益田市「人形峠」の「駕篭立て」で奇怪?体験

益田市の人形峠「駕篭立て」。人形峠「駕篭立て」からの風景は、このサイトでも何度か投稿しています。
実は、この人形峠「駕篭立て」で私は以前、かなり不思議…というか奇怪(きっかい)な体験をしています。今回はそのことについてのお話しです。

人形峠「駕篭立て」に無人の車が…

それは、人形峠「駕篭立て」。ある夏の日の日曜日の午前中。
自宅。目覚めると窓の外は、澄んだ空気・青空の日でした。「おおっ、今日みたいな日には人形峠『駕篭立て』からは益田市沖の日本海での綺麗な風景が撮れる!!」と確信。人形峠「駕篭立て」に撮影を発起し出発しました。

20分後、人形峠「駕篭立て」に到着。見れば、珍しく、先客。自家用車2台。
「ああ、益田市の方が、「駕篭立て」からの風景を楽しんでいるのだろうなぁ…」

…私と同趣向・同類の人がいる。ふふふっ♪

「これは人形峠「駕篭立て」からの風景について薀蓄談義でも交わせそう♪」と胸をふくらませつつ、2台の車に近寄ったところ…
なんと、2台の車とも無人…周りにも人の気配は全く無し。
「なんでじゃ!?」…私はとても恐ろしい気分になりました。

だって、こんな場所で、無人の車2台…どう考えても変ではありませんか!?↓

DSCN4690

まさか!?と思い…人形峠の絶壁の下を覗いてみました。…幸い、それらしき痕跡はありませんでした。一応、安心はしましたが、この奇怪な状況。私はすぐさま撮影をとりやめ、その場を立ち去りました。

手がかりは「がまかつ」…現場は「人形鼻」!!

その後、この日の私の恐怖体験について、何人かの益田市民に伝えたところ、誰も相手にしてくれません。

ですが、つい先日、今年の9月になって、とある人から今回の真相の一部始終を知ることができました。

なんと!!「車の主(ぬし)は釣り人じゃ!!」という証言

「その車の主は釣り人じゃ、奴らは、人形鼻までおりて釣りをしとるんじゃ」
「人形鼻?…マジですか?「駕篭立て」からは、だいぶ急斜面を下らないと…?」
「人形鼻まで、おりることは…ワシら釣り好きには大した事ではないけぇのう…」


…「エッ!?『ワシら『釣り人』には(人形鼻まで下りることは)大した事ではない』って…ということは、「あんた」、あそこ(人形峠)から人形鼻まで釣りのために、こんな急斜面↓をおりたことがあるかい!?しかも釣り道具担ついで…」

DSCN4845

これぞ人形峠、無人の自家用車の真相。人形鼻…魚(うお)への「先払いの「任侠」の姿勢…といふべきか
…」わが益田の釣りキチ様には…(謹んで)参った、本当に参ったのう。

編集後記…釣り人のガッツに感動!!

私は当初はびっくりし、強い恐怖心が芽生えました。
ただ、後で思い出してみると…無人
の車の1台に「がまかつ」のステッカーが貼ってあった事を思い出し…一人「苦笑い」しましたとさ♪

最後に人形鼻の釣りポイント


人形峠「駕篭立て」から決死の思いで下りてきて…なおさら、こんな場所で釣りをする!!…これが当たり前だそうです…「がまかつ」のステッカーを車に貼ってる人たち凄い!!
DSCN4844

MAP・場所(航空画像):人形鼻