益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

益田市立歴史民俗資料館の古い写真を発見(益田市誌より)

益田市の国登録文化財…「益田市立歴史民俗資料館」に関して、
前回の投稿があまりにも画像だけ的な内容だったので、

投稿後、本資料館に関係する史料はないものか?

と・・・「益田市誌」をめくっていたら。

やはり、ありました!
昔の益田市立歴史民俗資料館の画像…早速ですがコチラです↓

益田市立歴史民俗資料館 昔 正面s


歴史の跡をとどめる現益田総合事務所(※現という表記は益田市誌内でのもの)
出処:益田市誌
(昭和50年12月20日発行)
下巻 P232

この画像が撮影された時点では「益田総合事務所」だったようです。撮影された年については正確にはわかりませんが、益田市誌の当該本文から判断して昭和45年~50年ごろだと考えられます。

当時は、益田総合事務所への建物入口へは(現在と異なり)まっすぐに伸びた道、その両脇は駐車場スペースとして使用されていたようですネ。

「車寄せ」考


建物中央の「車寄せ」という構造部は、車を横付けし、乗り降りする場所です。

この建物が美濃郡役所として完成したのは大正10年(1921年)。車の数も少なく、お役人の中でも重役クラスが、この「車寄せ」から乗り降りしていたのでしょう。

昭和の時代、しかも40年代から50年代になると車の数も増え、来所する者も乗用車を利用するようになりました。

昭和のこの頃になると、駐車場スペースの確保の方が優先され、ゆったりとしたスペースを必要とする「車寄せ」から(悠長に)乗り降りすることは無くなったのであろうと推測できます。

上の画像では、当時をしのばせる昭和の車(種)が停まっていますネ。

よくみると、画像手前に門柱も確認できます。

(役所らしい配置ですよネ!)


さて、お気づきかと思いますが…「車寄せ」(建物入口)の両サイドには大きな樹木があります。

(現在は建物周辺には樹木はありません。ただ、本館入り口から駐車場を挟んだところにニセアカシアの大木が眠り仏のように育っています。)

さてさて、この画像に写っている木の種類は何だったのか?・・・樹形だけでは、いまいち分かりません。イチョウ?モミ?


また、建物の向こうにも同じ種類、ほぼ同じ高さの樹木が見えます。以前は、ここらあたり、益田川沿いに高木の並木があったのかもしれません。


現在の益田市立歴史民俗資料館の「車寄せ」(建物入口部)への道はこんな感じです↓

益田市歴史民俗資料館 入口より


「車寄せ」に向け、車を横付けできますが・・・(車の)頭から入ったら最後、駐車場スペースで車を回すことは(普通車)では結構大変です。(平日は特に)

と、まぁ、いろいろ考察できるわけでw・・・皆さんもいろいろ妄想してみてくださいまし♪

益田市立歴史民俗資料館(国登録文化財)を見学

益田市本町の「益田市立歴史民俗資料館」

この建物の前を通るたびに、「いつみても貫録のある建物じゃのう…」
と感心しながら眺めてしまいます。

3月に入って、所用で近くに来た際、
綺麗な青空と適度な白い雲を背景にした歴史民俗資料館の姿。
しかも土曜日の午前中ということもあり、益田公民館等の車もない!
という、絶好の(撮影)チャンスに恵まれて撮った画像がコチラ↓
益田市立歴史民俗資料館 左前面as

「益田市立歴史民俗資料館」は、もともとは、大正10年(1921)美濃郡役所として建てられました。
(大正10年(1921)といえば、この年の11月4日原敬(はらたかし)暗殺事件がありました。)

その後、益田警察署→美鹿地方事務所→益田総合事務所という経緯を経て

昭和58年(1983)5月に益田市立歴史民俗資料館として開館し、
平成8年(1996)、国の登録文化財に認定となったそうです。
益田市立歴史民俗資料館 左前面

大正10年(1921)美濃郡役所として建てられた当初のころ、この建物の内部の構造はどうなっていたのか、どんな間取り(部屋)があったのか?いろいろ知りたいわけですが…今のところいい資料には出会っていません。

正面をみてみましょう。中央には「車寄せ」という構造がみられます。
「車寄せ」とは車(乗用車)を建物の近くまで寄せ、乗り降りするための場所のことです。
張り出した屋根のおかげで、雨の日でも濡れることなく車から乗り降りできます。
益田市立歴史民俗資料館 正面

駐車場スペースをいっぱいにつかっても、画面におさまり切りません…
(これだと、なんだか昔の学校のようですネ♪)

「鬼瓦」をアップでみると…
益田市立歴史民俗資料館 鬼瓦
一番奥の「二つ巴」が右巴に対し、
手前2つは「連珠左三つ巴」であるのが気になります…(たぶん私だけでしょうがw)

