益田市の飯浦港に「松島」とよばれる小さな岩山があります。
現在、「松島」はコンクリートによる人工的な構造物で陸地と結ばれているようですが、「島」と呼ばれているので、かつては飯浦港内に独立した「岩の小島」として存在していたのかもしれません。今回は益田市の飯浦港の「松島」について昔の画像をもとにいろいろと調べてみました。

松島 益田市飯浦港内


1.なぜこの島を「松島」と呼ぶのか?


この岩山はなぜ「松島」と呼ばれるのでしょうか?

上の画像にあるように、現在この「松島」には細い松の木が数本確認できます。

※ご参照⇒益田市飯浦港の「松島」…磁石岩の今

ですが、これくらいの松の木なら、益田市の海岸の大小無名の岩々にて結構見ることができますよネ。


実は先日、益田市誌にて、この「松島」の古い画像が掲載されていることを発見し…この岩山が「松島」と呼ばれていることに納得できました。

松島 益田市飯浦港 益田市誌より

出処:益田市誌 上巻(昭和50年12月20日発行)
P93 自然篇 第二章 地理 第四節 海岸 三 鼻と湾
写87 飯浦の松島と三生島 より

「これぞ『松島』!!」と感じませんか!?

かつては、一本の大きな松の木が育っていたようです。樹形も趣がありますネ。

(余談になりますが、画像奥の「三生島」の頂にも数本の「(松の)木」があるように見えます。)

2.小野村誌での「松島」の記述をみる


先ごろ復刻された「小野村誌」 P18に「松島」に関する記述がありました。

「松島」
飯浦西ノ浜海岸ニ斗出(突出)セル小島ニシテ、巌上ニ 一老松アリ、島ノ名之ヨリ起ル、又島頂ニ磁石岩アリ、ヨク鉄ヲ吸引ス、蓋(けだ)シ磁鉄鉱ノ成分ヲフクメルタメナラン(以下略)

『小野村誌(復刻改訂版)』平成26年3月30日発行 
編者 小野の歴史を残す会  
発行所 小野地区振興センター

第二章 社寺及旧蹟勝地 第三節 旧蹟、勝地 P18より

巌上ニ 一老松アリ、島ノ名之ヨリ起ル」…やはり、この画像の松の木が「松島」の由来であったことがわかります。

3.かつての「磁石岩」の画像も発見!!


また、益田市誌には、「松島の磁石石(じしゃくいし)」として以下の画像も掲載されていました。

松島の磁石石  益田市飯浦港 益田市誌より


出処:益田市誌 上巻(昭和50年12月20日発行)

P93 自然篇 第一章 地質 第四節 天然記念物 二 『鑪崎および松島の磁石石』
写5 松島の磁石石 より

磁石「岩」という表記が益田市の他の資料で一般的だったような気がしましたが…益田市誌には磁石「石」とあります。実際、この画像を見ると、松島という「岩山」全体というより「頂の石」に磁性(磁力)が備わっていたようですネ。
画像(写真)ですので当然「磁力」を感じることはできませんが…今や貴重な画像です。
益田市飯浦港の松島の「磁石石」には現在は磁性(磁力)はないということです。ちなみに、地元の方によると…「あの石(磁石石)は、だいぶ前じゃが、松島から落ちた…ちゅうことじゃったでぇ」というお話も伺いました…