの橋が「七尾橋」です。


七尾橋を渡り、歩をすすめていくと、桜と整然と並んだ朱塗りの街灯(昭和チックに寄贈者の名前が記されています…レトロです♪)

益田市 七尾公園 桜と朱塗りの街灯


…暗くなって「灯」が施されたら、この頃の七尾公園と桜の光景は、さぞやロマンチックなことでしょう。

桜のボリューム感を意識した画像

益田市,七尾公園,桜の満開

かつての七尾城内堀の池と桜の風景です。


泡立つような桜の花々と歴史的背景…ココは…そう!益田十景
>>『益田十景』とは。益田市の「来て観ませんか」10ヵ所とは
の一つです。

七尾山、住吉神社と自然散策道 看板


以前投稿した益田十景の絵葉書集ではココは「住吉神社」と記載されていました。

そのため、絵葉書には「七尾公園」のこの池あたりの風景(季節は冬)…何をもってして「益田十景」としたいのか?よく分かりませんでした。

ですが、この看板には「~七尾山、住吉神社と自然散策道~」とありました。
うんうん、これなら「益田十景」の一つとして納得できますネ。特にこの季節。

益田市 七尾公園池 桜満開

地元の年配の方がおっしゃっておられましたが、ここ数日が益田市の七尾公園の桜…満開の絶頂(ピーク)だとのことですヨ。

「明日ありと思ふ心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは…」
MAP・場所:益田市七尾町水源地