益田市の式内社「櫛代賀姫神社」4回目の投稿です。

櫛代賀姫神社の本殿(明和2年(1765)造修築)は、平成25年6月1日に国登録有形文化財(建造物)に登録されたことでも話題になりました。

本殿の外観等は、以前の投稿
>>櫛代賀姫神社 その1(益田市内の式内社を訪ねて)
の後半部分で取り上げています。

今回は、益田市の「櫛代賀姫神社」にて私が興味を持ったコト2点。
1つめは本殿の「懸魚」、もう一つは「狛犬」です。

まずは本殿の「懸魚(けぎょ)」
懸魚 櫛代賀姫神社 益田市

櫛代賀姫神社の本殿屋根の切妻部分には懸魚が3つ施されています。ちなみに破風の頂部にある懸魚は「拝懸魚(おがみけぎょ)」といいます。「拝懸魚(おがみけぎょ)」の斜め下方左右の懸魚は「降懸魚(くだりけぎょ)」といいます。

(因みに、2つの「降懸魚(くだりけぎょ)」は本殿の桁の木口を保護という役割があります。画像をよくみれば、ご理解できると思います。)

「拝懸魚(おがみけぎょ)」を拡大してみてみましょう。
猪の目懸魚 櫛代賀姫神社 益田市
ハート形にくりぬかれている部分(2か所)があります。(わかりますか?)
このような加工をされた懸魚は形状的に「猪目懸魚(いのめけぎょ)」と呼ばれます。

懸魚の目的は、風雨から守るために設置されています。そのため、風化も進みやすい物です。

益田市の「櫛代賀姫神社」は、海(日本海)のすぐ近くの小高い山(丘)の上にあるので、この懸魚には通常より風雨の負荷も厳しいことが考えられます。・・・そのためでしょうか?
※櫛代賀姫神社の懸魚には(通常ではみられない)左右に薄い板で(支持)補強が施されています。

懸魚について長くなりました。

最後にどうしても掲載したかった画像1点。

益田市の「櫛代賀姫神社」の本殿前の「狛犬」です。塀の隙間からの撮影です。
櫛代賀姫神社 本殿 懸魚 狛犬

「櫛代賀姫神社」の鳥居のそばにある狛犬には大きさを感じました。
本殿の狛犬には「守護」のパワー、凄みを強く感じることができます。