益田市の歴史・風景体験レビュー

益田市(島根県の西部)の資史料をもとに益田市の歴史・風景の魅力と課題をフィールドワークで体験レビュー。
 

高津柿本神社の「楼門(ろうもん)」を鑑賞(益田市 高津)

益田市の高津町にある、島根県の文化財の柿本神社(かきのもと神社)


柿本神社は、万葉の歌人である柿本人麿(かきのもとひとまろ)をまつっている神社です。

柿本人麿は、天武天皇、持統天皇、文武天皇朝に宮廷歌人として仕えていたといいます。
そして、ここ益田市には神亀元年(724年)、益田市沖にあったという鴨島という島で亡くなられたという「伝説」があります。

柿本人麿は諸説があり現在でも、特定できないという謎だらけの人物。だから、生誕地とか没した場所とかについては具体的な「一次資料」…つまりは考古学での「木簡」レベルの品が出てくるまでは、決して特定できないわけです…現在の、「証拠」のレベルは、空想というか妄想によるもので、議論の価値を感じていません。

さて、今回、ご紹介するのは、高津柿本神社に実存する「楼門(ろうもん)」について語る事にしませう。

高津柿本神社 楼門 光


               撮影:2015年4月21日

柿本神社楼門(ろうもん)は本殿、拝殿に向かう石段の中ほどに建立されています。

高津柿本神社 楼門



※楼門について調べてみました。


「楼門(ろうもん)」 とは、2階建てで1重目には縁のみを持ち、最上重に屋根を持つもの。楼門は、二階造りの門のことで、二重門も本来は楼門といった。2重の屋根のあるものとそうでないものがあるため現在は、楼門と二重門に分類されている

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

柿本神社楼門


柿本神社楼門(向かって右斜め前より撮影)

柿本神社楼門 斜め右より


この楼門の傍に「柿本神社楼門由緒」という説明看板があります。

柿本神社楼門由緒


柿本神社楼門由緒より一部引用

   現在の柿本神社は、津和野藩主亀井茲政が、延宝9年(1681)、高角山に本殿、拝殿、楼門を建立したことから始まる。楼門は神聖な神社への出入口で、殊に入念に建造されている。これは偏に津和野藩主亀井茲政の崇敬が、篤かったことが伺える。

  この楼門は、初層と上層からなり、二層とも桁行3間、梁間1.5間の三間楼門で、屋根は瓦葺きの入母屋造りである。上層には四方に切り目縁の床を張った廻縁を付け。勾欄を組み、組物は出組で、蝦尾を思わせるこぶし鼻と、柱頭の装飾的な木鼻が特徴的な折衷様式の門である。


まさに匠の技による堅牢かつ豪華なつくりの楼門です。
しかも、かなりの歴史と由緒があるようです。

益田市を代表する歴史的建造物であることは間違いありませんね♪

柿本神社 鳥居と楼門


                【撮影:2009年4月】

知られざる滝…能登の大竜頭(益田市能登地区)

益田市の美都町から野々峠を通過して能登地区方面に下っていくと巨大な岩塊を流れ落ちる滝があります。


「能登の大竜頭」
とよばれているようです。

能登の大竜頭1


(当初この地は私と父だけの秘密の秘境と思っていました)


2009年04月に再度訪れたところ…

「能登の大竜頭」という立て札が設置されていました。

能登の大竜頭 立て札


大竜頭の読み方について…「大竜頭」の読み方については、公式の文書等での確認はできていません。


ネットで「大竜頭」と検索したところ…

益田市の奥匹見峡(おくひきみきょう)に、大竜頭(だいりゅうとう)

と呼ばれる滝があるということはわかりました。


能登の大竜「」と呼んでいるのは、この滝の流れよりも、むしろ、この巨大な岩に因んでいるように思えます。
(上からしか見ることができないのですが落差は10~15メートルはあるようです。)


巨大な岩の塊に沿って流れ落ちる滝…その岩肌は本当に滑らかです。


数百年、いえ、もしかしたら数千年の能登川の流れが、この「能登の大竜頭」の巨大な岩塊の表面を磨いてきたのでしょう。

能登の大竜頭2


いつかまた、ここ「能登の大竜頭」を訪れる事があれば、是非とも滝の下方から写してみようかと。


ところで、「能登」川、下流のにある「能登(地区)」という地名…なぜここ島根県の益田市で「能登」なのか…
不思議ですよね!?