「益田市立歴史民俗資料館」側面はどうかというと…
益田市立歴史民俗資料館 側面

おおっ、まったく手を抜いていません。立派です。

最後に「益田市立歴史民俗資料館」の裏面です。
益田市歴史民俗資料館 裏面

柔剣道場のようにも見えますネ。

う~ん。神社やお寺などの古建築についていろいろ、細かいところまで見えるように(気付けるように)なった私ですが…近代建築はまだまだ未熟なため、ほぼ、画像を並べただけで終わってしましました(汗)

最後に「益田市立歴史民俗資料館」のパンフレット。
益田市立歴史民俗資料館パンフ

益田市の本町あたりに来て、一時間くらい時間ができたなら、ふらっと寄ってみてもいいのでは?
故郷、益田市について思わぬ発見があるかもしれませんぞ♪

益田市の「風の丘広場」のハクモクレン(白木蓮)の風景に学ぶ

益田市の萩石見空港に隣接する「風の丘広場」の今年3月後半の風景。

益田市も、3月になって、やっと暖かくなってきたせいか(今朝は寒かったけど)、

ここ「風の丘広場」には、平日でコンスタントに10数人の訪問者が見られるようになりました。
(ウォーキングをする方々と、子ども連れで遊戯施設で遊ぶ方々が多いようですね。)


さて、今回のテーマは、久々の「自然ジャンル」……「植物」系です。


益田市の「風の丘広場」3月の「植物」……「花」といえば、コレ!

風の丘広場の白木蓮 益田市の風景

ハクモクレン(白木蓮)ですよネ!?(撮影日時は2015年3月23日15:00頃)

風の丘広場 モクレン2アップ


(モクレンには「木蓮」と「木蘭」という表記があるようですが、ハクモクレンに関して言えば「蓮(ハス)」だよなぁ~と感じています。)

益田市の「風の丘広場」のハクモクレン(白木蓮)


「風の丘広場」のハクモクレン(白木蓮)……

「はぁ?ハクモクレン(白木蓮)?そがーに有名かいのう?」

いえ(汗)、『風の丘広場』の「ハクモクレン(白木蓮)」中低木が3~4本程、

ただ、この時期、このだだっ広い益田市の『風の丘広場』には、他に目立つ花が咲いているわけでもなく、とても存在感があるわけです。


この日の益田市は、珍しく綺麗な青空。
(益田市の大気中のPM2.5の値も概ね10前後…ただし、17時に突如「53」の異常値が出てましたが…)。


青空に「ハクモクレン(白木蓮)」の白が映えますね♪

風の丘広場のモクレン 益田市


とても綺麗です。そして、これだけの花々があると、周囲には心地よい「ハクモクレン(白木蓮)」の香りがただようわけで、とても気分が良かったです。


では!また次回をお楽しみに♪

って、

わけには(このサイトのポリシーとして)いかないので(へへッ!!)

ここまで、読んでいただいた方へのお礼として、「ハクモクレン(白木蓮)」の花言葉でも…

と思ってネットで探していたら、偶然!? ハクモクレン(白木蓮)に関して面白い事を知りました。

モクレン(木蓮)は別名「磁石の木」!?


モクレン(木蓮)が「磁石の木」ともよばれていることをご存知ですか?
(私は知りませんでしたw)

まずは、この画像を見てください。

風の丘広場 白木蓮 磁石の木


なんだか、このハクモクレン(白木蓮)の花々、同じ方向になびいている・・・反っている感じ、しませんか?

私、初めてここのハクモクレン(白木蓮)を見た時点で気づいていたのですが、この現象は、ここ「風の丘広場」で「強い南風が吹き続けたせいだろう…」と思っていました。

ところが!! ハクモクレン(白木蓮)の花言葉を探す中で、いくつものサイトで、「磁石の木」という言葉があるのです。

その理由は、

日当りのよい場所に育っている、ハクモクレン(白木蓮)の「蕾」は北側を差している(北側に反っている)からというものでした。


なぜ、モクレン(木蓮)の「蕾」は北側に反るのか!?


