「益田市の比礼振山(権現山)から(益田市の)市街地や日本海の眺め」というのが「益田十景」の一つとなっていますが…南方面を眺めると、中国山地の風景も楽しむことができます。

比礼振山(権現山)から益田市の市街地でも有名どころを撮影し、さらに、この日はラッキーなことに山口県萩市の「見島」や(益田市沖)高島の「腰掛岩」も確認でき、そろそろ帰ろうとした際…

「そうそう、ここからみえる中国山地はどんな感じかいのう…?」と比礼振山(権現山)の南の風景を眺めてみたところ…

またまた、ラッキーなことに、中国山地の(おそらく「安蔵寺山」方面だろうと思うのですが…)前日(2015年1月31日)の降雪による純白の美しい山並みを見ることが出来ました♪

益田市の比礼振山(権現山)山頂から中国山地2

とても高そうな山にみえますが、中国山地は最高でも1000数百m程度の山地、山頂付近は樹木(ブナ等)でおおわれています。「もじゃもじゃ」っとした感じですネ↓

益田市の比礼振山(権現山)山頂から中国山地1

上の2枚の画像に、木の枝が映り込んでいますが、決して何か効果を狙ったというわけではありません。

比礼振山(権現山)から望む中国山地方面の風景は、木々の枝の隙間から、撮影することになります。ただ眺めるだけならともかく、撮影するのは結構大変です。

なんとか、三脚を設置して、とある山頂部を拡大倍率MAXで撮影してみました。

比礼振山(権現山)山頂から中国山地の風景 益田市

おお、山頂付近の樹木はスノーモンスター的に見えるではないですかw…気温はかなり低そうです。


比礼振山(権現山)は、標高359m、東京タワー(333m)より26m高い場所です。車で(山頂まで)いける場所ですので、容易に、素晴らしい風景を楽しむことができますね。


このところ、ずっと益田市の日本海関連の投稿が多かった中、久々に「山」に関する投稿ができました。