益田市の高津 浜地区には、かつて「連理松」という珍しい樹形をした「松」の木がありました。
この松は、平成15年3月に「松くい虫」の被害で枯れ「伐採」されたため、現在は、その姿をみることはできません。

しかしながら、現在、当地には「高津の連理松」と銘うった「遺跡」的な感じでその記録が残っています。
⇒今はなき「高津連理の松」とその思い出(益田市 高津 浜地区)

実は、この「連理の松」の(私が知る限り)最古の画像(写真)を発見しました。

出拠は『高津町誌』(正確には、復刻版『高津町誌』)からです。

高津の連理松 最古の画像 昭和10年代前半


益田市の『高津連理の松』についての情報は以下のページ(リンク)に記しています。
⇒在りし日の「高津連理の松」の樹齢・太さ・高さ(益田市 高津 浜地区)
かなり周辺の感じが違いますね。

この画像(写真)の撮影時期についての考察
さて、この画像(写真)、一体、いつ頃撮影されたものなのか?
画像の下に「連理松(天然記念物)」という記載が確認できます。

そして、現在確認できる正確な記録は以下の2点。

①「高津連理の松」が我が国の天然記念物に指定されたのが昭和9年。天然記念物 高津連理ノ松(昭和九年八月九日 文部省告示第二三五号)
②今回の画像の出拠『高津町誌』が完成(出版)が昭和12年。
この2つの信頼できる情報から、昭和10年前後に撮影された「高津連理の松」の(生きのいい)姿と推測できます。


★「連理」の意味については、
⇒「連理の松」の「連理」等、名前の意味を知る(益田市『高津連理の松』遺跡)
をご参照ください。