先日(2014年2月)、旧益田方面に用があり、せっかくなので御無沙汰している「岸静江国治のお墓」を拝んで帰ろうと、多田方面へ。益田市の指定文化財「史跡 岸静江国治のお墓」…約4年ぶりです。

この地については、約4年前に一度投稿しています。
(当時、利用していいたブログサービスが今年2014年の1月に閉鎖ということで、本ブログでは2014年01月28日に若干の再編集をし再投稿しています。)
⇒「石州口の戦い」岸静江国治を偲ぶ(益田市 多田町)【2009年10月撮影】

まずは当地の2014年2月20日の様子。あえて、「縦撮り」してみました。
岸静江国治の墓 益田市指定文化財2014年2月撮影

新しくなった説明版「史跡 岸静江国治の墓」


上記リンク先の4年前の画像と比較して、構図的には大きな変化はありませんが、平成22年3月に説明板がリニューアルされたようです。
岸静江国治の墓 益田市指定文化財 説明板


4年前の投稿画像にある以前の説明板にくらべ、岸静江国治に関する情報は増えたように感じます。と言って、前説明板にも、独特の趣もあり、甲乙を付ける気もありませんし(そもそもそんな立場でもありませんw)

濱田藩岸静江墓

今回、新しくなった説明板で、新たに学んだ事…見えたコトがありました。それは…

それは、最後の段落
「勇敢な戦死者に長州軍から費用が出され、多田地区民により手厚く葬られたのが、「濱田藩岸静江墓」である。

という箇所、岸静江国治のここでの出来事は、周知のとおりで、ここでは述べません。
ですが、「濱田藩岸静江墓」という記載…「『濱田藩』のために」という岸静江国治の死の理由を記したところには、長州軍の礼節を感じ敬服いたしました。
濱田藩岸静江墓 益田市指定文化財

実際に戦いがあった、扇原の関門跡へは、このお墓から舗装道路をはさんで向かい側に
「扇原関門跡入口」の道標が目印です。ここから10分程度歩きます。
扇原関門跡入口 道標 益田市

MAP・場所:岸静江国治の墓