PM2.5の数値の上昇は最近再びTV等のメディアで多く取り上げられるようになってきました。
2014年2月25日にはPM2.5の最大値は益田市でも102μg/m3を記録。
3桁超えの状況では、普通の暮らしの中に、強烈な恐怖感がありました。

今日、2014年3月3日の益田市は久しぶりの快晴。
空気も澄んで、遠くの景色もスッキリと見えています。
PM2.5の値を調べてみると「7μg/m3」です。

そこで、前回PM2.5の値が90μg/m3となった時点での撮影場所に(比較画像を撮るために)再び行ってきました。
>>PM2.5益田市の観測史上最高値102μg/m3の日の風景

場所は萩石見空港に隣接した広大な公園、「風の丘広場」です。
早速ですが本日の午前11時ごろ、益田市PM2.5の値「7μg/m3の時の風景です。
5 7M

「風の丘広場」からの本来の益田市の山並みの風景が、はっきり確認でしました。
スッキリしますよね。そして、なぜか、妙に安心しました。

以下、2014年2月25日(15:00頃撮影の)PM2.5の値が「90μg/m3の時の風景です。比較してみてください。
5が90の時 益田市萩石見空港

【追記】
一応、データとしてこの日(2014年3月3日)の益田市でのPM2.5の数値推移データを記載しておきます。
青丸の部分が最初の画像…晴々とした益田市の山々の風景撮影時です。PM2.5の数値「7μg/m3」です。

5値 益田市