【画像は2009年04月に撮影】

MAP:能登の大竜頭


国の登録文化財 益田市の「歴史民俗資料館」の歴史(益田市本町)

益田市本町にある「益田市立歴史民俗資料館(益田市本町6番8号)」

益田市歴史民俗資料館


…石見地方独特の赤瓦が素敵です!重厚で威厳を感じる造りです。


もともとは、何の建物だっのでしょうか?


当館のパンフレットによると

大正10年(1921)美濃郡役所として建てられ、
 ↓
益田警察署
 ↓
益田総合事務所
 ↓
昭和58年(1983)5月に益田市立歴史民俗資料館として開館

※平成8年、国の登録文化財に認定。


なんと、益田市歴史民俗資料館は建物そのものが国の登録文化財に認定されているそうです!


案内看板です。

益田市歴史民俗資料館 案内看板


(何が書いてあるか分かりませんネ…スイマセン)

益田市立歴史民俗資料館は

「美濃郡役所→益田警察署→益田総合事務所…」

という歴史的経緯があるのですね。


どうりでビシッとした感じがするわけです。

益田市歴史民俗資料館2


最後に横から(益田川の対岸、萬福寺付近から撮影)…ズシリ!としたものを感じます。

益田市歴史民俗資料館 側面


【画像撮影は2009年2月】

MAP:益田市立歴史民俗資料館(益田市本町6番8号)

古矢遺跡 岩肌に刻まれた深いメッセージ(益田市 豊川地区)

益田市の益田地区広域クリーンセンターから、益田市の豊川方面に向かう坂を下る途中、進行方向左側に「小さな史跡案内板」があります。


その案内板には「古矢遺跡 この先500m→」と

「おっ!こんなところに遺跡が!?…古矢遺跡ってなんだ!?」


昼間でも薄暗い林の中を「古矢遺跡」案内板にしたがってひとり進むこと
約15分弱…(正直言って…周りの雰囲気とハミ(蝮)がいるのでは?怖かった)


これが古矢遺跡の全体像です。

古矢遺跡 益田市 豊川地区


(あとの資料にもありますが)この岩肌、畳3枚分の面積はありました。

画像では(残念ながら)ただの岩肌しか見えませんが、

古矢遺跡現地では、筆跡は極めて豊かで美しい文字のメッセージが彫りこまれていました。


先の世に
夢の深山乃岩の影
われたる後に逢ふ事もあれ


そばに設置されていた遺跡案内板

古矢遺跡 説明看板


(この案内板に書かれていたこと)


古矢遺跡

この遺跡の由来について、古くから地元の古老たちは、
その昔この地に移り住んだ平家の落武者があり、
今の一の谷から六の谷でしばらく生活していたが、
この地を去るにあたり、
大きい岩の平らな三畳分ぐらいの平らな岩肌に
矢をもって歌を彫刻したという。

先の世に
夢の深山乃岩の影
われたる後に逢ふ事もあれ

故に昔からこの地を古矢遺跡という。

彫り方は、点と線で幼稚であるが、筆跡は極めて豊かである。


この西谷川に沿って中世から西谷街道があり、
桜谷から益田に近く、多田、左ケ山、横田など長野荘へ通ずる主要道路であった。


近くに「鑢床」という野鑢跡が土地台帳に二か所ある。
戦いにあけくれた益田氏を支えた職人集団(鑢師、鍛冶師)が多く住んでいたといわれる。


この下流域の西谷口に益田氏が百七十五年にわたって在住した益田家居館あとがある。


平成四年十一月吉日
ふる里おこし推進協議会


先の世に
夢の深山乃岩の影
われたる後に逢ふ事もあれ

深山
は「みやま」とよむと語呂がいいですね。「みやま」の解釈、「われたる」の解釈を展開すれば…何か凄い言葉のカラクリがあるようです。

益田の先人のメッセージですが…現代の市民の方々、御解釈チャンレンジしてみてくださいまし。

【画像撮影日:2009年9月】

四つ山(よつやま)展望(益田市 仙道)