いろいろなサイトを参考にしながら私なりにまとめてみました。

日当りのよい場所に育っている、ハクモクレン(白木蓮)は、蕾のときに太陽の光があたる南側と、太陽の光が当たりにくい北側で、温度差があり、南側の花弁と北側の花弁との間に成長の差がでます。

その結果、蕾は北側に反る形になります(バイメタルの理屈に似ています)。

とりわけ、ハクモクレン(白木蓮)の蕾は(鋭い)先端部を持つので、北側を指し示すように見えるわけです…よって「磁石の木」とよばれる・・・ということでした。

実際の画像を見てください。画像内に3つ蕾があります。その先端です。

風の丘広場のモクレン蕾の先

※全部同じ方向を指していますよネ♪
(撮影時は「磁石の木」なんて全く知らなかったので…蕾がある箇所を探し出して、拡大した画像となりました。)

磁石の木とよばれる花(花弁)の条件を考察してみると…

(そもそも)花が大きい
・蕾の時点での花弁の構造(巻きがほとんどない。カパッと咲くタイプ)


この2つの要素が「北を指す」構造をつくりだしていると考えられます。

紫木蓮も「磁石の木」なのか?



最後になりますが、ムラサキモクレン(紫木蘭)の場合はどうなのか?ということも現地で調べてみました。

益田市の「風の丘広場」にはムラサキモクレン(紫木蘭)は2本あります。

今回これまでの画像の撮影日は2015年3月23日は、まだムラサキモクレン(紫木蘭)では小さな蕾で、蕾の先端には「反り」はありませんでした。

というわけでw

本日(3月26日)あらためて、益田市の「風の丘広場」まで、ムラサキモクレン(紫木蘭)の蕾をみに行きました。

ムラサキモクレン(紫木蘭)の蕾の様子をみてみましょう♪


風の丘広場 紫木蘭 磁石の木



おお、3日前と比べて全体的に蕾は大きく、プックリしています。そして各蕾の先端は、予想通り「北向き」に反っています。ムラサキモクレン(紫木蘭)とハクモクレン(白木蓮)は花の構造は若干、異なるそうですが、

(そもそも)花が大きい
・蕾の時点での花弁の構造(巻きがほとんどない。カパッと咲くタイプ) 
 
という面では、ほぼ同じ(構造)なので、両方、磁石の木、蕾の先端は北の方を指すことがわかりました!!

染羽天石勝神社の幻の滝…「清滝」(益田市染羽町)

益田市の『染羽天石勝神社』には、かつては「滝」があったという話のつづきです。

その場所は、国指定重要文化財でもある『染羽天石勝神社本殿』に(向かって)右、正確には右下です。


今でも、その名残はあるわけですが、(前回の投稿でもお見せしましたが)流れ落ちる水量はさほど多くはありません。

染羽天石勝神社の清滝(益田市染羽町)

今回は、ここ益田市の『染羽天石勝神社』のかつての「滝」について、久しぶりに「益田市誌」で調べてみました。

まずは、江戸中期のころの『染羽天石勝神社』境内の様子がわかる図面

滝蔵権現者境内図


滝蔵権現者境内図(江戸中期)
出処:益田市誌 (昭和50年12月20日発行)
上巻 P344

図面内に「清滝」(赤いOで囲んでおきました)という記載があります。

江戸期の後期、当社東側の岸壁へ、付近にある溜池の水を小溝によって導き、滝水として落としている。
世に清滝、又は白糸の滝と呼ぶのがこれである。

出処:益田市誌 (昭和50年12月20日発行)上巻 P345

上の図面が滝蔵権現者境内図が江戸中期ごろで、下の引用文が「江戸期の後期…」から始まっていますが、中期にすでに清滝は記載されています。

益田市誌内で、すでに矛盾があるわけですが、貴重な史料であることには間違いありません。


とにかく、私が知りたかった
『染羽天石勝神社』の幻の滝の名は「清滝」という名であったことがわかりました。


また、「付近にある溜池の水を小溝によって導き、滝水として…」という部分から、「清滝」は人工的に造られた滝であることも知ることができました。

では、なぜ、現在は水量が減ったのか?・・・
については、(詳細はわかりませんが)開発(東高の野球のグランド?)により消失したとききます。
(水源が無くなったわけです。)

であれば、「清滝」古い写真の1枚や2枚は益田市内のどこかに存在しているかもしれませんネ!?


大雨の日には、「清滝」が現れる!?



染羽天石勝神社の御神職様によれば、
「今日は(清滝は)こんな感じですが・・・大雨の日にはこの滝を流れ落ちる水量はかなり増しますよ。」

と、なんか嬉しい話がありました。

「えっ、じゃあ、今度は大雨が降っているときに是非、この「清滝」の真の姿を見たいものですね♪」


と思わず話したところ、


「ええ…ただし!水だけではなく、木の枝や、岩が落ちて来ますのでとても危険です!! 絶対に近寄らないでくださいネ!」

とのことでした。・・・「ハッ、ハイ!了解いたしました(汗)」

というわけで、

(万一)大雨の日に、染羽天石勝神社の「清滝」を見学する際には、滝には近寄らず、遠い場所からにしてくださいませ。

染羽天石勝神社の「幻の滝」を発見!?(益田市染羽町)

益田市の『染羽天石勝神社(本殿は国指定重要文化財)』には、かつては「滝」があったという話、皆さんは、ご存知ですか?

