益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

益田市から望遠の風景

益田市の人形峠から比礼振山を見ると「あの山」が見える時もある

益田市の人形峠から比礼振山を見ると

益田十景の一つ「人形峠からの日本海」。益田市の人形峠(正確には「駕篭立て」と呼ばれる場所)から見える変化にとんだ日本海の風景は何度来ても新しい発見があるので、飽きることがありません。

人形峠からの風景ですが、日本海方向ではなく中国山地方向で発見した「望遠風景」の投稿です。

撮影日は2014年9月13日午前中11時過ぎごろ…益田市は快晴で、(最近では珍しく)澄んだ青空が広がっていました。

いつもどおり日本海の風景。海岸や小島、絶壁や岩と波の風景を撮影したあと、ふと益田市の市街地方面をみたところ、いつもより比礼振山(権現山)標高359mがくっきりと見えるではありませんか!!

しかも、この日は特別視界がよく、比礼振山(権現山)の背後・彼方に比礼振山の標高を遥かにしのぐ中国山地の山々が見えるのです♪

比礼振山(権現山)標高359m 益田市 人形峠よりa

私が気になったのは、比礼振山(権現山)の背後、ほぼ真後ろにある高い山。
山頂付近が双こぶ状になっている山です。

「そもそも『比礼振山(権現山)』って一体どの山のことじゃ!?」

という方もおられるでしょうから、もう一度同じ画像。説明付きで…

比礼振山(権現山)標高359m 益田市 人形峠より

わかりましたか?で、話題は「気になった山」です。

益田市の比礼振山(権現山)の背後にある高い山の名は!?


「一体あの山は何山?…気になる」

自宅に戻り、早速、ネットの地図サイトで益田市の人形峠~比礼振山(権現山)を直線でつなぎ、その直線を中国山地方向に延長したところ…わかりました!!

どうやら、広島県の臥竜山(標高1,223m)と思われます。 

広島県の臥竜山(標高1,223m)と益田市の比礼振山(権現山)標高359m

益田十景の一つ「人形峠からの日本海」という名称についてですが、
天候・視界が良ければ「人形峠からの中国山地」も楽しめますネ♪

MAP・場所:比礼振山(権現山)



編集後記

9月13日は益田市は青空が広がり、大気はとても澄んでいました。
こういう日は、普段は見えない「かなり遠くの景色」が見えたりするものです。
あくまで個人的な驚きと感動なのですが…「益田市からあんな遠い所が見えるんだ…♪」という思いを込めた画像がこの日だけで3点(3か所)撮影できました。

今回はその2回目となります。

1回目はこちら>>益田市から見えた浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)

次回は(個人的な感想ですが)益田市から見えた、もっと凄い望遠風景です…お楽しみに♪

益田市からの浜田市の風車の風景(益田市 喜阿弥町より)

突然ですが益田市の風景に関する問題♪


Q.益田市には風力発電用の大型風車は何基あるか?ご存知ですか?
A.答えは「1基です」。

出題することが恥ずかしくなるような超簡単な問題ですネ。


では!!もう1問。

Q.益田市から風力発電用の大型風車は何基「見える」でしょうか?

「1基?」

ですよね~♪って、私もそう思い込んでいました。
これからお見せする画像を撮るまでは…


A.正解は2基。…実は、「ゆめタウン」のそばにある大型風車の他に、もう1基、かなり遠いところですが風力発電用の大型風車が見えるのです。

益田市から風力発電用の大型風車は2基見える!?


早速ですが画像を見てください。

益田市 魚待鼻 三隅町の鹿島


画像中央右端に見える、日本海に突き出した部分が益田市 鎌手の「魚待鼻」。ポツリと白い点のようですが灯台(魚待鼻灯台)が確認できます。

※この日は、晴れ、空気も澄んでいて視界も良く、なんと「魚待鼻」よりもっと先の浜田市の方まで見えるではありませんか!!