四つ山(よつやま)は益田市の仙道にあります。
山の大きさとしては標高200m程度ということでさほどの高さではありません。

四つ山 益田市 仙道


その名「四つ山(よつやま)」のとおり、仲良く四つ同じような高さの山が並んで見えます。

上の画像は県道309号沿いで見つけた「四つ山展望所」から撮ったものです。

四つ山展望所


車で「四つ山」を鑑賞するならこの「四つ山展望所」が一番かと(駐車スペースも確保できますし)
※案内看板を見てみましょう。

四つ山展望所 看板


白い南天の伝説」…面白そうですね。


「島根県の公式サイト」でも益田市の「四つ山」情報探してみたところ。


「みんなで作る身近な自然観察路」の中に「四つ山探勝路」というコンテンツがありました。


この山は、鎌倉時代中期に益田氏によって築かれた山城といわれ、東の尾根筋に接した一の岳を主郭として、西に二の岳、三の岳、四の岳にそれぞれ砦が築かれた郭跡が見られる。どの山も岩山で急峻な地形と崩れやすい地質のため、当時の戦いにおいては攻めにくい要害強固な山城であったと想像される。この城の城主には、益田兼弘、三隅氏の臣である須懸氏が伝えられる。

※島根県庁公式サイトの「みんなで作る身近な自然観察路」内「四つ山探勝路」より引用)

四つ山の頂上に一つづつ砦(とりで)があったのか
夜にこの4つの頂から「かがり火」が煌々と…想像するだけで堅牢な要塞的なムード

最後に、場所を変えて別角度から一枚(地元の農道より)

四つ山 農道より


四つの山が、本当にきちんと仲良く横一線に並んでいるのがよくわかりますね。


【画像撮影は2008年12月】

MAP・場所:四つ山(益田市仙道)


唐音の蛇岩に感じる神秘(益田市鎌手地区)

益田市鎌手地区の「水仙の里」遊歩道に沿って歩いて行くと
海に突き出た岩場に辿りつきます。

益田市 鎌手地区 水仙の里1


そこには国指定天然記念物唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」とよばれる安山岩岩脈があります。


幅70センチ~1メートルの幅でこのような周りと違った岩の層(安山岩岩脈)がは、北60度東の方向に帯状にはしっているのです。

益田市 唐音の蛇岩 地上部



天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」について益田市教育委員会による案内看板がありました。

益田市教育委員会 唐音の蛇岩1


(益田市誌 上巻によると)この安山岩岩脈の長さは250メートル以上と推定されているそうです。

確かに、この帯状の岩脈たどっていくと、海の中にまで伸びているのがわかります。

益田市 唐音の蛇岩と海


益田市の天然記念物「唐音の蛇岩(からおとのじゃがん)」
が地質学上にも珍しい事は理解できました。


ですが、ここの地名にある「唐音(からおと)」という言葉の意味にも興味を持っています。
(読みも普通、唐音なら「トウオン」ですよね?)


実は、岡山県の鏡野町羽出に「唐音(からおと)」という言葉を含む地名がありました。


「唐音(からおと)の滝」


この滝の淵には大蛇が棲み夜ごと村の娘を襲っていたが、親たちの願いに応えて天狗が現れ、娘に変身して滝壷に入り現れた大蛇を一撃で倒したという伝説がある。


「美作県民局 滝の名所-1」より引用

ここにも「唐音(からおと)」の言葉の由来はありませんでした。
ですが、大蛇…「」キーワドが一致し、何か特別な関係・意味があるのでは?…って興味津々です。

【本投稿の画像は2009年2月に撮影したものです】