「『染羽天石勝神社』にはのう、昔は滝があったんじゃけぇ」

これは、今は亡き父と6年くらい前に、私が、初めてここ『染羽天石勝神社』に参拝した時に聞いた話です。


「そりゃ、すごいのう!…滝はどこにあったんじゃ?」

と(父に)尋ねたところ、


「そりゃ、知らんが…」と、なんとも、信憑性の無い話だと思いましたが、

ただ、もしも「滝」があったとすれば…それはそれで、凄い!と思いつつ、数年を過ごしていました。


このたびの一連の『染羽天石勝神社』見学参拝投稿特集の初日だったのですが。

家に帰って、どうしても「滝」のことが気になったので、

思い切ってw「染羽天石勝神社」にお電話して聞いてみました。

「お忙しいところ恐れ入ります。『染羽天石勝神社』について教えてほしいことがあるのですが…」


お応えいただいたのは、おそらく、『染羽天石勝神社』の宮司様だと思われます。

「ハイ、何でしょう?」


「実は、『染羽天石勝神社』には、かつて「滝」があったという話を聞いたのですが、どこらへんに(滝は)あったのですか?」

すると、


(染羽天石勝神社)本殿の右!」…と4文字。実にシンプルなご回答をいただきましたw

「ああ、そうですか!すると、まさか、あのチョロチョロと水が流れ落ちてる場所のことでしょうか?」


「そうそう」…と、また4文字のシンプルなご回答。


「分かりました!ありがとうございました!」


というわけで、数日後、ふたたび、益田市の『染羽天石勝神社』に見学参拝したわけです。


そして、益田市の『染羽天石勝神社』現地にて以前、「滝」があったという場所がコチラ!

染羽天石勝神社の幻の滝(益田市染羽町)


この日も、水量こそ少なかったのですが、プチ滝的状態でした。

滝の高さは、ざっと、2~3メートル。本格的な「滝」を想像していた人には、物足りないかと思います。ですが、水琴のような音が本殿まわりでささやくように聞こえてくる。この風情は、なかなかのものです。

お昼近かったのですが、ちょうど滝壺(?)に日光が差し込んでスポットライトのようでした(よかった♪)

益田市 染羽天石勝神社の滝壺


水がはねている様子。わかりますよネ!?

水量さえあれば、庭園などに見る、ミニ滝の部類になるでしょう。


益田市の神社境内に「滝」があるのは、(私が知る限り)『染羽天石勝神社』のみです。


次回は、
⇒益田市の『染羽天石勝神社』の(幻の)「滝」の名前と歴史について
です。

益田市の染羽天石勝神社本殿に感じたクールな「手挟」考

益田市の染羽天石勝神社本殿の「手挟(たばさみ)」について。

「手挟(たばさみ)」は見ての通りの「向拝の補強」部材ですが、あわせて「空間の装飾」という役目をしている部材です。我が日本独自の手法であると聞きます。

インターネットで「手挟(たばさみ) 画像」と検索すれば、全国各地の神社のそれは、それは見事な彫刻を施された画像を見ることができます。

染羽天石勝神社本殿の「手挟」を見てみましょう。

染羽天石勝神社本殿 手挟2


白く塗装された部分「手挟」と呼ばれる部材です。

不思議なのは、拝殿ではなく神殿の「手挟」となると、一般の参拝者は拝見できないと思います。(位置的に)でも、そんな場所でも、こだわる…そういう意味でクラフトマンシップ!を感じています。

で、(ほぼ、いないと思いますが…)インターネットで「手挟 画像」と検索し、豪奢な彫刻が施された「手挟」を見た人は、

益田市の染羽天石勝神社本殿の「手挟」はかなりシンプルなデザインに見えるかもしれません。

ですが!

私は、染羽天石勝神社本殿の「手挟」には他(の神社の「手挟」)にあまりみない、特徴的な技法を感じました!!

もう少し大きい画像で説明します。

先の画像にて2つの「手挟」がありましたが…奥の方が破損がないように思われますので、そちらで解説します。

染羽天石勝神社本殿 手挟 奥s


私が益田市の染羽天石勝神社本殿の「手挟」をクール♪と感じたのは、ここの部分。

染羽天石勝神社本殿 手挟 奥sクール


赤丸の中の部分・・・蔓(つる)のように見えるところ…白い点線をつけていますが、
「これって連続性を感じさせますよね…実際は連続性は無いのですが・・・」

こんな技法は他の神社の(豪奢な彫刻が施された)「手挟」にはみられません。

地味ですが、こんな技巧こそ、クールジャパンですよネ♪