益田市には今はもう姿を見る事のできない天然記念物が「高津連理の松」の他に、もう一つあった事をご存知ですか?

それは、益田市美都町にあった「後山都茂屋(うしろやまつもや)のヤブツバキ」です。

「高津連理の松」は国の天然記念物でしたが、「後山都茂屋のヤブツバキ」は島根県指定天然記念物

「後山都茂屋のヤブツバキ」は平成16年12月17日に島根県指定文化財 天然記念物(第33号)に指定され、その7年後、平成23年4月枯死しました。

私は、2009年6月に一度だけ「後山都茂屋のヤブツバキ」の姿を見ています。車を止め、山道、徒歩で20分位の距離だった記憶があります。…私が最初で最後に見たの姿。(今から思えば貴重な画像となりました。)

後山都茂屋のヤブツバキ2009年6月 益田市 美都町
2009年6月撮影
確かに「巨木」ではありますが、既に、葉は枝の先端部にちらほらと…。通常、ツバキが生育するには、周囲が明るすぎていることにすぐに気づきました。ヤブツバキには異常…過酷な環境であったことがわかります。

後山都茂屋のヤブツバキ2009年6月撮影2
2009年6月撮影
現地には小屋があり。その外壁に、当時、このツバキが穿孔虫(ヨシブエナガキクイムシ等)の被害にあっているという事の現状と対策に関する説明が書かれた張り紙がありました。

後山都茂屋のヤブツバキ の状況説明
2009年6月撮影
ちなみに、「後山都茂屋のヤブツバキ」が元気だった頃の画像(PR用のパンフレットからの画像です。)

後山都茂屋のヤブツバキ パンフ 美都町


そして、平成23年4月。この「後山都茂屋のヤブツバキ」が枯死し根本から折れ、崩れるように倒れた状況を撮影した画像。(益田市のサイトにて公開されていました。)

益田市 後山都茂屋のヤブツバキ壊死


2009年6月はじめて見た時感じました。「後山都茂屋のヤブツバキ」は、その存在を目立たせるため(人為的に)周囲の雑木等は伐採され、まるで、「一本ツバキ」。・・・ツバキにとっては、厳しく、不自然な環境下にさらされたといえます。そして、このツバキが枯死した事を聞いた時、思いました。

天然記念物などと指定することが、場合によっては、かえって本来の寿命を削る場合があることを…。
「粛粛成理重理之後山 故巨勢列列 嘗都茂屋之藪椿  見世乍過思美須都成也」


【資料:後山都茂屋のヤブツバキについて(2009年6月に撮影)】

後山都茂屋のヤブツバキ



【資料】
島根県文化財保護審議会が平成16年11月9日に島根県教育委員会委員長に島根県指定文化財に天然記念物の新指定の答申をする際に作成された島根県文化財保護審議会委員の方(杦村氏)による文書(PDF)に、「全国ツバキの巨木一覧」という資料によると、

「全国ツバキの巨木一覧」(幹周3m 以上)

都道府県 所在地     名称           幹周  樹高   指定状況
岩手県   大船渡市   大船渡の三面椿      8.0m  10.0m 県指定
石川県   氷見市老谷  老谷の大ツバキ      3.0m  6.6m   県指定
京都府   与謝郡加悦町 滝のツバキ        3.2m  9.7m   県指定
島根県   美濃郡美都町 後山都茂屋のヤブツバキ  3.65m  7.0m   町指定


※地名、指定状況は平成16年11月9日当時のものです。

仮に幹周と高さをみて巨木度というなら間違いなく日本国内の3本の指にはいるヤブツバキといえるものでした。

※この資料は、「後山都茂屋のヤブツバキ」の存在(価値)が県の指定にして十分たるものがあることの「根拠」を示すためだったと思われます。