「で、どこに風力発電用の大型風車が見えるんか?」
ハイ!!では少し倍率を上げて撮影した画像を…。

浜田市 馬島 鹿島


画像中央に明るく写っている小島は浜田市三隅町の「鹿島」のようです。


「鹿島が見えるたことはわかった。で、どこに風力発電用の大型風車が見えるんか?」
ハイ、ハイ!!では最高倍率での画像を…。

浜田市 馬島 鹿島 風車


いかがですか?鹿島の右端に白い大型風車見えますよね!?…推測ですがこの風車は浜田市の生湯町に設置されているものだと思われます。(私なりにかなり調べたのですが…間違っているかもしれません)

※上3枚の画像について
撮影日時:2014年9月13日(土)17:00頃
撮影場所:益田市 喜阿弥町 国道191号線 上り坂「ペンション族」さんの看板近く。(上り坂途中の分かれ道で周辺より小高い場所です。)

風車と馬島と鹿島が見るなんて…素敵なドンキ♪


そして画像中央の、浜田市三隅町の「鹿島」の左側に見えるのは、(位置的に)浜田港の「馬島」かと思われます。(「馬島」かどうかは、正直、自信はありません。)

それにしても、浜田市の生湯町の風車まで見えるとは…

◆もしかしたら…
浜田港の「島」と三隅町の「鹿島」…あわせて「馬鹿」となり、私はバカされているかもしれません…まるで、益田市のドンキホーテ現象?…ですが、まぁ、デジカメで撮った画像なので…真実でしょう♪

空気が澄んで晴れていれば、益田市から随分遠くまで見えるんですね♪

ここ数日、益田市は青空が広がり、大気はとても澄んでいます。
こういう日は、普段は見えない「かなり遠くの景色」が見えたりするものです。
「益田市からあんな遠い所が見えるんだ…♪」といった、(あくまで個人的な驚きと感動)画像がこの日だけで3点(3か所)撮影できました。

今回はその1回目となります。

次回をお楽しみに♪

念のため…地名入りの画像

(↓1枚目と3枚目の画像に地名を記入)
益田市 魚待鼻 三隅町の鹿島 案内

浜田市 馬島 鹿島 風車 案内s

益田市沖の日本海で箱舟(状)の船舶を見ゆFESCO MvFescoUlan-Ude

本日(2014年9月13日)の益田市は綺麗な青空で視界も良好!!でした。
というわけで、益田市の絶景を求めて…日本海を眺めに行きました。

益田市の日本海沖に謎の箱舟(風)船舶を発見!!


午後2時~3時ごろだったでしょうか。持石海岸付近を走行中、ふと益田市沖の日本海の水平線上をみると。

奇妙な形の船影…箱舟?を発見。思わず車を止め、撮影となりました。

益田市沖の箱舟


最高倍率で撮影したところ、船側にはロゴが確認できます。

FESCO Mv Fesco Ulan-Ude 益田市


FESC●…FESC…その次の文字は不明。


早速、自宅にて画像を確認したところ、ロゴは「FESCO」でFESCO RO-RO SERVICEの船であることがわかりました。

FESCO RO-RO SERVICEは、RO-RO船による日本からロシア極東地区への車両輸送サービスを提供しております。
日本寄港地: 横浜・名古屋・大阪・神戸・伏木・浜田
ロシア寄港地:ウラジオストック

ということです。

ちなみにこの船は、
Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)
MMSI: 353651000
Type: VEHICLES CARRIER
Gross Tonnage: 6974
Summer DWT: 3198 t
Build: 1985
Flag: PANAMA
ということです。

Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)のスペック


気になる!? Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)スペックは
総トン数:  6974t
載貨重量トン:  3198 t
全長 × 巾:  96.91m × 20.2m
建造年:  1985年

全長は100m程度の船舶なのですが、私にはもっと大きく見えました。

※Mv Fesco Ulan-Ude (IMO: 8509466)上海から、浜田港へ向けて益田市沖を航行中の撮影でした♪