益田市の『染羽天石勝神社(本殿は国指定重要文化財)』には、かつては「滝」があったという話、皆さんは、ご存知ですか?

「『染羽天石勝神社』にはのう、昔は滝があったんじゃけぇ」

これは、今は亡き父と6年くらい前に、私が、初めてここ『染羽天石勝神社』に参拝した時に聞いた話です。


「そりゃ、すごいのう!…滝はどこにあったんじゃ?」

と(父に)尋ねたところ、


「そりゃ、知らんが…」と、なんとも、信憑性の無い話だと思いましたが、

ただ、もしも「滝」があったとすれば…それはそれで、凄い!と思いつつ、数年を過ごしていました。


このたびの一連の『染羽天石勝神社』見学参拝投稿特集の初日だったのですが。

家に帰って、どうしても「滝」のことが気になったので、

思い切ってw「染羽天石勝神社」にお電話して聞いてみました。

「お忙しいところ恐れ入ります。『染羽天石勝神社』について教えてほしいことがあるのですが…」


お応えいただいたのは、おそらく、『染羽天石勝神社』の宮司様だと思われます。

「ハイ、何でしょう?」


「実は、『染羽天石勝神社』には、かつて「滝」があったという話を聞いたのですが、どこらへんに(滝は)あったのですか?」

すると、


(染羽天石勝神社)本殿の右!」…と4文字。実にシンプルなご回答をいただきましたw

「ああ、そうですか!すると、まさか、あのチョロチョロと水が流れ落ちてる場所のことでしょうか?」


「そうそう」…と、また4文字のシンプルなご回答。


「分かりました!ありがとうございました!」


というわけで、数日後、ふたたび、益田市の『染羽天石勝神社』に見学参拝したわけです。


そして、益田市の『染羽天石勝神社』現地にて以前、「滝」があったという場所がコチラ!

染羽天石勝神社の幻の滝(益田市染羽町)


この日も、水量こそ少なかったのですが、プチ滝的状態でした。

滝の高さは、ざっと、2~3メートル。本格的な「滝」を想像していた人には、物足りないかと思います。ですが、水琴のような音が本殿まわりでささやくように聞こえてくる。この風情は、なかなかのものです。

お昼近かったのですが、ちょうど滝壺(?)に日光が差し込んでスポットライトのようでした(よかった♪)

益田市 染羽天石勝神社の滝壺


水がはねている様子。わかりますよネ!?

水量さえあれば、庭園などに見る、ミニ滝の部類になるでしょう。


益田市の神社境内に「滝」があるのは、(私が知る限り)『染羽天石勝神社』のみです。


次回は、
⇒益田市の『染羽天石勝神社』の(幻の)「滝」の名前と歴史について
です。